« 2004年12月 | メイン | 2005年02月 »

content_top.gif
2005年01月31日(月曜日)

捨てるベカラズな無駄

050131hiroe2.jpg数ヶ月ぶりに会う友人が、次の休日のお昼どき、うちにやってくるかもってことになっていました。

彼女は、私が2年弱前に引っ越して以後、ずっと新居には遊びに来そびれていて、ずーっと「ひろえちゃんち見たい見たい!」と云っていました。休日前夜、「それじゃ話してたとおり、明日は○○駅(我が家最寄駅)に行くね♪」という旨のかなり楽しみそうなメールが届き。わたくし、疲労も夜も深まった帰宅途中の電車内にて拝受。

「場合によってはどっかで待ち合わせての外ランチにしてもらうかも~」と云っておいたはずだが…。これは、カンペキに、忘れてる…。

もうすっかり来る気だ~どうしよう~!!8割方「明日は家には呼ばぬ」で心が決まっていた私は、しばし返信に迷いました。そう、多忙時の常で、年末年始に片付いたはずの私の部屋はまた荒れまくっており、相方も多忙だったので、リビングも同様。“帰ってから明日昼までに大掃除はキツいなあ…。”“時間が空けばやっちゃいたい仕事もあるしなあ…。”

がたんごとん…。がたんごとん…。

ぼんやり…。
暗闇を貫ける電車の窓から外を眺めていたら、街が与える灯りを映して光る、大きな川が現れました。広い水面がてらてら、揺れていました。なかなか、大きな風景なのでした。
「会いたい人も招き入れられない生活になんか、するつもりなかったな…」
頭が、みるみるすう~っとしてきて。
打った返信文面は、
「うお~!掃除せねば!でも楽しみにしているよ~!!○時に駅に迎えに行く!」

彼女が来てくれなかったら荒れっぱなしだったはずの空間は、ゆるりとお茶できるくらいに回復。おこたで、彼女のお土産お菓子と共にお茶をくぴくぴ飲みながら、たわいもない話を長々としました。
昼を過ぎたやわらかい日ざしが気持ちよく入ってきて、ああ、私が本当にいとおしいと思うのは、“無駄なもの”ばかりだなあ、と思いました。
この日ざし、このお菓子、このお茶のおいしさを味わうこと、寝る間を惜しんでもやってしまう制作、大事な人を大事にするためだけの時間。シリアスな効率や実益・実用性とはどうも相性が悪そうな、だけど心の芯を温め、守るものたち。

お茶の時間って、そんな「捨てるベカラズな無駄」の代賦iです。

content_btm.gif content_top.gif
2005年01月28日(金曜日)

良い茶壷の澄んだ音に

050128staff.jpg「良い素材は良い音がするものです。」
食器の素材についてそれほど深く考えたこともなかった私がチンシャンのスタッフになった時にハッと気付かされた一言です。先週の流れで、初心に戻って見つめなおした一週間。

そういえば、良い茶壷の見分け方の一つとして茶壷の音を聞く…という方法がありました。仕事柄、色々な茶壷を見る機会を得てきた現状に至っては少しは「澄んだ音の良さ」がわかりつつあります。

初心者の頃はキンキンと甲高い音もキレイに思っていました。でも、実際に中国・宜興で「土」工場を視察した際には紫砂泥以外の硬い素材が混ざった粗悪なものもあることを教えてもらい、知れば知るほどキンキン音はあまり美しく聞こえなくなってしまいました。(そのような素材の中にはレンガや植木鉢に使われる物もあるのだそうです)

チンシャンで扱っている陶器の茶壷は全て純度の高い紫砂泥と水だけを使用して手作りで生産しているので、折に触れ「ホンモノの音」を聞きながら過ごしている私。かれこれ3年聞き続けていますが、なるほど飽きません。飽きるどころか、ちょっと息抜きにお茶を淹れる時などは「あぁ~澄んだキレイな音だなぁ~」とホッとします。

中国茶を淹れるときに、高い位置からお湯をコポコポと音を立てて注ぐ「茶芸」をご覧になったことがある方もいらっしゃるかと思います。そういう「注ぐ音」もまた、良い素材の茶器なら一層良い響きとなっているのです。これは、コンクリート造りの川原と自然のままの川原での癒し効果の違いについて研究された結果に似て、やはり、ホンモノの自然の素材を使った音ならではの「癒し」効果があるとも考えられます。

何より茶器が触れ合う音を聞いていると、幼い頃の「おやつの時間」が懐古され、母が作ったプリンと温かいお茶を思い出して、心が休まるのかもしれません。


【みんなの推薦状】参加型コンテンツ登場!
チンシャン・オンラインショップでは、新しく参加型コンテンツとしまして「みんなの推薦状」が登場。毎週1つの商品をズームアップして掲載。色々な角度からの写真や商品開発担当者のコメントなどを交えながらその魅力に迫ります。その商品に対する皆さんのご感想やご意見を受け付けるアンケートも設置していますので、どうぞ積極的にご参加下さい♪(せこ)

content_btm.gif content_top.gif
2005年01月27日(木曜日)

男も女もお茶を飲む

040126yasumi.jpg鎌倉での講演を無事終えました。料理屋を借りきって行なわれた小ぢんまりとしたものでしたけど、少人数なぶんみなさん食い入るように聞いてくれてありがたいやら緊張するやら。

それにしても、「宮澤さん、女性だと思っていた人」という声に何人もの人が手を挙げました。やはり世間はそう思ってらっしゃるのですね。

たしかに、自分自身「男臭い」キャラでは全然ないので、こういう女性向けのブログに登場させてもらうのも非常に光栄なことなのです。実際、どっちかというと女性とのほうが話が合うし、車の話よりもおいしいケーキの話の方がいいんですよね。だからって、ゲイとかそういう話じゃないんですよ(笑)。

男の人だってさ、ホントはかわいいスイーツとか大好きなんだから。おしゃれなカフェでぺリエにミントを浮かべたいんだから。ホテルでエステ付きのステイとかしたいんだから(イヤ、そこまでは・・・)。

そういうのをしたい男性が我慢しないですむ世の中になればいいなあと思います。

さて、講演に出かける前に飲んだのは、チンシャンでゲットした陳年烏龍茶。緊張をほぐしてくれました。
一通り、飲んで、話して、食べて、また話して。冷たい雨の中を帰ってきた夜。私はまた陳年烏龍茶をいれました。

ほのかに漂うのは、ミルクのような、ヴァニラのような甘い香り。ねっとりと熟れたマンゴーのような香りさえします。ひと口すすれば軽やかな飲み口。やがて、ゆっくりと伝わってくる深い味わい。高まっていたテンションがほぐれていく。静かに、じんわり、身体全体が温まっていく。

ワクワクした日も、がっかりした日も、楽しかった日も、あせった日も、温かいお茶があればちゃんと明日が迎えられる。

いろんな人がお茶で助けられてるんでしょうね。きっと。

P.S.
現在は宮澤やすみのブログでも、中国茶のことなどあれこれ書いてます。のぞいてみてくださいね。

content_btm.gif content_top.gif
2005年01月26日(水曜日)

夜のミッキー・マウス

2003年に出版された谷川俊太郎の詩集『夜のミッキー・マウス』。表題作はこんなふうに始まります。

夜のミッキー・マウスは
昼間より難解だ
ユーモラスな中に薄気味悪さが漂っている詩。見慣れた明るいモノたちの隠された夜の表情を盗み見てしまった、そんな気分になっているとき、愛読しているサイトからメールマガジンが届きました。そのなかに、読者からのこんなメールが紹介されていました。
35年間生きてきて、しみじみわかったことは
食パンは夜食べるのがいちばんおいしいということです。
050126kawag.jpg
…そ、そうですか? よくわからないままに、この言葉に奇妙な説得力を感じてしまいました。この人はどんな情況で夜に食パンを食べたのでしょうか? 場所はおそらく自宅ですよね。一人で? 家族と? 恋人と? 夕食に? 真夜中に? 10通りもの想像がひろがりました。

もっともしっくりなじむシチュエーションは、眠れない夜に一人、トーストした食パンにバターだけ塗ってキッチンのすみのテーブルで食べている光景。しんみりとおいしいのではないかしら。

ものずきにも、試してみました。夫が眠った真夜中にごそごそと起きだし、焼き網を直火にかけて厚切りの食パンをのせました。トーストはこうして焼くのがいちばんおいしく作れるのです。表面はこんがり、中はふっくらしっとり、手でちぎると白い肌からいい匂いの湯気があがって。

深夜、キッチンに立って見つめる食パンは、なにか見たこともない不可解な物体に変貌していました。それは焼き網の上にひっそりと白い疑問符のように横たわり、やわらかな肌に夜の気配を吸い込んでいます。


夜の食パンは
昼間より難解だ
そんなふうに谷川俊太郎のアレンジが浮かんだついでに、ふと彼の若い頃の有名な詩集を思い出しました。『夜中に台所で僕は君に話しかけたかった』。しんとした夜のキッチンには不思議な気配がひそんでいて、食パンにも力を及ぼしているのです。

content_btm.gif content_top.gif
2005年01月25日(火曜日)

お茶をいただくということ。

日記最終回写真那須に出かけてきました。
目的地はCAFE SHOZO(水曜担当の川口さんがご自身のサイトで紹介されています)。
「この店に来るために東京から足を運ぶ人がいる」
そう教えてくれたのは、最初に連れてきてくれた友人でした。
あれから数年。
心のどこかでまた行きたいなぁと思いつつも機会に恵まれず、「東京からただそれだけのために」にやっと仲間入り。
会社の同僚とともに車を走らせること約3時間、居心地のよさは変わらずでした。
上にやかんやら洗面器やらを載せたストーブが何台も焚かれた店内には若い人も年配の人もいて、それぞれにおしゃべりを楽しんでいました。

翌朝その場で挽いてもらったコーヒーをペーパードリップでいただきました。
すると。
お・お・おー!?と思わずひとり言。
初めて豆が膨らんだのです。
いつも中川ちえさんの「おいしいコーヒーをいれるために」を参考にしているのですが、守れていなかったのが「新鮮な豆をそのつど挽く」ということ。
何となくわかってたけどそこがいけなかったんだ。ミル、やっぱ欲しいと改めて思った瞬間でした。

お茶がおいしく淹れられるとそれだけで幸せな気持ちになります。
そしてまたお茶をいただくという行為は気持ちを落ち着かせてくれます。

今のインテリアショップでの仕事も、前職のタウン紙を作る仕事も共通していえるのは「なくても生きられるけど、ないと淋しいものである」ということ。
私にとってのお茶もそう。
その時間はなくてはならない大切な時間なのです。
以前月曜担当のカワスギさんがおっしゃっていたように、これからも難しいことはぬきにして楽しんでいくのだと思います。
コーヒーも日本茶もそして中国茶も。

content_btm.gif content_top.gif
2005年01月24日(月曜日)

とまらぬお茶請けの話

050124hiroe.jpg私の相方の母上「まさこさん」は、仕事でちょくちょくアメリカに行っています。そのたびに、我が家に何かしらのお土産を送ってくれます。

私は母上とのおしゃべりでもよく「チョコレートが大好きだ大好きだ」ということを発言していたため、いつからかお土産便には必ず、母上が好きだという、ドライレーズンをチョコレートコーティングしたお菓子を添えていただけるようになりました。

さすがはmade in アメリカな商品、そのチョコレーズン、パッケージのヴォリュームが結高りまして、袋にギッシリめいっぱい、パンッパンに入っています。いつも「やばいなーほんっとこれカロリーやばいなー」と思いながらも、食べ始めると止まらず。己に恐れを抱きながら、届いて数日のうちに消費しきる私…ドライフルーツもとても好きなんですよ…いやはやなんとも危険なお菓子です。

さてさて、先日はハワイに行っていた母上から届いたのは、
いつものそれとは違うチョコレート菓子でした。

「ポテトチップクランチチョコレート」

…。

商品名を見てしばし考え込む私。
「あ、ニーマン・マーカスのだね?きっとおいしいよー。あっちの有名なデパートだよー」と、
数年のアメリカ生活にて私よりアメリカ的発想菓子に免疫のある相方。

そうか、おいしいのか。そうか、ポテチか。
確かにチョコレートの中に何か、歯ごたえを与えそうなものが混じっているね…。
とりあえずもぐもぐ…。

んー!!間違いなくこれは、ポテトチップのカケラ達!主体であるミルクチョコレート自体もおいしいのですが、その中に混ぜ込まれたポテチクランチがわずかわずかに感じさせる塩気が、あとを引かせる魅力となっています。

「やばいなーほんっとこれカロリーやばいなー」といつものように思いながらも、with中国茶だと、お茶をこくりと飲むたびに口が大変さっぱりし、飲む毎にまた新たな気分でこのチョコレートを眺めてしまいます。またひとかけら、またひとかけらと割ってはつまんでしまうのでした。私って、なんでこんなに弱いんでしょうか。

さて、ポテトチップ&チョコレートのお菓子といえば、かねてコレに“怖いものみたさ”的な理由で興味を持っていたのですが、今回の母上からのプレゼントで、“きっとおいしいのだろうな、だから試してみたい”という思いに変わりました。
みなさんも、ご興味ありましたらぜひ!

content_btm.gif content_top.gif
2005年01月21日(金曜日)

"あの時"の木柵鉄観音

050121staff.jpg「新しいお店が出来たから」と手土産に木柵鉄観音をいただきました。ワクワクしながら早速テイスティング。確か検茶セットがどこかにあったはずなのですが、年末の大掃除でどこか奥へ片付けてしまったような気も…。
それを探すよりも、とにかく早く飲んでみたくて、養壷中の茶壷で「どれどれ」と淹れてみました。

1煎目は軽く洗茶し、2煎目から頂くことに。ほの甘い香りがたちこめ、何やら思い出させます。熱いので慎重に、でも半ば焦りながら口に含めると優しい焙煎の風味が広がりました。「ん?これは、美味しいかもしれない?」

二口目はズズズッと音をたてて舌の上を転がします。養壷している茶壷のせいか、心なしかお湯の具合も柔らかくなっているようにも感じられ、ノドの奥で「残り香」が響くのを覚えました。3煎目は更に味が前に出てくるものの、嫌味がなく、香りと融合してフワフワと幸せな感情をくすぐりました。

「せっかくなので実験してみよう」と邪心があらわれ、意地悪にも5分以上蒸らし続け、味がどこまで落ちるか見てみることに。しばし我慢の時が過ぎ、またズズズッとすすってみると、想像ほどではなかったものの苦味が少し残りました。

そこで「この味に覚えあり!」と思い出したのが、私が中国茶をはじめたばかりの頃のこと。
店頭で販売しながらお茶の名前を覚え始めていた頃です。「今年は台湾が台風やら何やらで天候が良くなかったから、味が落ちたかもしれないね~」とベテランの先輩がつぶやきました。そのお茶こそ、木柵鉄観音。前年の茶葉より苦味が出やすくて、新人の私にはどうしても美味しく淹れられない手ごわい相手でした。

そんな苦戦をした時の苦味と似ています。焙煎の方法こそチンシャンのお茶とは多少違うように感じるものの、葉の大きさから見ても、おそらくこの茶葉はその年のものだと思います。

初心に戻ったひと時でした。


# 【ほのぼの系動物マグ】期間限定・販売中!
チンシャン・オンラインショップでは、只今ほのぼの系動物をデザインした「スロー・マグ」を期間限定で発売中です!アント、トータス、シープ、ペンギン。いずれも「スロー」のテーマにあわせて選ばれた可愛い動物たち。お茶の時間もユックリ出来るよう、たっぷりサイズになっています。スタッフからの個性的な「お薦めコメント」も面白い!と好評中♪是非、チェックしてみて下さいね。

(せこ)

content_btm.gif content_top.gif
2005年01月20日(木曜日)

アサリへのオマージュ

040119yasumi最近うちの相方がいよいよ中国茶にはまり、チンシャンでガラスのマグを買おうとしたら入荷待ち。やはり人気なんですね~。入荷次第ゲットしたいと思います。

さて、仕事であさりのコラムを書くことになり、サンプルをもらいました。
東京湾で採れた、チャキチャキ江戸前のあさりです。

これでスパゲティ・ボンゴレを作ってみました。あさりの味をそのまま味わいたかったので、シンプルにボンゴレ・ビアンコでいきましょう。

それにしても、砂浜を熊手でザザッとかくだけで獲れるなんて、アサリはまるで人間に食べられるために生まれてきたような存在。よしよし、かわいいやつ。すぐに全部食べてあげるからね。

アサツキとにんにくを入れて、水、白ワインを煮立たせあさりを放り込み短時間で煮る。きっと苦しまずに成仏したことでしょう。貝の口が開いたらすぐひきあげるのがポイント。火を通しすぎると硬くなっちゃいますから。

んで、バターと煮汁とパスタをからめて、塩をふる。ちなみに塩はモンゴル岩塩。パッケージの商品名は、ぼくが筆で書いたものです。そういう仕事も時々やっています。ま、ともかくシンプルな料理こそいい素材を使いたいわけです。でも台所の奥から引っ張り出すのが大変でした。だって普段は使わないからさ。さあ食べよう!

ひと口めから、ザバーン! うまみの波が押し寄せる。浜の潮風が吹く。これはたまらないです。パスタの味とあさりの味とバターとが、主張しながらうまーく調和している。すごいぞ、あさり!

パパッとシンプルに作ったのに、あさりは充分にうまみを出してくれました。つくづく、人類に尽くしてくれるあさりちゃんであります。ありがとうあさりちゃん。人類はあさりに嫌われないようにしないといけませんね。

でも、もしあさりが人類に敵対するようになったら大変です。砂浜から突如現れた、キラー・アサリ。殺人貝殻で海水浴客を襲う、なんてことになったら面白い映画が取れそうですね。

前回ご案内したイベント、今週まで受付中とのことです。詳しくはこちら。鎌倉でお会いしましょう。

content_btm.gif content_top.gif
2005年01月19日(水曜日)

手相カフェでお茶を一杯

あの占い師は当たる、当たるだけじゃなくて元気になれると友人たちが口をそろえて賞賛するので、笹塚のカフェに予約をして出かけてみました。週に2回、手相カウンセラーの女性を招いて「手相カフェ」が行われているのです。

占いは愉快なお遊び。参考にはするけれど、決めるのは自分。私はそんなふうに占いとのおつきあい方法を決めています。どんなばかな選択もできるのが人間の特権だと思うので、最終的にどうするかを選ぶのは自分でありたいのです。

まあ、すべてを自分でコントロールしたいという人には占いは必要ないのでしょうが、未来は思いもよらないハプニングに満ちているもの。自分の頭で考えられる範囲外のことについて、星の動きや手のひらを読んでアドバイスをもらうと、生活がカラフルで楽しくなりますよね。

050119kawag.jpg
笹塚のカフェはこじんまりと落ち着いた空間でした。壁にはポットとカップを刺繍したティーナフキンが額装して飾られています。「お値段に関係なく、お好きなものをご注文ください」と渡されたお茶のメニューには、中国茶、台湾茶、韓国茶がずらり。その中から、台湾の無農薬凍頂烏龍茶「翠玉」をいただくことにしました。

手相カウンセラーWさんは、噂にたがわず的確な言葉を次々に発していきます。わかるようなわからないような抽象的な答えではなく、はっきりと具体的であたたかいアドバイスをしてくれるので、痛快ですらあります。初対面なのになぜそんなことまで見抜いてしまうの?と驚いたのですが、手相だけではなく、生来の霊感を駆使して私の情報を読み取っているようでした。

私は目下とりたてて大きな問題は抱えていないので、旅行先としてアラスカとアイルランドのどちらがいいか尋ねたりして素敵な答えをもらったのですが、次の相談者はちょっと真剣な恋愛相談で(ごめんなさい、聞くつもりはなかったのだけれど聞こえてしまったのです)、こちらまで思わずうなってしまうような見事なアドバイスを受け取っていました。あの人は本当に目の前の霧が晴れて勇気が出ただろうな。

ちなみに、私の背後にくっついている、目に見えない「ガイド」と呼ばれる存在は、旅館か料亭のにこにこした女将さんだそうです。それを聞いて大笑いしてしまいました。どうりで私が食いしん坊の旅行好きになっちゃうはずですよね?!

content_btm.gif content_top.gif
2005年01月18日(火曜日)

イタリアおでん

イタリアおでん花生師の岡本典子さん(テンちゃん)とともにカラオケ部を結成、今週の休みも部活に行ってきました。部の活動内容はカラオケボックスでストイックに歌い続けるそれのみ。この日も途切れることなく3時間、それでも時間が足りない私たちでした。
テンちゃんは私の勤めるショップでフラワーレッスンを開催してます。作りこまずナチュラルな雰囲気の花にはファンが多く、私もその一人。式の花も彼女にお願いし、好きな花の「千日紅」をメインに作ってもらいました(千日紅好きとしてはぜひこのお茶は飲んでみたい!と思ってます)。レッスンは定期的に開かれてるので興味のある方はHPをチェックしてみてください(以上告知でした)。

それにしても年が明けて、やっと寒くなってきましたね。
洗濯物を干している時、そして仕事からの帰り道、冬の寒さってそういえばこんな感じだったーと思い出し身を縮こませております。
そんな寒い日におすすめなのが、イタリアのおでんともいわれるBollito(ボリート)。これは北イタリアの料理で、この本には「冬の寒い日に、大人数が集まったときに食べるハレの料理で、それぞれが好みの肉を取り分けて食べる」とあります。本国ボローニャでいただいたのはやはり肉々しいワイルドな一皿でしたが、我が家ではアレンジし野菜を多くいれます(=写真 作・相方)。
作り方は簡単。肉と野菜を塩ゆでするだけー。まあざっくりと言ってみりゃ本当にそれだけなのですが、これがおいしいのです。
不思議なもので、玉ねぎやニンジン、ジャガイモがゴロンと入っていても、食べられてしまうんですね。
他にキャベツやセロリ、ブロッコリーなどもおすすめです。
メ[スは土地土地によって色々あるようですが、普通にマスタードだけでもいけます。
実は我が家は好きすぎて真夏にも登場する一品なのですが、やはりこの季節が一番おいしいと思われます。どうぞお試しあれ。

content_btm.gif
 1 2