« 秘密のお茶レシピ♪ | メイン | イタリアおでん »

content_top.gif
2005年01月17日(月曜日)

鉄観音茶を飲みながら回顧。

鉄観音先日、友人から携帯にメールが。「電話がなかなか繋がらないみたいなので申し訳ないんですがメールにて。結婚式のスピーチをお願いしても良いですか?友人代浮ヘヒロエちゃんが真っ先に浮かんだのです…。良い返事をお待ちしてます。」

おお、そんなふうに言ってくれるなんて、なんだかホロリ。ここ数日、彼女からの電話をタイミング悪くとれず、メールで一旦謝って、またとれず…の繰り返しだったのですが、そういう話だったのね。外だったのでとりいそぎ、「光栄だよ~!夜電話する!」の旨、即返信。

彼女は大学で出会ったひと。その日の帰りの電車で早速、スピーチ内容の思案をはじめたら…、教室で隣に座っておしゃべりしていた時の彼女の笑顔や、学校から遠くもないのになかなか歩く機会のない下町を“探検”しに行って、夕焼けに照らされた商店街を一緒に眺めた放課後のことなど、…一番私たちが時間を共有した頃の、たわいなくも懐かしくて愛おしい光景が、次から次へと思い出されるのでした。

“ありあまる時間を、利害もないのに「一緒に」過ごすことを選んでいた”という人間関係は、実は相当きびしい選別眼をくぐり抜けたものですよね。今はお互いに違う日々のリズムの中で、それぞれに忙しく、電話もなかなか繋がらなかったりするけれど、繋がったが最後、恒例の心地よい長電話になるのです。互いの素のリズムを認め合っている安心感のなか。

ダンナさまは同じ楽団の方とのことで、彼女がヴィオラを始めたときのことを感慨深く想起します。皆がすっかりマッタリしだす大学2年。彼女は「弦楽器をやってみたいから」と管弦楽のサークルに入り、こつこつ練習、学外では個人の先生も探し、ゼロから少しづつ、その楽器を手元に引き寄せていました。そのヴィオラの先に、パートナーへ至る道もくっついていたとは!大学卒業後も楽器を続けるため、彼女は地域のオーケストラに参加。そこに彼はいたのです。

自分はいま何をしたいか、何を望むかについて正直に考え・判断し、一人でも動ける人。そういう人間には、やっぱり与えられるものがあるのです。と、彼女のハッピーを見てあらためて思う次第。これからもその調子でいろいろ引き寄せろって、お式でも申し上げましょう。


「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 人気Blogランキングに参加しています。クリックで応援してね。 「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 

content_btm.gif content_top.gif

カーラ| チンシャン| アイネスト
人気Blogランキング ←クリックして応援してね
content_btm.gif