« 2005年01月 | メイン | 2005年03月 »

content_top.gif
2005年02月28日(月曜日)

最高のお茶ギフト

茶杯と聞香杯最高のお茶ギフト
 
 先日、初めてチンシャンさんのショールームにお邪魔した。こちらの商品を使って、何かギフトの提案ができないものか、と訪れたのである。グラスや茶器が品良く並んだショーケースが大変綺麗で、モノ好きな私はそちらに目を奪われ、挨拶もままならず見入っていると、背後から「粗茶ですが…」という声が聞こえた。振り向くと、机の上に、これまた品よく置かれた、2つの杯。(陶然皆様、ご存知でしょうが…)背の高い方が、聞香杯。低くて丸みがある方が茶杯。打ち合わせでやってきただけなのに、この2つの杯を前に、聞香杯のように背筋がピンと伸びる思いがした。
 打ち合わせの途中で、席を立ち戻ってくると、また新しいお茶が置かれていた。「こちらのお茶もおいしいんですよ。」と薦められたそれは、少しぬるめのやわらかい味がした。「これは、茉莉白龍殊と言って、ジャスミン茶の一種なんです。少し冷ましたお湯で入れると、お茶の苦味が出ないで、まろやかになるんです。」と、うれしそうなスタッフのお話に、とても気持ち良く感じた。

ガラス茶器で入れるジャスミン茶 そんなおもてなしを受け、ある料理家からうかがった話しを思い出した。彼女の旦那さんのご実家に、お盆に里帰りをすると、嫁の仕事として必ず言い渡されるのが、ご先祖様へお茶を出すことだそうだ。ご先祖様と、そのお付きの2人、それと邪鬼を5匹も連れてくるそうで、合わせて8杯分用意し、しかも、冷ましてはいけないので、絶えず入れ替えなくてはいけないという。この話しを聞いた時は、「面倒くさいなあ?」と思ったが、チンシャンさんでの体験を通し、これこそ、「おもてなしの心得」なのだ、と気付かされた。気持ちの良いおもてなしを受ければ、5匹の邪鬼も悪さはしないだろう。

 例えば、お家に人を招くとき、どこそかの高級お菓子や豪勢な料理と、ついつい特別なことを考えてしまいがちだが、気持ちの良いタイミングで、丁寧に入れたお茶をお出しすること、お出しするもののグレードではなく、おもてなしをする姿勢がどうであるか、が大切だろう、と感じる。決して押し付けでなく、「あなたのことを気遣っていますよ」というおもてなしのサインこそ、最良のギフトなのではないだろうか。

 そんなおもてなしを、陶然のようになさっているチンシャンさんの商品にも、きっと「あなたのことを気遣っていますよ」のサインが沢山隠されているに違いない、と、チンシャンさんの営業マンにでもなってしまいそうな今日この頃。 

content_btm.gif content_top.gif
2005年02月25日(金曜日)

[最新情報]中国茶のきっかけ

050225staff.jpg「中国茶を始めたいけど、いろいろ道具が必要みたいでよく分からないから…」と、中国茶に興味はあるけれどスタートするきっかけが見つからない人が多いようです。

私も始めるまで腰が重かった一人。美容や健康も気になっていましたし、ちょっとした【こだわり】を生活に入れたかったのです。

興味のままにネットでいろいろ調べるものの「大変そうだなぁ~」と思って、なかなか茶葉も茶器も買わずに時だけが過ぎていました。(何を買ったら良いかも分からなかったですし…。)

それは丁度、転職を考えていた頃でした。何か勉強になるバイトでもしながら転職活動しようかな~、とボンヤリ考えながらバイト情報誌をめくっていた時、偶然にもチンシャンと出会ったのでした。それまではインターネット業界で仕事をしていたので初めて流通に携わる仕事です。それより何より、仕事をしながら中国茶を勉強出来るのがラッキーでした。

すぐに道具の説明を聞きながら淹れ方やお茶の種類の研修を受けました。何種類ものお茶をテイスティングして、初日からお茶酔いを経験。そうこうするうちに、店頭に立ったりホームページの更新をするようになり、今に至りました。

もし私がこんな機会に恵まれなかったら、まだ中国茶を始めてなかったかもしれない…。だったら、何があれば始めていただろう?

答えはカンタン。金額的にも手頃で(送料も安いか無料で)、お茶も何種類か入っていて、最低限の道具がそろって、しかもしかも、邪魔にならないサイズのセットがあること!

ついでにワガママを言えば、もしハマった時には更にその後に買うべき物は何かもわかりやすく揃っていること!!!

・・・まだスタートのきっかけを探している方に、チンシャンを通じて何かお手伝いが出来たら良いな~!と思って作りました。まったく初めての方の為の「送料無料 お試しセット」と、更に買い足す時にオススメの「送料無料 2nd.セット」。

少しずつハマるのもよし、まとめて買って一気にハマるのもよし。それぞれのペースで楽しんで頂けたら幸いです!(せこ)

content_btm.gif content_top.gif
2005年02月24日(木曜日)

春節“旧正月”のスイーツは懐かしい味

2005_0213_215416.jpg


2月9日は中国で旧暦のお正月を祝う春節「旧正月」です。
横浜中華街では、爆竹が鳴り響き獅子舞が踊るなどのイベントで賑わうことで知られていますね。ちょっとした異国文化を体験できます。

ロサンゼルスやサンフランシスコにも華僑の集まる中華街があり、同じようなイベントがあります。
私たちは旧正月の雰囲気が残る中華街に台湾や中国のお友達と、中華を食べに行ってきました。

料理は春を感じさせる季節の野菜をつかったものが印象的。もちろんデザートもオーダー♪
台湾の友人に聞くと旧正月には、中国風のおしるこ“紅豆沙”をいただくそうです。

この“紅豆沙”は小豆の形状が残っている、いわば田舎風お汁粉の水分多目といったところ。中には白玉が入っていました。
なんだか懐かしい味わい…!
日本でもお正月にお汁粉をいただきますね。中国から伝わってきたスイーツなのでしょう。

ちなみに中国にはお汁粉の類似スイーツがあります。
緑豆沙(緑豆のおしるこ)、芝麻糊(黒胡麻のおしるこ)、合桃露(クルミのおしるこ)などなど。さすが中国三千年の歴史といったところ。

友人は皆、家族と離れて異国の地アメリカに来たもの同士。ホームシックになる人もいるでしょう。
でも、こうして中国茶を飲みながら、のんびり友人達と一緒に過ごすのも温かな気持ちになるものです。
お汁粉をいただきながら、ジャスミン茶でほっとするひと時でした。

content_btm.gif content_top.gif
2005年02月23日(水曜日)

メビウスのドーナツ

ドーナツについて考え始めると、人はどういうわけか哲学的な命題にぶつかりがちですね。何よりも私たちを幻惑するのは、その穴。どうすればドーナツの穴が食べられるかを思案しているうちにチャーリー・ブラウン的な人生訓がひらめいたり、うっかり足をすべらせてドーナツの穴に落ちたまま出られなくなったり(嘘)、かつてドーナツの穴の起源について大論争が起きたこともあるそうです(これは本当)。

サカキシンイチロウ氏のドーナツをめぐる考察はチャーミングです。

”穴があるから油のしみ込む面積も大きくなるし、穴があるからサクっ感を生む楓ハ積が増えるのだし、何しろ穴があるからどこを食べても一定の美味しさと一定の歯ごたえを約束してくれる。

だから「ドーナツは穴である」と定義することも出来るかもしれない。
ドーナツは穴である。
穴は何もない状態である。
だからドーナツとは何もない状態なのである。”

サカキ理論にしたがえば、ドーナツを食べるとは「無」を食べることですから、何個おなかに入れてもカロリーゼロということになりますね…なんていう無茶な考えを誘発するのもドーナツの魔力のひとつ。

村上春樹の愛読者たちの間では、公式ドーナツ(?)といえばアメリカ生まれのダンキンドーナツ。私が外資系の会社で働いていた頃、アメリカ人のボスが会議のテーブルに持参してみんなに配ったのもドーナツ。また、『ツインピークス』ではFBI特別捜査官のクーパーがいつもドーナツとチェリーパイに手をのばしていました。クーパー捜査官はきまじめな撫薰ナ殺人事件について推理するふりをしながら、そのじつドーナツの穴について考えをめぐらしていたような気がします。

050223kawag.jpg
そんなふうにドーナツといえばアメリカの印象が強かったのですが、先日、銀座にある日本唯一のルーマニアレストラン「ダリエ」で初めてルーマニア・ドーナツにお目にかかりました。名称はパパナッシュ。ルーマニアで広く愛されているという代蕪Iなスイーツで、このレストランでも自慢の一品です。

食事の最後に運ばれてきたパパナッシュは揚げたてのほかほか。白いサワークリームと赤いチェリージジャムがかけられ、見た目はいかにもずっしりヘヴィーなのですが、ナイフを入れると刃先が深く沈み、ふんわり、もっちり、驚きの食感。すっきりと軽やかな甘さがあとをひくおいしさで、まるまる1個があっという間にお皿の上から消滅しました。

80歳を超えるという女性オーナーが優しい笑顔で「ドーナツとはいえ、粉はほんの少しで、ほとんどチーズで作っているんですよ」と教えてくれました。この女性が実年齢より15歳以上若く見えるのも、ドーナツの魔力に関係があるのでしょうか?  もしかしたらたっぷりのサワークリームとジャムに隠れて、このルーマニア・ドーナツはメビウスの輪のようにねじれてつながっているのではないでしょうか?

なにかのまちがいで私がもしドーナツ屋を開くとしたら、店名は「メビウス」にしようと思います。包み紙にはこんな警告文を小さく印刷します。
”ドーナツとは考えるものではなく、食べるものだ”

content_btm.gif content_top.gif
2005年02月22日(火曜日)

思いがけない晴れ姿

050222staff.jpgチンシャンの茶器は時々雑誌のイメージ写真に使用されたりしています。今月は「茶楽」というワールドムックの雑誌に約25アイテム、掲載されました。毎度のことながら、まるで我が子が雑誌に載ったかのような気分で「うんうん」とうなずいて雑誌をめくります。

チンシャンではホームページで使用する写真のほとんどをスタッフが撮影しています。撮影をするうちに「写真栄えするコ」をヒイキにしてしまって、登場回数に偏りが出てしまうのは事実。このような機会に思いがけないコがキレイに写っていたりすると、感動するのです。

今回は根引き松紋 茶杯(小)根引き松紋 聞香杯が清々しい顔で晴れの日を迎えていました。

雑誌では安渓鉄観音を淹れてありました。なるほど、清々しい撫薰ヘ、入っているお茶の印象も含めたニュアンスだったのか。などと、非科学的な(?)納得をして思わず同柄の蓋碗と一緒に撮影してしまいました。


ところで、チンシャンでは本日から、人気の「送料無料 お試しセット」の次にお薦めしたい「送料無料 2nd.(セカンド)セット」を発売開始しました。中国茶の第一歩は踏んでみたものの、二歩目がどうしたら良いかわからなかったアナタも、これで安心!是非ご利用下さい。(せこ)

content_btm.gif content_top.gif
2005年02月21日(月曜日)

おいしいお茶の秘密

joh0220.jpg

 以前、上海へ旅行に行ったときのこと。
一日中、市内観光&ショッピングを終え、極め付けに、夕食に上海蟹をたらふく食べ、もうふらふらになってホテルの部屋に帰ってきた。コテコテの中華料理に、やや胃がもたれ気味だった私は、部屋に備え付けの一人前の湯沸かしポット(結香Aこれって便利!)に、うがい用に備え付けられたミネラルウォーターを入れ、備え付けのほうじ茶のティーパックで、お茶を入れて飲んだ。チンチンに湧いたお湯に立ち篭めるほうじ茶の香りと、親しみのある味にホッとし、胃がスーと洗浄されていくように感じた。
 たかが、ティーパックのお茶なのに、いつも飲むお茶より数倍おいしく感じたのは何故だろう?

 あとで聞いた話によると、お茶に適した水は、軟水だ、ということ。そういえば、このホテルに備え付けてあった水は、エビアンだった。「煎れる水で、お茶の味が全然違う」とはよく聞く話だが、なかなか家で実践できない私にとっては、よい体験だった。特に舌が肥えている方ではないが、水の「味」がせず、お茶の味がきちんと感じられたのは確かである。


 人に自慢したくなるほどお気に入りの茶葉を見つけたときは、「このお水で煎れてね」と、茶葉と一緒に水をあげたら、御丁寧かも。

content_btm.gif content_top.gif
2005年02月18日(金曜日)

[新情報]お客様の声特集!

050218staff.jpg近頃、デスクの上で「発育」を愉しんでいます。知り合いから頂いた、缶で育てる植物。育て始めてから今日で10日目。今朝はシャキッと背筋を伸ばして、一生懸命に殻を破って芽を開こうとしています。良く見ると、芽の楓ハにメッセージが書いてあります。メッセージは何種類かあるそうですが、いくつかある中から私が選んだコは「I love(ハートマーク) You」でした。乾燥したオフィスだから・・と湿度に気を遣ったり、仕事の合間にチョコッと撫でたり・・そういう行為を「ありがと!」って言ってくれているみたい。(妄想に過ぎないのですけれど。笑)

昨日の朝はまだ頭を垂れていたのですが、帰る時間には双葉が完全に土から出ていたので、昨晩のうちに一人で少しずつメキメキと起き上がっていたのでしょう。ケナゲで愛らしい様子を眺めながら、忍び寄る春の兆しを感じました。(今日の東京、夜は一部で雪だそうですが・・)春に向けて、何か楽しみは準備されていますか?

さて、チンシャン・オンラインショップでは「お客様の声」をまとめました。商品のこと、ホームページのこと、梱包のこと、スタッフのこと・・・色々なご意見を頂いています。日々寄せられるご意見を参考にさせていただきながら、スタッフ一同「より良いサービス、商品、情報の提供を誠実にお届けする」ために工夫と努力を続けています。

ご意見・ご感想など随時承っておりますので、「ほんわか茶飲み日誌(ブログ)」の感想などでも結高ナすので是非、お声をお聞かせ下さい!(せこ)

content_btm.gif content_top.gif
2005年02月17日(木曜日)

バレンタインデーの甘いハプニング

2005_0213_153648.jpg

皆様バレンタインデーはいかがお過ごしでしたか?

私は先週お話した通り、週末土曜日から月曜日のバレンタインデーにかけて、旦那さんも含むお友達数名でサンフランシスコへ行ってきました。

色々な国のお友達だったので、「バレンタインデーは何が起きるかな…♪」と楽しみにしていたところ、やはり事件はおきました! 

6月に結婚予定のカナダ人のショーン(男性)と、フィリピン人のジャネット(女性)とのバレンタインデーの甘いトロケルような出来事をご紹介します。

ショーンは3週間以上前から、メンバー全員にサンフランシスコのナパバレーにある料理製菓学校のレッスンへ行こうと、はりきって企画を立てていました。

レッスンはデモンストレーションのみで、バレンタイン前日ということもありチョコレートトリュフの作り方。
(私としては嬉しい限りです。)

トリュフの作り方の後、おまけでチョコレートでプレートに字を書く方法も教えてくれました。

そこで60名以上いる生徒の目の前でショーンがチョコレートの文字書きにトライ!

しかも…“Will you marry me? I LOVE(ハート)you(U)JANET”という文字を書きました。

さらに、そのプレートにハートのパティスリーをのせ、ジャネットへ手渡したのです! 

さらにさらに、そのパティスリーの中には、ダイヤがきらめく指輪が隠れていたのです…!(写真)

生徒全員から拍手の嵐。
あまりに突然の出来事で、私も感動して泣けてしまいました。
もちろんフィアンセのジャネットも…☆


…ちなみに旦那さんと私は、「もぉこの2人のイベントで十分だね。」と今年も平和に(?)バレンタインデーが過ぎていきました。

来週は、中国の旧正月スイーツについてお話します!

content_btm.gif content_top.gif
2005年02月16日(水曜日)

ミレイ時計が鳴り出して

050216kawag.jpgいったんベルが鳴り出したら最後、きちんと手で止めない限り決して鳴り止まない目覚まし時計がありますが、それと同じように「あ、あれが食べたい」と思いついたら最後、実際に食べないことにはおさまらない困った食べものがあります。

たとえばカレー。朝、電車の中でうっかりココナッツミルクとナンプラーが香るタイカレーのことなんか思い出した日には、仕事をしていても誰かと話していても、15分おきにカレーの幻覚が脳裏をよぎって、ランチタイムに入るやいなやタイ料理店に直行しなければなりません。そんな事態を、私は「カレー時計が鳴り出した」と呼びます。鳴り出したら、食べて止めるしかない。

そんな強烈な時計のひとつに「ミレイ時計」があります。ミレイは蒲田のいかがわしげな路地裏にある小さなベトナム料理店。インテリアは安上がりな造作ですが、営業時間中は常に予約客でいっぱいです。ミレイのフォーが麺、スープともに輝くオーラを放つばかりにおいしくて、また、どのメニューをオーダーしてもハズレがないことはよく知られているのです。

私のミレイ時計のベルを鳴らしてしまうのは、パクチー(香菜)たっぷりの新鮮なサラダ。口に入れたとたんにさまざまな味がいっぺんに舌に沁みこみます。フォーのスープのようにじんわりと余韻が残るような味の拡がり方ではなくて、「甘いすっぱいパクチー!」と早口言葉でやってくる味が、すっかりクセになってしまいました。

先日またしてもミレイ時計がけたたましく鳴り出したので、夫に午後8時からの予約を入れてもらって(早い時間は満席でした)タクシーで駆けつけました。うちからはタクシーのメーターが2~3回変わるくらいの距離なのです。席についたらまず、何はなくともベトナムビール333(バーバーバー)と生春巻きとサラダ! 今回は小さな黒板に書いてあったおすすめの「蓮の茎のサラダ」を注文したのですが、これも基本構成とドレッシングが同じなので、そうそう、これが食べたかったのよ、と熱い感動を与えてくれました。砕いたナッツが香ばしくカリッ、エビがプリッ、蓮の茎がシャキッ。さまざまな歯ごたえを確認する幸せよ。

定番新顔とりまぜておなかいっぱいに堪狽オ、最後にベトナムぜんざい「チェー」でしめる頃に、サービスで蓮茶が運ばれてきます。この蓮茶がほんのりと優しい香りで、食事に全力で集中したあとの疲れ(?)をゆるめてくれるのです。時計も無事に鳴り止みました。でも、この時計、なんだか年ごとに針の進み方が早くなっているような気がするのです。一ヶ月もたたないうちに、また鳴り出すかもしれません。

content_btm.gif content_top.gif
2005年02月15日(火曜日)

ノドの奥を香る愉しみ

050215staff.jpg「中国茶と茶器のチンシャン」のチンシャンって、どういう意味でしょう?中国語では「清香=チンシャン」と読み、お茶の清々しい良い香りをたとえた褒め言葉です。意味だけ読み取ると大それたようにも思いますが、常に良いお茶の時間や愉しみ方を提供出来る努力を続けていこう、というスタッフ一同の願いが込められています。

さて、中国茶の奥深さは淹れ方の他に、味わい方も一つあると思いますが、中でも「回甘」「韻味」については経験するうちに「なるほど!」とわかる愉しみ方だと思います。

私はあまりワインは分かりませんが、独特の表現を愉しんでいる様子は何度かうかがったことがあります。それと似たようなことだと思うのですが、口に含んだ時に苦味の後から広がる甘み(回甘)と、飲み込んでから鼻へ息を抜いた時にノドから鼻にかけてに感じる風味の余韻(韻味)の2点について愉しみ方を体得すると、より中国茶の世界が広がります。

まだ慣れない方でも「これは分かりやすい!」というお茶があります。私もこのお茶で何度も鼻から息を抜いて感触を確かめました。(我慢しかけたアクビを、ノドの奥から鼻へ抜く感じがポイントです!)まだ「回甘」と「韻味」を感じたことがない方はゼヒお試し下さい!(せこ)

content_btm.gif
 1 2 3