« 2005年01月 | メイン | 2005年03月 »

content_top.gif
2005年02月14日(月曜日)

バレンタインデーにちなんで

茶筒


 私が初めて、バレンタインデートにこぎつけた時の話し。
 夜を徹して作ったチョコレート、固まった頃にはすでに朝6時をまわっていた。「さあ、これを持って、夜のデートに備えよう!」と意気込んで、ふっとラッピングを考えていなかったことに気が付いた。もう時間もないし、とっさに、家に転がっていた茶筒に出来たてのチョコレートをコロコロ入れて、キレイな色の輪ゴムで留めて‥‥、苦肉の作だった。

 そして、ドキドキして望んだデート。コーヒーよりお茶派の私は、いつも通り紅茶を注文。緊張のあまり、うまく話が続かず、沈黙のたびに紅茶を啜っていた。みるみるうちに、お茶は減り、空のカップを啜るわけにもいかず、もう一杯注文。それでも、沈黙をやぶれきれず、私はどうでもいい話しを始めた。

  私の母は、お茶が大好きで、何かにつけて「じゃ、お茶でも入れようかしら?」と、ほっと一息気
 持ちを落ち着けるときは、必ずお茶を飲む人だ。そんな母が、お茶を飲みながらたまにする話し。
  母が初めてお見合いをしたとき、あまりの緊張で、それをまぎらわすために紅茶を何杯も注文して
 いた。案の定、母は何度もお手洗いへ行くはめになり、「ちょっと失礼‥‥」と、席を立つ母に対
 し、お見合い相手は、「お茶は、利尿作用がありますからね。」と色気のない発言をしたという。ま
 あ、その相手が、現在の父なわけだが‥‥。
 
 そんな話しをする私が、もうすでに5回もお手洗いに立っていた。
 その後のデートの結末は、また違うお話し‥‥。

content_btm.gif content_top.gif
2005年02月14日(月曜日)

箱入り娘たち(濫エ稿)

茶棚
我が家はお茶が大好きで、親戚が集まっても、家に人を招いても、お酒よりお茶を出してしまう。
そんなわけか、どこへ行ってもとりあえず、お土産にお茶葉を買う傾向がある。
そうやって溜っていくお茶葉の棚にふと目をやると、なかなか洒落たケースが並んでいることに気が付く。どこかのお国のちょっとした箱入り娘たちだ。

右は、カナダのお土産でいただいたもので、メイプルの木で作った茶箱。メイプルの木の成分が、茶葉の保存に良いとか何とか‥。
中央は、上海の怪しいお茶屋で買ったジャスミン茶。ただの段ボールで作った箱にお中華っぽい紙が貼ってある。蓋の側面部分の柄が逆さになっていて、そこがまたモノ好きの心をきゅっと掴む。
左2つは、日本橋のお茶屋で見つけた茶筒。缶に千代紙を唐チたもので、缶の継ぎ目で蓋と胴体をカチッと閉めると、お見事!絵柄がぴったり合う。
さすが江戸前の職人技である。‥‥と、外見にうっとりしながら、「今日は、どこの娘を堪狽オようか‥‥ウッシッシ」と、怪しいおじさんな気分。

content_btm.gif content_top.gif
2005年02月11日(金曜日)

[新情報]Myカップ順調!

050210staff.jpg建国記念の日と土日が続いて、有難い3連休ですね。体調が崩れていた方はこの機会に、
(1)しっかり睡眠 (2)ちゃんと水分と栄養を補給 (3)お茶でうがい
を実行してみましょう。私も夜型にならないように気をつけなければ…。

さて、先週に絡申しました「Myカップ」が無事、発売開始になりました!思えば、3年前に「My茶壷」の企画をスタートしてからお揃いの茶杯についてのご要望も絶えなかったのですが、発売に伴って「待ってました!」とばかりにご注文を頂いている勢いを見ていると、ずっとお待ちいただいていた皆様に感謝の気持ちで一杯になりました。

今日は、そんなMyカップの受注3日目までのランキングです♪

【1位】桃葉茶杯 60ml 黒泥ペア
【2位】桃葉茶杯 60ml 老緑ペア
【3位】団栗茶杯 55ml 黒泥ペア
【4位】桃葉茶杯 60ml 紅泥ペア
【5位】睡蓮茶杯 50ml 黒泥ペア

モダンな印象の茶杯に人気が集まっているようです。桃葉茶杯は全カラーがランクインしました!やっぱり可愛らしいですものね~♪ランクインしている茶杯と同じデザインの「My茶壷」も追加で購入されている方が多いですね。

せっかくだからもっと詳しくチェック、チェック♪見ているだけでも楽しいですよ!(せこ)

content_btm.gif content_top.gif
2005年02月10日(木曜日)

チョコレートと温かい飲み物

choco.jpg

バレンタイン目前。チョコレートの季節ですね。

この時期になると、色々なチョコレートに出会う機会も多く、毎日のようにチョコレートを食べています。

しかも今、友人からブリュッセルのお土産でピエール・マルコリーニのショコラが我が家に一箱あるのです!(数を数えると30粒以上♪)

朝目覚めが悪い時に一粒。仕事でいっぱいいっぱいになった時に一粒。ぼんやりのんびりしているときに一粒。完全なるチョコレートホリックです。

チョコレートには、紅茶党の私でも、もっぱらコーヒーをいただくのですが、濃い目のお茶でもよく合います。紅茶ならウヴァやアッサム。コクがありほろ苦いお茶がぴったりです。あとホットミルクもイチオシです。
一粒のチョコレートと温かい飲み物で体と心がポカポカしてきます。

それにしてもバレンタインは、当たり前のように日本では女性から男性にあげる風習になっていますよね。
先日、イタリア女性にこのことを話すと「フェアじゃないわね。バレンタインは、恋人同士にかぎらず家族や友人や大切な人へ愛を送るのよ。だから今年は旦那さまからプレゼントもらいなさい!」と強くいってくれました。

旦那さんにこのことを伝えたら、「ふーん」という返事だけ。…もぉっ!

アメリカのバレンタインでは女性から男性へのプレゼントではなく、恋人同士がチョコレートに限らず、プレゼント交換をするのです。 
そこで「他の国ではどうなのかな?」と思い、香港、韓国、フランス、中国台湾の友人にも聞きました。

香港は女性の職場にバレンタインデーに何回も花束を贈りつけ、とどめはディナー。しかもすべて男性から。女性からのお返しの日もなし。(一部かもしれませんが…。)

台湾、中国ともに、アメリカと同じく、男女お互いがプレゼントし、主にお花だそうです。
そして、韓国では、日本と同じく、バレンタインは女性から男性にチョコレートあげるそう。しかもホワイトデーもあり、お返しは主にキャンディー。

愛の国フランスでは「毎日がバレンタインのようなものさ!」と言っていたのが印象的でした(笑)。そして男性から女性へのプレゼントはお花や香水が多いようです。

私は、この週末からバレンタインにかけて旦那さんも一緒にお友達数名とサンフランシスコにいく予定ナす。台湾人、カナダ人、フィリピン人、アメリカ人も一緒(内3組はカップル)なので、みんながどんな風にバレンタインを過ごすか、ちょっと楽しみ。来週ご報告しますね。

content_btm.gif content_top.gif
2005年02月09日(水曜日)

オリエンタル・ビューティー

050209kawag.jpgさまざまな中国茶の中で、東方美人の扱いには少しだけ困っていました。どうとらえたらいいのか、頭の中にすんなりとおさまってくれないお茶だったのです。

紅茶そっくり。初めて東方美人を飲んだとき、そんな感想を抱く人はきっと多いはず。色も味わいもまるで紅茶ですよね。でも、発酵度から分類すれば東方美人は紅茶ではなくあくまでも烏龍茶だし、ねっとりとしたハチミツのような芳香はなるほど中国茶独特のもの。

もうひとつの違和感は、中国茶を飲むとき、私が必ずかたわらに甘いお菓子を置いているせい。スイーツにはビターを合わせたいのですが、東方美人では香りが甘すぎて、スイーツ×スイーツになってしまうんですよね。

それが不思議なことに、茶器を変えてみたらしっくりなじむようになったのです。ある日なにげなく目をやったのは、食器棚のすみのアンティークのティーカップ。ふつうのティーカップよりひと回り小さな九谷焼です。江戸時代の中期から大正時代にかけて、九谷焼はヨーロッパに大量に輸出されていました。それが買い戻されて日本にお里帰りしたものです。

べつに素晴らしいお宝カップなどではありません。ふちの欠けを金繕いした跡があるし、細かく描きこまれた絵は素朴で微笑を誘われる筆致。中国とも日本ともつかないおかしな桃源郷で丸顔の童子たちが遊んでいるという、いかにもヨーロッパの人々が好みそうな図柄です。

そのカップに東方美人を注いでみたら、お茶がいい具合におさまってしまいました。東方美人は19世紀末からさかんにヨーロッパに輸出されたお茶。そもそも東方美人という名前は英国のビクトリア女王が茶葉の色彩や水色の美しさに感動して名づけたと言われるくらいに。

かつてヨーロッパで愛された東洋のものという共通項が、里帰りのカップと東方美人を相性よく結びつけたのですね。以来、東方美人を飲むときはいつもこのカップです。

content_btm.gif content_top.gif
2005年02月08日(火曜日)

ガブガブもチビチビも◎

050208staff.jpg寒い日が続きますね。風邪かな?と思ったらインフルエンザだったり、花粉症だったり…。本当に厄介な季節になりました。そういう季節にはタップリ水分を補給しておくと良いそうですね。

私は仕事にかこつけて、毎日のようにたっぷりお茶を飲みます。何度もブログやメルマガでも紹介している凍頂烏龍茶は特にご贔屓。初めて飲んだ時のインパクトは素晴らしく、でも中国茶を始めて3年目の今になっても飽きが来ない…!飲むときの状況や淹れ方によっても様々な撫薰ゥせる不思議なお茶です。仕事で様々なお茶を飲んだりコメントを書いたりしながらも、やっぱり頻度が高いお茶といえば凍頂烏龍茶です。

何より、どうしても毎年インフルエンザは確実にキャッチしてしまう私。ついでに6年前から数年前まではひどい花粉症で悩んでいました。体調が良くないと感じたときには、お茶を飲む習慣は小さいときから(静岡育ち、という背景もあるのでしょうか???)ありますが、ここ数年は花粉症の季節でもマスクやゴーグルを使わずに過ごしている現状を考えてみると、やっぱり凍頂烏龍茶って良いのかもしれない…。

本格的に淹れて小さな茶杯でお洒落にチビチビ飲むのは本当に美味しいですが、体調のために飲むときはストレーナー付のマグで淹れてガブガブ飲んだ方が、なんだかカラダに良さそうな感じがします。ストレーナー付マグがない時は、大きめの茶壷で直接マグへ注いでしまいます。オフィスに入って間もない同僚はその光景にビックリするようですが、「中国茶はこうやって淹れなきゃ駄目!」という厳しいルールは私は求めず、自然な生活の中のパターンに中国茶を含めておきたいだけのこと。

凍頂烏龍茶について、その故郷のお話や美味しさの秘密などの情報を追加しました。無記名OKのクリックアンケートもついています。今日はちょっと心の旅に出ませんか?(せこ)

content_btm.gif content_top.gif
2005年02月07日(月曜日)

はじめまして、城素穂です。

050207motoho.jpg 「こちら、スーティ・ツァイです。」
 
 先日、仕事仲間で行ったモンゴル料理屋で、最初にテーブルに出された、羊の乳のミルクティー。 小鉢になみなみと注がれたそれは、私好みの、お茶よりミルクの分量が勝った、薄べ-ジュ色のミルクティーだった。「うれしい!」と思って、口へ運ぶと、おっと、しょっぱい!割合で浮キと、お茶1:ミルク2:塩7!と、塩が主張ぎみ。  

 スタイリストとして、フード、インテリア、雑貨などいただく仕事は色々あれど、やっぱり食べ物絡みの仕事は面白い。「こんな食材の組み合わせってあり!?」「同じ食材でも切り方1つでこんなに味が違うの!」と、毎度毎度新しい衝撃を受ける。  

 冒頭で書いた体験は、朝日新聞の「暮らしの風」という冊子の仕事での一コマ。毎号、色々な国の料理を、普通の家庭で作れるようなレシピで紹介する『おうちで作る世界のレシピ』というページでスタイリングを担当しているわけだが、これがなかなか面白い。人間誰しも持つ三大欲求の1つである食欲を満たすための料理、とはいえ、その形状は、国によって様々で、料理の背景に隠されたその国の文化や歴史を垣間見ながら、食卓風景の想像を膨らませるのである。  

 モンゴルの人は、毎朝、このしょっぱいミルクティーを作って、大きなアルミ缶に入れて、一日に何諸tと飲むという。きっと、羊の乳の独特の臭みを隠すために塩を入れているのだろう?厳しい遊牧生活の活力供給の有効な方法として、飲み物に塩を入れるようになったのかな?と、モンゴル人の生活に思いを馳せると、自然と「この塩辛さも悪くないな」と、もう一杯お代りをしてしまうのである。


…おっと、自己紹介を忘れていました。
はじめまして、城素穂(じょうもとほ)と申します。スタイリストをやっております。お茶は、和洋中問わず好きです。きっと、このコラムを書くPCの横には、いつもお茶があるでしょう。どうぞよろしく…。

content_btm.gif content_top.gif
2005年02月04日(金曜日)

[新情報] 2/8からMyカップ発売!

050204staff.jpg━━━━━━━━━━━━━━━
◆ついに発売!「Myカップ」◆
━━━━━━━━━━━━━━━
 受付期間:'05/02/08~2/28
 お届け開始:05'/03/下旬~
---------------
 My茶壷の一部も復活します
━━━━━━━━━━━━━━━


チンシャンといえば毎年恒例の「My茶壷」が大好評ですが、今回のデザインはいかがでしたか?果物や木の実などをイメージしたデザインで4フォルム(柿、桃、睡蓮、団栗)×3カラー(紅、黒、深緑)×2サイズ(大小)で選べて楽しいとのご感想も頂いています。
※My茶壷=2003年から毎年11~12月頃に受注生産。限定デザインで名前が入ることで好評を得ています。


そのMy茶壷とお揃いのデザイン「Myカップ」のご要望をたくさん頂きながらなかなか実現することが出来ずにおりましたが、遂にこのたび、念願の「Myカップ」が登場する運びとなりました!!皆様の声援あってこそ、です。有難う御座います!!

今回は昨秋のMy茶壷にあわせたデザインで4フォルム×3カラーで発売いたします。今回はお名前を入れることは出来ませんが、フォルムがこんなに素敵な茶杯ってなかなか見ないですから是非オススメしたいと思っています☆

また、昨秋のMy茶壷を見逃してしまった方や、悩んでいるうちに締め切りになってしまった方にも朗報です!同期間中、My茶壷で人気だった4アイテムを復活させて発売いたします!カップも揃うこの機会に是非、Myカップと一緒にチェックしてみて下さいね☆


発売開始は2月8日のメールマガジン(無料)にてお知らせ致します!(またはホームページへ直接お越し下さい♪)どうぞ週明けをお楽しみに~!!(せこ)

content_btm.gif content_top.gif
2005年02月03日(木曜日)

はじめまして!

tea.jpgはじめまして!
今週から木曜日の日記を担当します下井美奈子です。
他の曜日を書かれている皆さんがステキすぎて、やや緊張気味ですが…☆
どうぞ宜しくお願いしますね。

それでは簡単ですが自己紹介させていただきます。
鎌倉下井お菓子教室でスイーツの講師をつとめ。
All About洋菓子ガイドでは、スイーツを。
OL美食特捜隊では、レストラン情報をご紹介しています。
他にもWebや雑誌にて"美味しいもの"をテーマにレシピや情報執筆などをしております。

色々書きましたが、ワタクシ単なる食いしん坊です(笑)。

ちなみに中国茶については、まだまだ初心者。でもお茶をのんびり、まったりと飲むのは大好き。そういった、ぐうたら茶飲み心はあります…☆

また「日本紅茶協会認定ティーインストラクター」の資格をもっているのですが、紅茶の勉強をするごとに、"紅茶の原点は中国茶"であり、中国茶の歴史を実感せずにはいられません。
紅茶の歴史を紐解くとヨーロッパにお茶がもたらされたのは17世紀。海上貿易でオランダによって、中国から伝えられました。
それが18世紀のイギリス貴族社会で人気を高め、中国のウーロン茶系のお茶がヨーロッパ人の嗜好に合わせて強く発酵した紅茶が誕生したといわれています。
ほんと中国茶って奥深いですね…!

この日記では、スイーツはもちろん日ごろ出会う"おいしいもの"をご紹介したいと思っています。また現在ロサンゼルスに住んでいるので、ロサンゼルスのちょっとした出来事も合わせてお話したいと思っています。

それでは来週も宜しくお願いします!

content_btm.gif content_top.gif
2005年02月02日(水曜日)

アイルランド式スコーンの作り方

050202kawag.jpg
Avoca Cafeは昨年アイルランドのベストカフェに選ばれた有名店。その総料理長をつとめる女性が来日し、青山のCafe246でクッキングレッスンを行いました。

総料理長レイリー・ヘイズさんはAvocaに入社してから次々にカフェをオープンさせ、年間1200万ユーロを売り上げています。レシピを紹介した著書『Avoca Cafe Cookbook』は20万部を超えるという異例のベストセラー。そんな歩みの間に、双子の姉妹を出産してママにもなりました。

Cafe246のテラスに設けられた会場は満席。期待に満ちた空気の中にあらわれたのは、縞のエプロンをつけ、少し恥ずかしそうな微笑を浮かべた控えめな女性でした。バリバリの凄腕シェフにはとうてい見えません。

でも、目の前でスコーンを作り始めた彼女の両手は、本当に日々、料理をしてきた人の手でした。無駄のないすばやい手さばき。粉をすりつぶす力強い指先。その動作は、ひとつの答を知っている人の確信に満ちていました。この素材たちは、どうすればもちもちのスコーンに変身するのか? 彼女はその回答を、積み重ねた経験から熟知しているようでした。

ところで、アイルランドでは小麦粉を全くふるわないんですって。日本ではどんなお菓子作りの本にも「粉類はよくふるっておくこと」と書かれているのに、これはびっくりです。そのかわり彼女は両手の指を使い、ひたすら根気よく小麦粉とバターをすりあわせていました。

ハーブをたっぷり使うのがAvoca Cafeの特徴のひとつ。このスコーンにもローズマリーとタイムが投入されました。オーブンで焼いている途中から、猛然と周囲にひろがり出したたまらない香り! 焼きあがったスコーンがどんな味だったか、申し上げるまでもありませんよね。

Cafe246に隣接するブックストア「Book246」では、『Avoca Cafe Cookbook』の販売が2月末まで行われるそうです。

content_btm.gif
 1 2 3