« 思いがけない晴れ姿 | メイン | 春節“旧正月”のスイーツは懐かしい味 »

content_top.gif
2005年02月23日(水曜日)

メビウスのドーナツ

ドーナツについて考え始めると、人はどういうわけか哲学的な命題にぶつかりがちですね。何よりも私たちを幻惑するのは、その穴。どうすればドーナツの穴が食べられるかを思案しているうちにチャーリー・ブラウン的な人生訓がひらめいたり、うっかり足をすべらせてドーナツの穴に落ちたまま出られなくなったり(嘘)、かつてドーナツの穴の起源について大論争が起きたこともあるそうです(これは本当)。

サカキシンイチロウ氏のドーナツをめぐる考察はチャーミングです。

”穴があるから油のしみ込む面積も大きくなるし、穴があるからサクっ感を生む楓ハ積が増えるのだし、何しろ穴があるからどこを食べても一定の美味しさと一定の歯ごたえを約束してくれる。

だから「ドーナツは穴である」と定義することも出来るかもしれない。
ドーナツは穴である。
穴は何もない状態である。
だからドーナツとは何もない状態なのである。”

サカキ理論にしたがえば、ドーナツを食べるとは「無」を食べることですから、何個おなかに入れてもカロリーゼロということになりますね…なんていう無茶な考えを誘発するのもドーナツの魔力のひとつ。

村上春樹の愛読者たちの間では、公式ドーナツ(?)といえばアメリカ生まれのダンキンドーナツ。私が外資系の会社で働いていた頃、アメリカ人のボスが会議のテーブルに持参してみんなに配ったのもドーナツ。また、『ツインピークス』ではFBI特別捜査官のクーパーがいつもドーナツとチェリーパイに手をのばしていました。クーパー捜査官はきまじめな撫薰ナ殺人事件について推理するふりをしながら、そのじつドーナツの穴について考えをめぐらしていたような気がします。

050223kawag.jpg
そんなふうにドーナツといえばアメリカの印象が強かったのですが、先日、銀座にある日本唯一のルーマニアレストラン「ダリエ」で初めてルーマニア・ドーナツにお目にかかりました。名称はパパナッシュ。ルーマニアで広く愛されているという代蕪Iなスイーツで、このレストランでも自慢の一品です。

食事の最後に運ばれてきたパパナッシュは揚げたてのほかほか。白いサワークリームと赤いチェリージジャムがかけられ、見た目はいかにもずっしりヘヴィーなのですが、ナイフを入れると刃先が深く沈み、ふんわり、もっちり、驚きの食感。すっきりと軽やかな甘さがあとをひくおいしさで、まるまる1個があっという間にお皿の上から消滅しました。

80歳を超えるという女性オーナーが優しい笑顔で「ドーナツとはいえ、粉はほんの少しで、ほとんどチーズで作っているんですよ」と教えてくれました。この女性が実年齢より15歳以上若く見えるのも、ドーナツの魔力に関係があるのでしょうか?  もしかしたらたっぷりのサワークリームとジャムに隠れて、このルーマニア・ドーナツはメビウスの輪のようにねじれてつながっているのではないでしょうか?

なにかのまちがいで私がもしドーナツ屋を開くとしたら、店名は「メビウス」にしようと思います。包み紙にはこんな警告文を小さく印刷します。
”ドーナツとは考えるものではなく、食べるものだ”


「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 人気Blogランキングに参加しています。クリックで応援してね。 「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 

content_btm.gif content_top.gif

カーラ| チンシャン| アイネスト
人気Blogランキング ←クリックして応援してね
content_btm.gif