ガイワン?" /> ほんわか茶飲み日誌: [中国茶解説]<a href="http://www.qingxiang.jp/cgi-bin/omc?port=33411&req=DIR&code=tg01&SiteID=86">ガイワン?</a>

« セントパトリックスデー@NY | メイン | 蓮花茶 »

content_top.gif
2005年03月25日(金曜日)

[中国茶解説]ガイワン?

050325staff.jpg中国茶の独特な茶器といえば「蓋碗(がいわん)」。日本茶でも湯呑に蓋をつけて出す場合もありますが、蓋碗は蓋が"ツール"として存在する合理的な茶器だと私は感じています。

例えば、写真のように急須代わりに蓋碗を使う時には、茶葉がカップに入らないよう抑える役目を持っています。そのまま蓋をした状態で"すすり飲む"時にも茶葉が口に入らないように抑えて使います。

或いは、お茶を蒸らして抽出したい時に蓋をしておくと発酵度の高いお茶は特に美味しく淹れられます。逆に緑茶など発酵度の低い(または不発酵の)お茶は蓋をせずに抽出した方が美味しくなる場合もあります。

時には、お茶の抽出が薄く感じた時には蓋をつかって、茶葉が泳ぐようにかき混ぜるように使ったりも出来ます。これらの動作がしやすいように、普通は蓋と本体がカッチリしまらないように出来ています。

蓋碗のお手入れは、普通の食器として洗剤で洗えばOKなのでラクなんです。茶壷が「こだわり好き」「コレクター向け」の茶器だとしたら、さしずめ蓋碗は「面倒がり屋向け」「大雑把タイプ」にもってこいの茶器。いちいち面倒な手順はさておいて、お茶が飲みたい人にはかなりお薦めです。

しかも!

蓋碗を使いこなして無駄のない指先の動きでお茶が淹れられるようになると、これがまた優雅なんです。見ているだけでも癒されるような気持ちになる不思議な空間になります。

使ってみて「熱い!」という経験のある方が大半だと思いますが、最初はお湯を7~8分目で淹れて、サッと注ぐ練習をしてみて下さい。蓋の位置ギリギリにつくまでお湯を淹れると、淵が熱くなるわけです。


「蓋碗」に関する情報は、チンシャンの「はじめての中国茶講座」中級 Lesson2でもご紹介しています。もっと詳しく「蓋碗」の使い方を知りたくなったら「はじめての中国茶講座」上級 蓋碗[ガイワン]を是非チェック♪(せこ)


「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 人気Blogランキングに参加しています。クリックで応援してね。 「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 

content_btm.gif content_top.gif

カーラ| チンシャン| アイネスト
人気Blogランキング ←クリックして応援してね
content_btm.gif