« こだわりのコンセプト | メイン | 花束の物語、エピローグ »

content_top.gif
2005年06月22日(水曜日)

心に残るカフェの時間

2004_0128_162924.jpg
ついにロサンゼルスの滞在日数を片手で数えられるようになりました。
日数も少なくなると、時間を大切に過ごしたいために思い出深い場所に訪れたくなります。
週末のブランチをどこに行こうか考えた時、レストランではなくカフェに自然と足が向きました。

2005_0619_030049.jpg

たまに行く美味しいレストランより、気軽に立ち寄ってきたカフェが私にとって心に残っているのです。友人達とのんびりお茶をしながら、他愛もない話から人生について語り…。マラャ唐フチームメイトたちとビーチを走ったあと、喉の渇きや疲れを癒すためにお茶を飲んだり。空腹を満たすためではなく、カフェにはもっと色々な顔があります。

友人達とRose Cafeで過ごすカフェの昼下がり。
オープンカフェで、青空の下での食事は心地よいだけでなく、体の中にあるサビがキレイに取り除かれる感じがしました。明るい日差しは寂しさも紛らわせてくれます。

2005_0619_041934.jpg

ここでロサンゼルスカフェのお気に入りカフェを一部ですがご紹介します。

Elixir
体の中から美しくすることをコンセプトにしたカフェ。アジアを基調にした中庭が心地よい。6種類のハーバルトニックは体の中からキレイになるそうです。キアヌリーブスの体調管理にかかせないとか。(写真上)
Rose Cafe 
真っ赤なバラの壁画が印象的なお店。緑に囲まれたオープンカフェが気持ちよく、食事も豊富なので週末ブランチに最適。キッシュなど美味。ジュリアロバーツの行きつけのお店。(写真中)
Jin patissery 
店内には見た目も芸術的なケーキたちディスプレイされています。玄米茶、中国茶、紅茶といったお茶も豊富。(写真下)

*レストランについてはOL美食特捜隊にまとめてあります。
今まで通ったカフェ全てに立ち寄りたい、お世話になった友人たちにも全員に会いたい…。でも、もう時間が足りません。一生会わない、そして一生ロサンゼルスに行けないわけではないと思うけれど、寂しくて仕方がないのです。でも“もっとここで過ごしたかった、もっと…もっと…”というのは幸せなことなのでしょう。出会った全ての方たちに感謝せずにはいられません。帰国してからも、“もっと…”という気持ちを忘れずに日々を、大切に暮らしていきたいと思います。次週からは日本からのブログとなりますので宜しくお願いしますね。


「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 人気Blogランキングに参加しています。クリックで応援してね。 「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 

content_btm.gif content_top.gif

カーラ| チンシャン| アイネスト
人気Blogランキング ←クリックして応援してね
content_btm.gif