« かまわぬのてぬぐい | メイン | 中目黒のタマゴ »

content_top.gif
2005年06月29日(水曜日)

水のありがたさ

ロサンゼルスから日本に帰ってきました。
あまりにも非現実的な生活を送っていたためか、ロサンゼルスでの2年間が夢のように感じます。それと同時に、今まで気づかなかったようなことが発見できる毎日です。

その1つが“水”。日本では水道の蛇口をひねれば、そのまま飲料として可狽ネ水が当たり前のようにでてきます。都心では浄水器が必要な場所もあるかもしれませんが、比較的水道の水も美味しいものです。

お茶の美味しさは水で変わります。
それはロサンゼルスやフランスでも実感したことです。
2005_0213_182202.jpg
ロサンゼルスの水は硬水で、さらに発癌性物質とされているフッ素が含まれているため飲料としては適さないといわれています(一部では虫歯にならないため水道水もよいとされていますが…)。しばらくの間、浄水器を通した水道水を沸かして飲んでいましたが、それでも日本茶が美味しく淹れられないため、ボトルドウォーターを購入することにしました。スープや味噌汁、そしてお米を炊くのにもすべてボトルドウォーターを使用しました。このボトルウォーターを購入し部屋まで持ち運ぶことは、私にとって面倒な家事の1つでもありました。それが日本では必要がないと思うと、それだけでも幸せです。

またフランスも硬水のため、沸かした水道水で紅茶を淹れると、紅茶の水面に薄い白い膜がはったようになってしまいます。これはカルシウムが凝固してできたものです。紅茶の水色も黒ずみ、とても同じ紅茶とは思えないほど不味になります。硬水だと繊細な茶葉の香りと味、コクが出にくいのです。
そのためマリアージュフレールなどのフレーバード・ティーがフランスの紅茶の主流になったわけです。硬水だとしてもフレーバード・ティならば香りが立ちますから。逆に香りが優しくなりフレーバードティは硬水の方が適しているかもしれません。

繊細味わいの日本茶を淹れるには軟水が適しています。逆に硬水だと濃い香りのお茶は柔らかい香りになり、さらに旨み成分のアミノ酸が抽出されやすいとされています。
日本では沖縄を除き、殆どの地域が軟水。ちなみに中国は殆どの地域が硬水です。
中国茶の種類は様々。それぞれにあった水とともに、美味しい中国茶を楽しみたいものです。これから中国茶を楽しむために、水にもこだわってみてはいかがでしょうか?


*軟水と硬水:
水のなかに含まれるカルシウムとマグネシウムの合計量を数値化したものを「硬度」と呼びますが、この数値が高いものを硬水、低いものを軟水と呼びます。

*写真
ミネラルウォーターのVOSSは、ノルウェー南部の秘境から採水したものでミネラル分が極めて低く、雑味がないのが特徴の軟水。歌手のマドンナは、VOSSを置いていないホテルには宿泊しないというエピソードがあり、セレブの間では注目を集めているミネラルウォーターです。


「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 人気Blogランキングに参加しています。クリックで応援してね。 「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 

content_btm.gif content_top.gif

カーラ| チンシャン| アイネスト
人気Blogランキング ←クリックして応援してね
content_btm.gif