« 長い長い花束の物語 | メイン | 心に残るカフェの時間 »

content_top.gif
2005年06月20日(月曜日)

こだわりのコンセプト

050620_1staff.jpg最近、家でハーブを植えて、摘みたてのハーブを使った料理を愉しんでいます。
食べる時だけでなく、水やりや虫がついてないか調べたりするために、毎朝葉の調子を確かめるのが日課になりました。ハーブに触れると、ふわっと良い香り。たちどころに「グーッ」とお腹の虫が鳴り始めてしまうという、なんて健康的なことでしょう(笑)。
そして、手に残る香りに植物のすばらしさを感じています。水と土と日の光だけでこんなにも美味しい香りを出せるなんて!

中国茶もそうですよね。そして、中国茶の中には樹齢数百年にもなる樹もあるそうで、それでもなお、こうやって私たちに美味しく香るお茶として愉しませてくれていることを考えると、歴史を感じずにはいられません。

050620_2staff.jpgまた、ハーブの種類によっては害虫が付きやすく、以前はさほど農薬のことを気にしませんでしたが、実際に自分で育ててみると、薬を使うということに、とても抵抗を感じます。
できるだけ薬は使わないようにと思い、牛乳を薄めたものをスプレーしてみたり、防虫ネットで囲んでみたり。今では、自分で食するものを育てるということの重要さと大変さを実感しています。
過敏になる必要はないものの、できれば安心して口にできる食品を選びたいですよね。

チンシャンのお茶作りには安心、安全のためのコンセプトがあり、自主的に、国内での茶葉の残留農薬検査や、生産情報の公開を行うという徹底ぶり。
自然の恵みから、力強くも繊細な味わいを生み出す中国茶だからこそ、そんなこだわりのコンセプトから出来上がった、安全で美味しいものをぜひ一度召し上がってみてください。(まり)


「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 人気Blogランキングに参加しています。クリックで応援してね。 「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 

content_btm.gif content_top.gif

カーラ| チンシャン| アイネスト
人気Blogランキング ←クリックして応援してね
content_btm.gif