« のんびりする努力 | メイン | ブルー・マンデー? »

content_top.gif
2006年01月20日(金曜日)

男の財布に一円玉は似合わない?

ある時期、よくいっしょにお酒を楽しんだ人々がいました。その数年間は私が人生のなかで最もたくさんお酒を飲んだ時期でもありました。なぜなら、仲間たちがみんな「とことんまでつきあう」のを美徳とする人々だったから。ほどほどに切り上げる、なんていう言葉が私たちの辞書にはまだなかったのですね。

そんな飲み友達の一人のことを、久しぶりに思い出しました。彼のお財布には一円玉が入っていない、というエピソードが印象深くて。

「ほら、なんていうか、男の財布には一円玉は似合わないぜ…でしょ…?」

彼は照れくささをごまかすようにそんな言葉を口にしました。コンビニエンスストアのレジの前に立ったときのことです。

私たちは4~5人でビール専門店でさまざまなビールを楽しんだあと、少し離れた場所にある日本酒のおいしいお店に向かって歩いていたところでした。気持ちのいい夏の夕方でした。途中、公園をみつけ、公園で花火をしてから次のお店に行こう、ということになったのです。コンビニエンスストアで花火を買い、彼がお財布を取り出しました。

ほろ良いきげんのみんなは彼を残して外に出て、夕空を見上げてはつまらない冗談を言い合って喜んでおりました。でも、店内の彼がなかなか出てこない。店員さんが少し手間取っているようです。私が店内に引き返すと、友人がちょうど精算を済ませ、花火を受け取るところでした。友人はお釣りとして受け取った小銭を、レジスターの横に置いてある募金箱にすばやく入れました。

060120kawag.jpg「よく募金するの?」と尋ねたら、彼が口にしたのが上の言葉。
「そのせりふ、なにか格好つけてるつもり?」
ついからかってしまったら、彼はさらに照れくさそうに言いました。
「これが習慣になっていれば、毎日少しずつだけれど、一生分を合計すればどこかで誰かの役にちょっとは立つかもしれないしさ」

その後も私はたびたびコンビニエンスストアや酒屋さんで、その友人が小銭をチャリティボックスに入れるのを目にしました。もしかしたら人前でだけそんなことをするのかしらと思い、背後からこっそりのぞいていたこともありましたが、彼は決して<習慣>を忘れませんでした。

ふと友人の顔を思い出すたびに必ずいっしょに浮かんでくるエピソードがこれ。もう何年も会っていませんが、あの習慣が続いているといいなと思います。彼のおかげで遠い国で生きる誰かが一人、一日くらいは輝く笑顔で過ごせたかもしれないですよね。


「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 人気Blogランキングに参加しています。クリックで応援してね。 「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 

content_btm.gif content_top.gif

カーラ| チンシャン| アイネスト
人気Blogランキング ←クリックして応援してね
content_btm.gif