« ブルー・マンデー? | メイン | 消滅線路は記憶に向けて伸びる »

content_top.gif
2006年01月25日(水曜日)

繊細な技術が作りだす幻想的な工芸茶

週末久しぶりの雪で、街中が白銀の世界になりましたね。
日曜日の早朝ドライブで海岸線を走ると、雪が積もった真白な砂浜と青い海とのコントラストが素晴らしい風景を眺めることができました。小さい頃は真白な砂浜でワンコと散歩して雪の中を走りまわったなぁ~。昔一緒に住んでいたワンコが懐かしくなります。

それにしても毎日寒い…! まだ日影には雪が残り、その雪が蒸発する時に空気の熱を奪うそうです。こんなに寒いと外に出掛けるのも億劫になってしまいます…。
そこで、ひそかな私の楽しみは、やはりオンラインショッピング。

体調が悪かろうが、寒くて外出が辛かろうが、お部屋でヌクヌク買い物ができる幸せ♪ バレンタイン時期に向け今日から1月30日まで新宿伊勢丹で開催されている「サロン・ド・ショコラ」のオンラインショッピングで、通常では入手困難なショコラも購入しました。思わずYOGAのDVDやマットなんかも買ってしまいましたよ。まだ届いていないのですが今から楽しみです。

2006_0125_094942.jpgそして先週もお知らせしましたが、1月限定の工芸茶「丹桂飄香」が届きました!
この丹桂飄香にお湯を注ぐと、中から小さな金木犀が、ポコポコと浮かび上がってきます。小さな工芸茶の中から小さな生命が次々と誕生するようで、繊細な技術が作りだす幻想的な工芸茶です…! 

以前、台湾の友人から「中から小さな花が出て可愛いのよ」と丹桂飄香を頂いたことがあるのです。帰国してから日本でこの工芸茶を探したものの、なかなか見つからなかったので、今回このようにして丹桂飄香と出会えて、懐かしさがこみ上げてきました。

9月下旬~10月上旬に咲く金木犀。私の誕生日頃に咲く花ということで、私が生まれて間もない頃、両親が実家の庭にこの金木犀を植えてくれました。私にとって金木犀は大切な花の一つなのです。9ヶ月後頃に咲くはずの金木犀が、寒い冬に湯の中で咲いてくれました。

また金木犀を使ったスイーツでも、オススメの一品があります。
それはユニークなアジアンデザートで楽しませてくれる「デザートカンパニー」通称デザカンの「桂花杏仁」。桂花陳酒でほのかに香り付けられた杏仁豆腐に、金木犀の花が加わり、口に含むとフンワリ金木犀の優しい香りがするのです。花の香りに包まれ華やかな気分になります…!

桜が咲くのが待ち遠しいのと同じくらい金木犀の花が愛しい私にとっては丹桂飄香も桂花杏仁も大切な一品です。


「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 人気Blogランキングに参加しています。クリックで応援してね。 「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 

content_btm.gif content_top.gif

カーラ| チンシャン| アイネスト
人気Blogランキング ←クリックして応援してね
content_btm.gif