« 2006年02月 | メイン | 2006年04月 »

content_top.gif
2006年03月31日(金曜日)

花びらと雪の舞う、あの衣装だんすのこと

060331kawag.jpg来年早々に本の出版を予定オています。文章も写真も私が担当することになっており、その本におさめる写真の最初の撮影を、新月の次の日に桜の花のもとでおこないました。

はじめての作業で緊張するうえに、撮影場所の使用許可は1時間だけ。制限時間のなかで力を出し切らなくてはなりません。気持ちの張りつめた1時間でしたが、信頼できる友人たちがアシスタントをつとめてくれたこともあり、最後まで集中力を切らさずに撮影を終えることができました。

その夕方、出産のために入院していた友人からメールが届きました。
「午後1時半、息子が誕生しました」

満開の桜を前に私が作業に集中していたちょうどそのとき、友人もまた全力で赤ちゃんのために苦痛と闘っていたのです。誕生したベビーは3500gを超えるビッグサイズ! 彼女の大好きな陸亀にちなんで(ちょっとユニーク…?)陸人くんと名づけられました。

まともに陸人くんの人生の役に立ちそうなことは教えてあげられそうもありませんが、私は気のいい魔女のおばさんの一人として、あの衣装だんすのことや、まぼろしの子どもたちが見え隠れするあのイギリスの屋敷のことなどを、ちらりと話してあげようと思います。

『ナルニア国ものがたり』の映画が始まってほどなく画面に現れる大きな衣装だんす。それは数々のすばらしい児童文学のなかでも、もっとも胸おどるイントロダクションのひとつです。重たげなたんすの扉を開けるスクリーンの中の幼いルーシーに、呼びかけずにはいられませんでした。

「その衣装だんすのこと、私もよく知っているんですよ! 子どもの頃に何百回入ったかわかりませんからね。行ってらっしゃい!」

いつの日か陸人くんのことも、そんなふうにあの衣装だんすに送り出してあげられたらいいなと思っています。

content_btm.gif content_top.gif
2006年03月29日(水曜日)

満開の桜の元、昔を懐かしむ

2006_0327_121730dankazura.jpg
桜が満開になりましたね!
桜の季節を楽しむのは、実に三年ぶり。久しぶりの満開の桜に興奮中です…!
昨年までは桜茶で、春を感じていましたが、今年は桜を求めてウロウロと徘徊しております…(笑)

鎌倉の桜も今が一番の見ごろ。鶴が丘八幡宮まで若宮大路に続く桜並木、“段葛”は1182(寿永元)年、源頼朝が政子の安産祈願のためにつくらせたもので、もとは海岸まであったそうです。また桜並木は提灯で桃色に照らされ夜桜も楽しめます。(写真左)

2006_0328_130828kousokuji.jpg

ついつい懐かしくて、数年ぶりに私が通っていた長谷幼稚園が隣接されている、光則寺(写真右)に行ってきました。この光則寺は花の寺として知られ、枝桜や天然記念物のカイドウが見事です。

この長谷幼稚園では、ユニークな教育をすることで有名な幼稚園だそうです。

例えば私が幼稚園児の頃…
ノコギリやトンカチ、釘を持って、幼稚園児で隠れ家を建てたり…。
山登りをして怖い思いをしたり…。由比ガ浜の海で地引網をして、素手でイワシを触ったり。
カイコを各園児が育ててマユになったら集め、先生が煮えたぎる大きな窯でマユを茹でて絹の糸をとったり…。(せっかく可愛がっていたカイコが茹でられ、私はショックで大泣きした覚えがありますが…。)

確かに園児の経験にしてはユニークですよね。
幼稚園の頃の思い出は、脳裏にしっかり焼きつくほど印象的な出来事が多かったので、今でも鮮明に幼稚園時のことを思い出せます。

新しい幼稚園の建物が建っているものの、私が通っていた頃の幼稚園の建物が未だに残っていました。(写真下 右手の建物が旧長谷幼稚園)建物の中を覗き込むと、小さな頃大きい部屋だったはずの部屋が、とても小さく見えるとともに、幼稚園の頃の懐かしさがこみ上げてきました。

たまにはこうして、お散歩気分で自分の思い出のある場所を訪ねるのもよいものですね。
せっかくの桜の季節、お散歩がてら昔の自分を見つけに行くのも楽しみの一つかもしれません。


2006_0328_131714youchien.jpg


content_btm.gif content_top.gif
2006年03月27日(月曜日)

イチゴと蜂と春風と

蜂とイチゴの花陽気な春風に誘われて、山梨は勝沼まで日帰りドライブへ行って来ました。目指すは「衛生的だし、立ったままイチゴが食べられる果樹園があるらしいよ」と友人が予約をしてくれたおくやま果樹園

ドアにはこんな張り紙。
『蜂がいますのですぐドアを閉めて下さい』

そう、この果樹園では蜂が花から花へと飛び回って、せっせと受粉してくれているのです。花は頭上1メートルほど離れた所に多く咲いていたので、あえて刺激を与えなければ人を刺すこともなさそうで、ひとまず安心してイチゴをほおばりました。

大人になってからのイチゴ狩りは初めてだったので色々な発見がありました。青いうちに摘み取ってスーパーにならぶイチゴは「甘酸っぱい」イメージですが、赤くなるまで摘まずに育ったイチゴって、本当に「甘い」んですね~! コンデンスミルクなど殆どつけずに40~50粒は頂いたでしょうか。

おくやま果樹園そういえば、子どもの頃に行ったイチゴ狩りでは、しゃがみこんで土を払いながら、一粒一粒を慎重に食べたものですが、立ったまま摘み取れる栽培方法なら立ちくらみの心配もないし、土を払う必要もなくて効率的。(ちなみに、この果樹園では土を使っていないそうです) 普段はITの技術革新ばかりに気をとられてしまいますが、こうした農作物の技術も目覚しく進歩しているのだなぁ…と感心しきりでした。

カウンターで運営者の方と少しお話をした折には、蘭オがパソコンで管理されているのが目に入りました。農作物を作るその場でパソコンを見るとは…! 一瞬ミスマッチに見えたのですが、便利で効率的な物が普及するのは自然なこと。童心に戻って社会見学をする気持ちで、見るもの全てに新鮮な感情を抱きながら楽しんだイチゴ狩りでした。

そして帰り道、ふと思いました。
昔、母親が「農薬が付いた輸入の果物や野菜、お菓子の着色料は食べちゃだめ」と口をすっぱくして言っていたことを。

気が付けば、安全な食品を好むようになっていました。今回も安心・安全な果樹園だから…と勧められたことがキッカケで出向いたほどです。(出来れば、そういうことを考えずに採れたての新鮮なものをガブリッと食べたい願望はあります。でも、安全かどうか不安に思うと出来ない・・・。これってとても残念なことですが事実ですね。)

中国茶茶器チンシャンでは「中国の農作物だから不安」ということで中国茶の愉しみを知らずに過ぎている人たちでも安心して楽しめるよう、全て生産情報を公開しています。生産国と日本、更にチンシャン独自の厳しい安全基準をクリアした美味しい中国茶を、是非お楽しみ下さい。

只今のお薦めは「翠玉緑茶」台湾産・有機認定の緑茶です。
生産者・黄さんより「緑茶は不発酵のお茶なので、お茶の中でも、茶葉本来の原始的風味が忠実に味わえると思います。烏龍茶(青茶)の製茶工程で減少してしまう、ビタミンCがそのままたっぷり含まれているのも特徴です。」

少し湯冷まししたお湯で丁寧に抽出するとトロ~ンとした甘みが出て、美味しいですよっ!

content_btm.gif content_top.gif
2006年03月25日(土曜日)

宇宙のひとしずく

060324kawag.jpgごくまれにですが、どうしてこんな写真が撮れたのだろうと自分でも不思議になる1枚が生まれることがあります。

3月、奈良の秋篠寺を訪れた午後のこと。細かな雨がひっそりと町全体を包みこみ、お寺の本堂も、境内に咲きほこる梅の花もやすらかに濡れそぼっていました。

人影のない美しい境内を、傘をさしてゆっくりゆっくり歩いているうち、松の枝に目が吸い寄せられました。緑色の松葉ひとつひとつの先端に雨粒がやどり、冴えた光を放っているのです。その一粒に目をこらすと、水滴の楓ハに世界が凝縮されて映っていました。わずか5ミリほどのしずくが、地球をまるごと含んで、しんと静まりかえっています。

透明な地球はやがて重たくふくらみ、松葉の先から滴り落ちました。あ、地球がひとつ消滅した、と思いました。けれども、となりの松葉にはもうひとつの地球があり、さらにとなりにも別の地球があり、視線を移動させれば松の木全体に無数の惑星が鈴なりになって、銀河さながらにみずみずしくきらめいているのです。

この5ミリの地球の輝きがとらえられますように。そう願いながらレンズを向けると、まさに地球がしたたり落ちようとする瞬間が写っていました。

いま眺めてみると、写真には充足感のようなものも映りこんでいるような気がします。レンズを向けているとき、私は松葉の先端の水滴を見つめるのに集中して、ほかのことはいっさい考えていませんでした。自分が誰かなんてことも、気がかりな考えごとも、濡れた爪先の冷たさも、何もかもが消え去って、ただひたすら息をこらして立ち続けていたのです。

そのときは気がつかなかったのですが、もしかしたら私の意識はなにか<大きなもの>と、つかのま一体になっていたのかもしれません。

content_btm.gif content_top.gif
2006年03月22日(水曜日)

キューバに親近感

昨日のアメリカ・サンディエゴで決勝戦が行われたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)ご覧になりましたか? 私はもちろんLIVEでTV観戦しましたよ…! 今まで野球に興味のない私でしたが、さすがに面白かったですね。
以前住んでいたL.A.から車で2時間ほどの場所にあるサンディエゴ。あと一年早かったら、現地に応援しに行っていたことでしょう…!(L.A.に住んでいる友人達は観戦しに行ったようです。いいなぁ~♪)

2005_0103_091034.jpg
対戦したキューバの選手にとってはアメリカと国交を断絶しているため、アメリカで開催したWBCに参加し決勝戦に進むことは、国としての意味のあることだったでしょう。決勝まで勝ち進んだ選手たちは、帰国後、国民から激励を受けていたようですね。

キューバとアメリカは国交を断絶しているものの、とても近い関係があります。

昨年の1月、フロリダ・キーウェストに車で行った時、アメリカ合衆国最南端を示す巨大なマーカー“サザンモスト・ポイント”に立ち寄りました。(写真左)“サザンモスト・ポイント”には、"90 Miles to Cuba - The Southernmost Point in the Continental U.S.A."と書かれています。キューバまで90マイル(145km)ということは、マイアミの150マイルより、キューバに近い場所ということになります。

2005_0103_123306room.jpg
キューバとの国交があった頃、キーウェストに住んでいた作家ヘミングウェイは晩年キューバで暮らしました。酒、釣り、そして海をこよなく愛したヘミングウェイが書いた『老人と海』The Old Man and The Seaの舞台となった漁村はキューバの首都ハバナ郊外です。(写真右:キーウェストのヘミングウェイの書斎)

文化的にも距離的にもアメリカにとって身近なキューバですが、今となっては、キューバの首都ハバナとアメリカの都市を結ぶ飛行機の直行便さえありません。

とはいえ海を渡ればキューバとアメリカはご近所。(公的な船はありませんが…。)

2005_0101_133418cubarestaurant.jpg
フロリダのマイアミにはキューバからの移民も多く、キューバ料理をいただける気軽なお店が数多くあります。メニューもスペイン語と英語の両方が用意されています。(尚、マイアミのリトルハバナは危険地域とされているので旅行される場合は念のためご注意を!)

キューバ料理の付け合せの一つ“トストネス”は、甘くないグリーンバナナを揚げたホクホクとしたお芋のようで、あっさりとした塩味で美味。
ブラックビーンズの炊き込みご飯“アロス・コングリ”はまるでお赤飯。 “アロス(Arroz)”はスペイン語で「米」ですが、“コングリ(Congri)”はクレオールの言葉で「豆ご飯」という意味。グリルしたビーフ+野菜を、このご飯にのせて一緒に食べるのが“キューバン・スタイル”だとか。

ちなみにキューバの主食は米。キューバと日本は海に囲まれた島国であり、米が主食という、ちょっとした共通点がある気がして、親近感が沸きます。昨日の日本とキューバとの試合後はお互い友好的な雰囲気で、スポーツマンとして爽やかな印象を受けました。両国とも、心のどこかで親近感を感じていたのかも?

content_btm.gif content_top.gif
2006年03月20日(月曜日)

汗と興奮と先手必勝

WBCに本公式サイト3月19日のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)準決勝には興奮した方も多かったのではないでしょうか。私も例外ではなく、楽しんで観戦しました。

前日から悩んだのは、観戦する場所をどこにするか。
自宅でくつろぎながら…も良いのですが、今回はイチロー選手のあの憤りを鳥肌をたてながら見入っていたこともあって、自分もエキサイトしながら一緒に汗して応援したいと思っていました。とはいえ、"野球観戦仲間"がいるわけでもなく、一人でフラリとスポーツカフェに行く度胸もありません。

そこで、狙いをつけたのがスポーツクラブ! 並んでいるテレビのチャンネルを好みに合わせて、イヤホンをつけながら運動が出来るのを思い出しました。しかも、スポーツ好きが集う場所なので適所です。

プレーボール直前に滑り込んでスタンバイ。周りには似たような考えの人たちが集まっていて、各々に約2時間余り続けられそうな器具を陣取っています。私も、まんがいち、万歳をしてしまった時に後ろの人の迷惑にならないように、後方にあるエアロバイクにまたがって観戦。ペダルをこぐと電気が通ってイヤホンの電源が入る仕組みです。休憩するとプツッと切れてしまうので、応援するためには、私も汗しなければならない所がポイント。しっかり水分補給できるよう、大きめのペットボトル持参です!

いざ試合が始まっても、6回までは時折「ハッ」と画面に釘付けになるシーンもあったものの、周りの目も気にしながら黙々と運動するばかり。 ところが・・・。代打で登場した福留選手が2ランを放つと、その場にいた誰もが「よっしゃ!」「きたっ!」と拍手喝采! もちろん、私も拳を握り締めてペダルの回転数も上がってしまう有様。 (嬉しさって、身体で表現すると気持ち良いんですよね!) それまでの黙々とした空気が一変して、不思議な「一体感」が生まれるのを感じました。

スポーツしかし、想像してみて下さい。イヤホンをしながら黙々とマシンを動かしていた人たちが、突然に拍手喝采をする瞬間を。ストレッチや筋トレなどイヤホンをつけていない人たち、あるいは、他チャンネルでイヤホンをつけていた人たちにとっては「えっ!?何事?」と思われたことでしょう。私の後ろを通り過ぎたおじさんがボヤいていました。「今日は準決勝だったな。どおりで、マシンが混んでて使えないはずだ・・・」と。

帰宅してから、あまりに興奮冷めやらなかったので、まずは一杯…落着くように香りに癒されそうなお茶をいれてリラックスしました。興奮すると、頭も疲れるうえ、今回は思わず力が入った運動をしてしまったので体も休めてあげなくちゃと、ホットで。こういう時の一杯は、美味しさが増すものなんですね~!

さぁ、明日はついに決勝! 観戦する側も、ベスト・ポジションは先手必勝ですよ! あなたはどこで、最後の興奮を味わいますか?

content_btm.gif content_top.gif
2006年03月19日(日曜日)

小学校の校庭、春先の雨

060319kawag1.jpg京都の繁華街の一角にある京都芸術センターは、廃校になった小学校の建物を改修して造られた施設です。小雨の降る夕方、すこし道に迷いながら古い建物の門をくぐりました。

建物にはなつかしい匂いがしていました。かつては教室だった空間が、若手アーティストたちの作品を展示するギャラリーになったり、劇場になったり、図書室になったりと、新たな役割を与えられて甦っています。

踏みしめるたびにきしむ木の階段の中央には、白線が残っていました。そういえば小学生の頃には、「廊下は走らない」「右側歩行」と、先生がたに耳にタコができるほど繰り返されましたね。当時はなぜ先生がたがやっきになって私たちを走らせないようにするのかと不思議だったものですが、今、子どもたちが狭い場所でやみくもに走り回っている姿を見かけると、子どもどうしが正面から激突して歯でも折りやしないかとひやひやしてしまいます。

060319kawag2.jpg校庭を囲む教室のひとつにカフェが設けられており、コーヒーと、昔の喫茶店ふうのミートメ[ス・スパゲティをいただきながら、子どもの頃から雨の日の授業が好きだったことを思い出していました。絶え間のない雨の音と、室内にこもる静かな気配は、なんとも心を落ち着かせてくれるもの。

カフェを出たあとも、廊下の窓ごしに、暮れ方の校庭に降りしきる細かな雨と、水たまりに映る校舎の灯を眺めたまま、長いあいだ立ち去ることができませんでした。

content_btm.gif content_top.gif
2006年03月15日(水曜日)

大人の女性の日

2006_0313_120210.jpg3月8日にある方から、庭に咲いたミモザの花をいただきました。
この3月8日はイタリアにおける「女性の日」=「FESTA DELLA DONNA(フェスタ・デッラ・ドンナ)」です。

この日イタリアでは、男性が日ごろお世話になっている女性にミモザを贈り感謝をする日。女性にとっては暖かな日が訪れるとともにミモザをプレゼントされる春らしい日となります。

数年前3月8日に偶然イタリアに旅行に行ったことがあるのですが、街中がミモザであふれていました。ワゴンにミモザの花だけを詰め込み路上でミモザを売っていたり、仕事中のスーツ姿の男性がミモザを片手に街をあるいていました。ステキな風習ですよね。

日本で3月の行事といえば「ひな祭り」。いわゆる「女の子の日」。既に「女の子」ではなくなってしまった大人の女性にとってはある意味無縁…。
となると3月14日の「ホワイトデー」になるのでしょうか?でもホワイトデーはあくまでもバレンタインデーのお返しという位置づけです。

そうなると…日本では「大人の女性の日」というのがないですよね。
殿方から自主的に“女性に贈る日”があるとステキなのに…♪
特にこんなに春うららな日に花を贈られたら嬉しいなぁ。

content_btm.gif content_top.gif
2006年03月13日(月曜日)

餃子とウーロン茶

餃子とウーロン茶ジュゥ~~~ッと鉄板で焼かれている最中から漂う、食欲を刺激する餃子のにおい。油と肉汁の加熱されたにおいって、どうしてあんなに空腹感を呼び覚ますのでしょうね。いえ、写真のように、ギトッと油を感じさせる…それでいてツルッと舌ざわりの良さそうな皮を見ただけでもゴクリッと身体が反応しませんか?

先週から気になって仕方なかった餃子。電車の吊り広告で特集雑誌を見つけてから、ずっと餃子について考えていました。「ご当地餃子」という文字が気になって。「ご当地」!?餃子にも、そんなにバリエーションがあったなんて・・・!まして、雑誌広告にあるご当地の見出しの下には、私の故郷「浜松」の文字。いやはや、お恥ずかしながら、ご当地と言われるような餃子があったことを知りませんでした。。。

好奇心に背中を押されて、先週は夜な夜な(空腹感を覚えながら…)餃子の歴史や地方の特長を調べていました。そして、週末には待ちかねた食べ歩きを決行!日本全国の餃子を求め、いえ、本場中国の餃子も求め…お腹の許す限り、都内で巡れるだけの店舗を何店か食べ歩き。

最もホッとしたのは、やはり浜松の石松餃子。円状に並べた餃子の中央にモヤシを添えるのって、浜松のご当地餃子だったのですね!(そういうモノだと思ってました…東京はモヤシを添えてくれないからケチなのかなぁーなんて思ったりして…笑)

新しい発見があったのは讃岐地方の柚子を絞ってかけ、胡椒をつけて食べる餃子!これは、本当に病みつきになりそうです。サッパリしているのにパンチがある。しかも、中の餡の旨みが生きてくるんですよ。油っぽさを感じさせず、胃もたれしなさそうで気に入りました。

他にも、日本でも中国でも寒い地域(北側)ほど皮が厚くモチモチしていて、南下するほど薄くなっていく・・・だとか、タレは酢:醤油の割合が、北側は9:1(酢が多い!)~東京(7:3)~九州(5:5)という風習があったり、薬味にラー油を入れたり柚子胡椒を入れたり、メ[スで食べる地域もあったり!思わず「目玉焼きには何つける?」を連想させるような感覚で、驚きと発見と満腹の一日でした。

こんな調子で、一緒に付き合わせた友人には、調べ上げた餃子の歴史やご当地の特長を得意げに語りながら、午前中にスタートした餃子の旅も、深夜0時近くにまで及んだのでした。

残念だったのは、こんなに油ばかりとったのだから、食後には温かいプーアル茶でサッパリと油分を流したかったけれど、あいにく日本にはそういう文化が根付いてない(らしい)こと。かろうじて発見したのはジャスミン茶、しかも冷茶。もしくは、ホットウーロン(ペットボトルを電子レンジで温めたようなもの)止まり。ホットプーアル茶も定着して欲しいと願った週末でした。

content_btm.gif content_top.gif
2006年03月10日(金曜日)

魂は星にもらった

060311kawag2.jpg本のページをめくっているとき、世にも美しい一句をみつけました。


  かたつむりたましひ星にもらひけり

     (成瀬櫻桃子)


小さなかたつむりの中にもひっそりと魂が宿り、光を放っているという発見。
それは遠い星にもらった微かな光です。地上に立って見上げるとき、夜空を何千光年もへだてた星は、うんと目をこらさなければ見えないほどの弱々しい光にすぎません。

でも、もしも私たちが肉体を飛び出して、遙かなその星のすぐそばに行ったなら、爆発的に燃えさかるエネルギーの輝きを前に、目も開けていられないことでしょう。

060310kawag1.jpg無限の輝きを内包して、ちらちらとまたたく小さな魂。その白い星の光が、かたつむりの薄い殻の内側からほのかに透けて見えるようです。宝石のような光を抱いて、かたつむりはただ無心に枝を這っていきます。

私の魂もまた、かたつむりと同じように、星にもらったような気がしてなりません。遠くでひそやかにまたたいている小さな小さな星。その無限のつつましい光を大切に抱いていること。それができるなら、果たすべきことはもう何ひとつないのかもしれません。

content_btm.gif
 1 2