« イチゴと蜂と春風と | メイン | 花びらと雪の舞う、あの衣装だんすのこと »

content_top.gif
2006年03月29日(水曜日)

満開の桜の元、昔を懐かしむ

2006_0327_121730dankazura.jpg
桜が満開になりましたね!
桜の季節を楽しむのは、実に三年ぶり。久しぶりの満開の桜に興奮中です…!
昨年までは桜茶で、春を感じていましたが、今年は桜を求めてウロウロと徘徊しております…(笑)

鎌倉の桜も今が一番の見ごろ。鶴が丘八幡宮まで若宮大路に続く桜並木、“段葛”は1182(寿永元)年、源頼朝が政子の安産祈願のためにつくらせたもので、もとは海岸まであったそうです。また桜並木は提灯で桃色に照らされ夜桜も楽しめます。(写真左)

2006_0328_130828kousokuji.jpg

ついつい懐かしくて、数年ぶりに私が通っていた長谷幼稚園が隣接されている、光則寺(写真右)に行ってきました。この光則寺は花の寺として知られ、枝桜や天然記念物のカイドウが見事です。

この長谷幼稚園では、ユニークな教育をすることで有名な幼稚園だそうです。

例えば私が幼稚園児の頃…
ノコギリやトンカチ、釘を持って、幼稚園児で隠れ家を建てたり…。
山登りをして怖い思いをしたり…。由比ガ浜の海で地引網をして、素手でイワシを触ったり。
カイコを各園児が育ててマユになったら集め、先生が煮えたぎる大きな窯でマユを茹でて絹の糸をとったり…。(せっかく可愛がっていたカイコが茹でられ、私はショックで大泣きした覚えがありますが…。)

確かに園児の経験にしてはユニークですよね。
幼稚園の頃の思い出は、脳裏にしっかり焼きつくほど印象的な出来事が多かったので、今でも鮮明に幼稚園時のことを思い出せます。

新しい幼稚園の建物が建っているものの、私が通っていた頃の幼稚園の建物が未だに残っていました。(写真下 右手の建物が旧長谷幼稚園)建物の中を覗き込むと、小さな頃大きい部屋だったはずの部屋が、とても小さく見えるとともに、幼稚園の頃の懐かしさがこみ上げてきました。

たまにはこうして、お散歩気分で自分の思い出のある場所を訪ねるのもよいものですね。
せっかくの桜の季節、お散歩がてら昔の自分を見つけに行くのも楽しみの一つかもしれません。


2006_0328_131714youchien.jpg



「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 人気Blogランキングに参加しています。クリックで応援してね。 「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 

content_btm.gif content_top.gif

カーラ| チンシャン| アイネスト
人気Blogランキング ←クリックして応援してね
content_btm.gif