« 2006年06月 | メイン | 2006年08月 »

content_top.gif
2006年07月09日(日曜日)

音から色へ、ランボー変換

060707kawag.jpgAは黒、Eは白、Iは赤、Uは緑、Oは青。

詩人ランボーはよく知られた詩のなかで、母音を鮮やかな色に変換してみせました。

なぜAが黒くてEが白いのか、理由についてはさまざまな謎ときが試みられており、中には非常に説得力のある説も、むやみに色っぽい説もありますが、勝手ながら私は、ランボーの頭のなかに音を色彩にむすびつける回路があったのだと想像しています。音を聞くと自動的に色がイメージされる回路が。

たくさんのひとが、そんな回路を持っているのではないでしょうか。変換結果はそれぞれ違うかもしれないけれど。

ドは空色
レは黄緑色
ミはイチゴ色

私の回路は、音階をそのように変換します。なぜか数字の3を見てもイチゴ色が浮かんできます。ランボー回路をもっている人々の変換結果を集めたらおもしろそうですね。

content_btm.gif content_top.gif
2006年07月06日(木曜日)

緊急メンテナンス実施のご報告

いつもアクセスして頂きまして誠に有難う御座います。お陰様で、当ブログが運営を開始してから今月で21ヶ月目(1年9ヶ月)を迎えることが出来ました。本当に感謝しております。

昨日は昼頃~夜間に掛けて一時的にアクセス不狽ノなるなどご迷惑・ご心配をお掛けいたしました。申し訳ありませんでした。このたび、緊急メンテナンスを実施致しましたのでご報告致します。

この関係で、毎週 水曜日 更新の下井美奈子さんの記事を、大変勝手ながら 延期 お休み とさせて頂きました。楽しみにお待ち頂いていた読者の皆様、大変申し訳御座いませんでした。

また、これまでもコメントの受付は控えておりましたが、当面の期間はトラックバックの受付も控えさせて頂きますのでご理解・ご了承下さいますようお願い致します。


これからもカフェ好き、スウィーツ好き、中国茶好き…なライター陣を取り巻く様々なお話をお楽しみ頂けるよう、励んで参ります。どうぞ、宜しくお願い致します。


content_btm.gif content_top.gif
2006年07月03日(月曜日)

朝の魔法

ミルクセーキとパッションフルーツジャム遅刻してでも朝食はしっかり摂る主義の私…というと、栄養バランスを考えているように聞こえますが、私の場合は、ワクワクした一日を過ごすための「魔法」といった位置づけが朝食。とりわけ、(下井さんの日誌にもありましたが、)私も「朝スイーツ」をよく楽しみます。

特に、なんとなく明日はヤルキが出なさそうだな…という予感がしたら、ケーキを朝ごはんにします。すると、目覚まし時計が鳴るのが楽しみになって、快く目覚めることが出来ます。

そんな「ワクワクする食」って、一日を元気に過ごさせてくれる魔法のようなものだと思うのです。

中国茶はもちろん私にとってのワクワク要因の一つですが、他にもお気に入りのチーズやサラダ、ドライフルーツ、フレッシュジュース、お菓子などなど自分を飽きさせないためのワクワクの切り札をいくつか持っています。割と多いのがジューサーで果物や豆乳、野菜、牛乳などがシェイクされること。

たとえばこの週末はミルクセーキ(写真右奥)を作りました。幼い頃に母が作ってくれた味が忘れられなくて、未だにそのままのレシピ(タマゴ1個、牛乳200ml、砂糖少々、バニラエッセンス)で楽しんでいます。


メインは頂き物のジャム。左のパッションフルーツジャム(沖縄産)は元気の塊のような幸せの味。一瞬にして南国に飛んでしまったかのような錯覚に陥らせる甘みと酸味の爽やかなハーモニーはワクワクの魔法の一つになりそうです。左のブルーベリージャムはずっしりと木の実の粒が残る食べ応え。こちらは既にワクワクの一品としてしばしば食卓に登場しています。

あわせるパンも、週末なら焼きたてを買いに走ることもしばしば。その分、サラダはレタスをちぎった上に小粒のトマトをのせただけの簡単なもの。スープも昨夜の残りで…と手抜きも忘れません。(笑)


朝食でワクワクの魔法が掛けられなかったときには、中国茶を丁寧に淹れてフォローしています。平日でも仕事柄、好みのお茶で一服できるのが幸いです。

あなたにもワクワクの魔法ってありますか?


content_btm.gif
 1 2