« コンフィチュール エ プロヴァンス | メイン | Halloween! »

content_top.gif
2006年10月30日(月曜日)

市場のお祭り

突然ですが、みなさんは市場に行ったことはありますか?私は先日、大田区にある大田市場のお祭りに行ってきました。

東京の「市場」と聞くと「築地市場」を思い浮かべる方が多いかもしれません。築地市場は、珍しい青果物や魚介類を多く取り扱っているため、レストランや割烹のシェフが多く通っています。交通の便もよく、観光客も多くマグロのせり風景を写真に収めようとする外国の方をよく見かけます。雑誌やテレビの特集などでも、築地市場のお寿司屋
が取り上げられていますね。

一方、大田市場はJR品川駅、大井町駅からバスで15~20分、羽田空港に向かう高速道路からも見える場所にあります。出かけるには少々不便ですが、空港や高速道路に近いため、全国から多くの青果物が集まることで有名です。青果物に関しては、日本一の量を扱う大きな市場です。

パイナップル大田市場祭り。毎年開催されているようなのですが、私は今年初めて参加しました。不便な場所だし、市場祭りに出かける人なんてそんなにいないだろうと、ゆっくりお昼頃到着すると、会場には既に人がたくさん。目当ての新鮮な野菜・果物はほとんど売り切れで、購入できたのはミニトマトのみ。そのかわり、目の前でカットし、割り箸をさしたパイナップルを食べ、青空の下で焼きそばを食べました。タマネギの丸ごとスープや芋煮汁もいただきました。普段は関係者しかいないはずの市場で、子どもからお年寄りまで、いろいろな方が楽しそうにしている姿を見ていると、不思議とうれしくなってしまいました。

私はこうやって季節に1度くらい、市場に遊びに行きます。季節の食材を見るのは楽しいし、とても勉強になります。市場に行くと「自分が食べている食材は、こうやって市場を経由してくるんだな。じゃあ、市場に来る前はどこで、誰に、どうやって育てられたのだろう?」なんて考えてしまいます。

友人で、野菜・果物、作り手の農家さんに興味を持ち、ついに自分で産地直送の通販サイト「やさい暮らし」を立ち上げた方がいます。生産者の顔が見える食材って、なんだか安心するし、ストーリーに「へ~」なんて思ってしまうものですね。

 私の担当するガストロノミアでも、赤土のお鍋の歴史、生産者の方の思いなどをもっと上手にみなさんにお伝えできれば、と思っています。みなさんからのご意見や質問、アドバイスをお待ちしています!


「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 人気Blogランキングに参加しています。クリックで応援してね。 「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 

content_btm.gif content_top.gif

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://diary.qingxiang.jp/mt/mt-tb.cgi/53

カーラ| チンシャン| アイネスト
人気Blogランキング ←クリックして応援してね
content_btm.gif