« 母の日にお料理はいかが? | メイン | 自由が丘「とろそば屋」 »

content_top.gif
2007年04月18日(水曜日)

夜の街 銀座にふさわしい洋菓子店

20070418.jpg
4月も半ばを過ぎたのに、何故か寒いですね。
冷たい雨が降る中、4月17日に銀座8丁目にOPENした“GINZA MARQUISE”のレセプションにご招待いただきました。

この“GINZA MARQUISE”の特筆すべきは夜中の2:00まで営業していること。
銀座8丁目近辺はクラブがいくつもあり、夜が最も華やか。銀座にあるようでなかったミッドナイト営業のお店が登場です!取引先の接待や会食、帰宅後に大切な人と過ごすための手土産など、深夜にスイーツを買う方にとって嬉しいお店です。

店内に入ると曲線の美しいショーケースに色とりどりのエクレアや、米粉をつかった口どけのよいロールケーキが並びます。
エクレアは上にデコレーションされたチョコレートのプレートがパリッとし、シュー生地がサックリ。そして中からほどよい甘さのクリームがとろけてきます。これはクセになる味わい。私はビターな味わいのショコラが気に入りました。
ロールケーキは口どけもよく、米粉ならではの不思議な食感。細くて可憐なカロリーヌも見た目にも愛らしいので贈答品として喜ばれるでしょう!

また翌゚オーダーできるケーク・クチュールも魅力。
その一例ですが、女性のハイヒールをかたどった飴細工は、デザインや色など、すべてオートクチュール。そして全て左足用。
何故左足用かというと、シンデレラの靴は左足だからということで、ガラスの靴に見立てて作られているそうです・「僕のシンデレラへ」という気持ちで、世界に一つだけのスイーツをプレゼントするなんて、ちょっとキザだけど華やかな銀座のイメージにぴったり。
お誕生日や結婚記念日等のアニバーサリーはもちろん、大切な方への特別なプレゼント、自分へのご褒美など、様々なシーンで利用できますね。

蛇足ですがレセプションに行く途中、傘をさしながらボーっと歩いていると、銀座のクラブの方から「働きませんか?」と突然名刺を渡されました。クラブのホステスに勧誘されたのは初めて。丁重にお断りしておきましたが、こんなに素敵なスイーツをいただけるなら、ちょっと働いてみたいかも?(銀座ホステスの道はそう甘くないでしょうけど…^^;)


「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 人気Blogランキングに参加しています。クリックで応援してね。 「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 

content_btm.gif content_top.gif

カーラ| チンシャン| アイネスト
人気Blogランキング ←クリックして応援してね
content_btm.gif