« 2007年06月 | メイン | 2007年08月 »

content_top.gif
2007年07月28日(土曜日)

人のいる動物園

070727kawag2.jpg北海道旅行の途中で旭山動物園に立ち寄りました。たびたび大きく報道されてきたので、現代的ですべてが美しく整備された園内を想像していたのですが、行ってみれば手作りの素朴なぬくもりでいっぱいの、でこぼこした動物園。逆にそれが魅力になっているのですね。

暑さをものともせず水の中をすいすいと泳ぎ回る園内の二大スターは、もちろんシロクマとゴマフアザラシ。すでに彼らの姿をご覧になった方も少なくないかもしれませんね。

どうしてシロクマもアザラシも笑っているように見えるのでしょう? 群がる人間たちの姿がおかしくて、ついにやりとしているようにも思えます。くねるおしりも軽やかに、自由自在に動き回っているのはシロクマやアザラシのほう。混雑で身動きがとれないのは人間のほうです。

この日も、シロクマのごはんタイムには見物客の長い行列ができていました。巨大なシロクマがまじかで小魚をとらえるさまは壮観。おまけに、シロクマの足の裏までじっくりと観察することができました。
シロクマの足の裏がこんなに可愛いなんて! もし人間を襲う気になったら私たちなどひとたまりもないにもかかわらず、その足の裏は、まんまるな黒いパンケーキそっくりなのです。
「足の裏がチャームポイントの動物……」
私のシロクマ観が大きく変わった一瞬です。

070727kawag1.jpgしかし何よりも心に残ったのは、ここに動物たちの世話をし、試行錯誤を重ねながら動物園をけんめいに作り上げている人々がいるという「人の気配」でした。実際にその人々の姿を見かけることはなかったのですが、園内のいたるところに立っている手書きの看板から、彼らがいきいきと働き、そして考える姿が強く伝わってきました。

動物が病気になったとき、動物のお医者さんはどんなふうに治療するか。
クモザル3匹がどうしてべつべつの檻に入っているのか。

手書きの看板には、そういったことがやさしい言葉でいきいきと綴られているのです。この動物たちの魅力をわかってほしい、思いきり楽しんでほしい、そして自分たちのしていることを知ってほしい……作り手の人々のそんな真剣な思い、息づかいがこれほどまでに身近に感じられるのは驚きでした。

人のいる動物園。
旭山動物園の風景を思いだすとき、そんな言葉が浮かんできます。

content_btm.gif content_top.gif
2007年07月25日(水曜日)

レストランウェディング

もう梅雨明けと思うほど晴れていますが、関東の梅雨明けは8月にずれ込むと気象庁は言っていますね(25日の日経ニュースより)。もう梅雨明け宣言してもよいんじゃないかな?

P4290017.jpg梅雨の最中、友人の結婚式2次会に行ってきました。
友人の新郎は2回目の結婚式。新郎はギャグで「3回目の結婚は無いよう頑張ります!」と言ってたけど、今度こそ幸せになってね☆応援してます。

私の友人の結婚式はホテルよりレストランで挙げる方が多いです。
かくいう私もレストランウェディングを代官山にあるリストランテASOで挙げました。恥ずかしながら詳しくはコチラに書いてます。(写真は結婚式当日のもの)

ウェディングケーキも引き菓子も作りましたよ☆
あー懐かしい。あの頃は初々しかったわ。

友人の取りまとめでよせがきコムというサイトで300人近い友人達からお祝いメッセージをいただいたり、ブーケを友人が作ってくれたり、面白い新聞を友人が作ってくれたり・・・。改めて友人達にも御礼したいな。

OL美食特捜隊の読者の方からは「同じ日に花嫁さんが何人もいるようなホテルではなく、食事も美味しいレストランで挙げたい」という意見もありました。

こちらのページにお薦めレストランウェディング情報も集まっています。こうして読者の方同士が見知らぬ相手のために情報を投稿されるのは見ていて感動してしまいます☆情報ありがとうございます!)

もちろんホテルでの結婚式の良さも、十分ありますよ!遠方の方に同じホテルで宿泊していただいたり、エレベーターがあってご年配の方に良いなどなど。

皆さんは、どこで結婚式を挙げたいですか?どこで挙げましたか?


さて今週末は、参議院議員 選挙日
当日行けない方は期日前投票もお忘れなく☆


content_btm.gif content_top.gif
2007年07月23日(月曜日)

やさしいケーキ

パウンドケーキ最近、ケーキ作りに凝っています。

それも、お砂糖も卵もバターも使わないパウンドケーキです。
え?そんなので、ちゃんと美味しいケーキが作れるの??
はじめはそう思ったのですが、なかなかあなどれないケーキができるのです。

お砂糖の代わりにはちみつやメープルシロップを、
バターの代わりになたね油を少し、
膨らますのはベーキングパウダーを使います。
(その他、豆乳やりんごジュースも少し加えます)
あとは小麦粉だけ。

すべてを混ぜて、焼くだけなのでとってもカンタン♪

上の写真はプレーンのパウンドケーキにナツメグパウダーをたっぷり加えたもの。たまたま近くにあったのでナツメグを使用したのですが
スパイスの定番、シナモンよりやさしい味になりました。

下の写真は小麦粉の半分をきな粉にかえた、きな粉と黒ゴマたっぷりのケーキ。
きな粉の味が和風で、ほうじ茶に合う味になりました。

見た目は無骨、でも噛むほどに味わい深い。
体も喜びそうなほっとする味なんです。(会社での評判も上々でした!)ベーグルや玄米、ライ麦が好きな方にはおすすめのケーキです。

そして素朴なケーキを乗せるなら、プレートも優しさを感じるものが良いですね。

content_btm.gif content_top.gif
2007年07月21日(土曜日)

夏の小さな音

070721kawag1.jpg川崎大師ののんびりした風鈴市にでかけました。日が暮れて、境内には浴衣を着た盆踊りの踊り手たちや、はしゃぐ子どもたち、そぞろ歩きの大人たちが勢ぞろい。みんながちょっとほぐれた撫薰オている場所はいいものです。

ずらりと並ぶ屋台の電球に照らされているのは、全国から集められた2万個以上の風鈴たち。昔ながらの江戸風鈴から、京都の竹風鈴、瀬戸焼の風鈴、荻焼の風鈴、長野県諏訪でつくられているエミール・ガレ風の流麗な風鈴、デザイナーによる小さな現代彫刻のようなかたちの風鈴まで、いつのまにこんなに進化したのだろうと目をみはりました。

070721kawag2.jpgときおり微風が吹くと、いっせいに短冊がそよいで音色を響かせます。手吹きガラスの風鈴の澄んだやさしい音、銅の風鈴のかろやかな音、南部鉄の余韻豊かな音。

同じかたちの風鈴でもひとつひとつ微妙に音色が違うので、買おうとする人々はみな、何度も手で鳴らして耳をかたむけ、こっちのほうがいい?などと言い交わしながら音色を選んでいます。売り子たちも心得たもので、なんとなく買いそうな雰囲気を漂わせた人々が歩いてくると、すかさず総出でうちわを使って音色を響かせるのでした。

目を閉じて風鈴の音だけに耳を澄ませていると、昭和も明治も江戸も、その小さな響きのなかで幾重にも層になり、微細にふるえながらつつましい余韻を残しているように思えます。その後、焼き鳥とビールで至福のしめくくりに入ったときも、風鈴の音がずっと耳の底で小さく響いているようで消えませんでした。

content_btm.gif content_top.gif
2007年07月18日(水曜日)

美しい花嫁

2007_0707_124936.jpg

本日TBSで放送された「余命一ヶ月の花嫁」を途中からですが見て、号泣しすぎ…放心状態です。乳がんのため余命一ヶ月と宣言された長島千恵さんの最後の一ヶ月のドキュメンタリー。辛い状況に置かれながらも笑顔が可愛い、女性から見てもとてもキュートな女の子です。

TVを見てから彼女のことばかり考えてしまって、思い出しては涙してしまうほど…。
そのため、もともと書こうと思っていた軽いトーンのブログを書く気にもなれないのです。ごめんなさい。

TVの中でも紹介されていた彼女のブログの言葉にも心打たれました。

「みなさんに明日が来ることは奇跡です。 それを知ってるだけで、日常は幸せなことだらけで溢れてます。」

「もしかしたらこれからもっと辛い事があるかもしれない。 でもね、私にはそれをカバーしてくれるほどの幸せも感じることができるんだな。 それってすごいこと、とってもありがたいこと。 一生をかけて感謝します。 まわりの人を大切にします。 私もみんなを幸せにできるようがんばります。 」(千恵さんブログより)

日々の大切さ、周りの人の大切さを改めて考えさせられました。

そして乳がん検査の大切さも。
私は、触診もマンモグラフィーも20代から受けています。ちっとも恥ずかしいことではないですよ。
皆さんにも検査をお薦めします。

(マンモグラフィーについてはコチラのサイトで詳しく書かれています。)

おこがましいとは思いますが…このブログにこうして書くことで、千恵さんが残した言葉を少しでも多くの方に知っていただき、乳がん検査に対する意識が少しでも高くなればと思い書かせていただきました。

心よりご冥福をお祈りします。

content_btm.gif content_top.gif
2007年07月17日(火曜日)

3連休は巣籠り

梅雨真っ只中ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
先週は3連休でしたが、台風上陸で予定マ更された方も多かったのではないでしょうか?

私は久々にゆっくりと室内で3連休を過ごすことにしました。

070521-staff-yosi-11.jpg時間に余裕がある休日だからこそ、たまにはゆっくりとお茶を入れよう、と思い立ち、ちょっと前に紅茶専門店「ルピシア」で購入したフレーバーティーをゆっくり堪能ることにしました。お湯を注ぐときに立つ香りを楽しみながら、実際飲むとどんな味がするのかと、わくわくします。


実は以前まであまり好んで飲んでいなかったフレーバーティー。妹のすすめで飲み始めて以来、その多彩な香りに魅了されてしまいました。
その日の気分によってマスカットにしたり、アップルにしたり・・・。チョコレートの香りがするおもしろいフレーバーティーもあります。ちょっと心を落ち着かせたい時や、疲れをとりたいとき、そのときの気分で自分の好きなフレーバーを選びます。
妹はダイエットとして飲み始めたようで、甘いものが食べたいときにフレーバーティーを入れると効果があるようですよ。
私の場合、フレーバーティー、+クッキー、時にはケーキ、ですが・・・。まぁ、楽しみ方は人それぞれですから!


*3連休の最終日に襲った地震。まさかこんな方で3連休を終えるとは・・・。被災地の方にとっては最悪の休日となってしまいました。被災地の1日でも早い復興を願うばかりです。

content_btm.gif content_top.gif
2007年07月14日(土曜日)

小山薫堂のパン屋さんの「百年カレーパイ」

070713kawag1.jpgたいへん好きなクラシックホテルのひとつ、日光金谷ホテルのシェフと小山薫堂のオフィス「ORANGE」のコラボレーションにより、神谷町にパン屋さん「オレンジのバイテン」がオープンしました。

用事ついでに立ち寄ったところ、それほど目立つ店高ヲにはしていない、こじんまりしたお店にもかかわらず、次々に女性のお客さまがひとりで訪れては1個、2個とパンを買っていきました。それもそのはず、このシンプルで楽しげなお店は「山椒は小粒でぴりりと辛い」という感じのオーラを放っているのです。

070713kawag2.jpg話題の中心は、なんといっても「金谷ホテルの百年カレーパイ」(320円、写真の左側)。シェフと小山薫堂が試行錯誤を重ね、金谷ホテルのスパイシーなのに甘さたっぷりで濃厚な「百年カレー」を、さっくりふんわりしたパイ生地で包んだもの。深みのある甘さの正体は、やわらかな干し白ぶどうでしょうか。上品だけれどしっかり効かせたスパイスも効果的です。

ガラスケースにはこのほか、「昔ながらの手作りパン」として、ほんのり甘いバタークリームにみかんを並べた、チャーミングな「みかんパン」(160円/写真の右側)、揚げパンにきなこをまぶした「黄金パン」(140円)、こっぺぱん各種(150円~160円/ピーナツバター、あんバター、ジャムバター)、メロンパン(160円)、コロッケパン(250円)、やきそばドッグ(240円)など、ちょっとなつかしいパンが並んでいました。

070713kawag3.jpgどのパンも素朴で魅力的に見えるうえに、カウンターの中にいた感じのよい女性スタッフが、質問すればなんでも的確に答えてくださるので、ついつい、2種類のチーズを入れた「ちーずぱん」(160円)と、ふだんなら決して選ばないジャムバターの「こっぺぱん」までついでに購入し、さらに、可愛いオレンジ色の洗面器に涼しげな氷といっしょに浮かんでいたオレンジジュースも購入。
この100%オレンジジュースは和歌山産で6種類。糖度12度以上の甘いみかんをしぼった「味一しぼり」(350円)、あまずっぱい温州みかんをしぼった「きよみ手しぼり」(250円)、さわやかな「はっさく手しぼり」(250円)など。のどがかわいていたので、ジュースだけ店内でいただきました。

ただひとつの後悔は、1つだけあったスープメニューに気づかずに注文しなかったことです。カウンターのはしに白いル・クルーゼのお鍋が飾られていたので、もしかしたらお総菜もあるのかしら、とは思ったのですが。次回は「冷たいポテトポタージュスープ」(420円)も忘れずにいただくつもりです。

オレンジのバイテン
東京都港区麻布台1-11-10
TEL 03-3560-3725
OPEN 11:00~18:00、土日祝おやすみ
オレンジのバイテンのブログ

content_btm.gif content_top.gif
2007年07月12日(木曜日)

北海道旅行

20070707.jpg
週末、北海道に旅行してきました。
北海道に住む友人、そして取りまとめ上手な友人のおかげで大人12名、お子様5名の大所帯での旅が実現しました! 幹事をしていただき心から感謝です。

そして一緒に過ごした、気配り上手で明るい友人達のおかげで、楽しいひと時を過ごせました。ほんと楽しかった♪

しかも宿泊先は農家のファームインコテージ。緑に囲まれた自然の中にあるログハウスです。露天風呂はついているし、BBQはできるし、キッチンはあるし、清潔だし。
紹介じゃないと宿泊できないそうで、これまたお友達に感謝!

川沿いにある秘湯にいき温泉にはいったり…
緑に囲まれてのんびりしたり…
この日のために熟成した芽室みらい牛や本シシャモ、厚岸の牡蠣をBBQで食べたり…
宿泊先の農家で、とれたての卵で卵かけご飯を食べたり…
ファーマーズマーケットに行って新鮮な食材を買ったり…
東京では手に入りにくいフレッシュなハスカップを食べたり…
無殺菌乳を使用したャtトクリームを食べたり…


…はっ! 思い出が“食”のことに偏っているっ。

ただの食いしん坊バンザイ的な旅じゃないですよー。ロマンチックな夜の出来事もあります。

7月7日の七夕だったこともあり、生まれて初めて七夕の日に天の川を見ることができました。こんなに肉眼で星って見えるんだと感動もしました。宇宙が近く感じます。

そうそう、また食の話に戻りますが…農家の方に面白い話を聞きました。
卵は若い鶏が産んだ卵は殻がツルツルで、ちょっと歳をとった鶏が産んだ卵はザラザラでシミみたいなのがあるんです。実際見比べましたが一目瞭然の違いがありましたよ。

「ちょっと人間の肌と同じじゃない」と30代女子の意見が一致した瞬間でもありました^^;

卵写真はコチラ>>

content_btm.gif content_top.gif
2007年07月09日(月曜日)

おいしいお料理

ブラッドオレンジのゼリー最近、ガストロノミアサイトでお世話になっている料理研究家、紺野優子さんと一緒においしい物を食べる機会が多いです。『おいしいもの』は、理由なく人を幸せにしてくれるなぁと、改めて実感しています。

ちょうど二週間前に、表参道のアクセサリーサロンにて、期間・数量限定の紺野優子ランチを味わってきました。紺野さんには、これまで何度かお仕事でお世話になり、プライベートでも大変良くしていただいていますが、お世辞抜きで言います。

感動しました。

写真が当日のコースメニュー(ちなみに、器は姉妹サイトのKAHLAです)。前菜の盛り合わせ(揚げ茄子のマリネとガスパッチョ、カプレーゼ、天使の海老とアスパラガスのャeー、スモークサーモンと枝つきケーパー、生ハムメロン)、ズッキーニとパンチェッタのペンネ マスカルポーネクリーム、アリスタ イタリア産白いんげん豆とバジルのメ[ス、ブラッドオレンジのゼリー、パン&コーヒー。いくらお料理の先生と言え、一人で約20人もの料理を作るなんて、技術も体力もプロのシェフと同じ迫ヘが問われると思います。『好きこそ物の上手なれ』とはまさにこのこと!!紺野さんのように好きなことに一生懸命取り組まれている方を見ていると、知らないうちに自分もパワーをもらえるようで感謝です。

そして先週末。青山での限定ランチの打ち上げをかねて、友人を含めた4人で食事会を開催しました。お店は銀座の「VINORIO」。四谷三丁目にある「Enoteca Norio」の姉妹店なので、イタリア料理好きのガストロノミアファンの皆様の中には、もしかするとご存知な方がいらっしゃるかもしれません。お料理もワインもおいしく、雰囲気も洗練された素敵なお店で、夏には代官山にも新店がオープンするそうです。噂によるとオーナーがユニークな方らしいので、ぜひ一度お目にかかりたいと思っています。

こちらでもコースをお願いし、4人で『おいしい、おいしい』と言いながら、食材や食器、イタリアの話に花を咲かせました。この日のメニューは・・・ガスパチョ、ホタテ・ズッキーニのグリルとサマートリュフ、枝豆と焼き鮎のスパゲッティー二(鮎のはらわたの苦味がとってもおいしかった!)、イベリコ豚のホホ肉と豚足。この他イタリアンメ[セージの入ったリゾットを食べましたが、どれも夢中で食べたので定かなメニュー名を覚えていません・・・。今から、さっそく確認します!ワインもかなり珍しいものまで扱われており、これからも通おう、と密かに心に誓うほどでした。

食事中の話題にも上がりましたが、やはり「類は友を呼ぶ」という言葉は正しいですね。この言葉を考えられた昔の方には脱帽です。おいしい物にアンテナを張っている4人が集まったのは偶然ではないような気がします。そう考えると世間は狭く、初対面でもまるで昔からのお友達だったような人と出会えることにも納得できるのです。

さて。おいしい物を食べることは体にも心にも良いことですが、食べてばかりというわけにはいきません。エネルギーをしっかり消費して、更にお腹がペコペコになるくらいに夢中で働きましょう。今週も一週間ガンバロウ!

content_btm.gif content_top.gif
2007年07月08日(日曜日)

エクウス

070707kawag.jpg劇団四季からご招待いただいて、『エクウス』の初日を観てまいりました。写真は劇場の1階に併設されているカジュアルなカフェ。店内には開演前におなかをいい具合にしておこうとする人々の、小さな期待に満ちた活気が行き交っています。

『エクウス』は戯曲&映画『アマデウス』の脚本でも知られる名手ピーター・シェーファーの作品。6頭の生きた馬の眼を突き刺すという事件を起こした少年と、少年の心の奥深くの謎に踏み込もうとする精神科医との緊迫したやりとりが舞台上で展開されていきます。

『エクウス』がブロードウェイで初演されたのは30年以上も前のこと。以来、緊張感に満ちた脚本の素晴らしさと、やや衝撃的な内容から、世界中でくりかえし上演されてきました。私は80年代に映画版を観ており、スクリーンではリチャード・バートンが精神科医の苦悩を演じたのですが、もしかしてこの医師は少年によこしまな恋愛感情を抱いてしまっているのでは…と、よけいなことまで考えさせる名演(?)でしたっけ。

今年、ダニエル・ラドクリフがロンドンの劇場で『エクウス』の少年役を演じたのも話題になりましたね。映画ハリー・ポッターのファンにとっては少なからずショッキングな事件だったことでしょう。内容もさることながら、後半では全裸になって演技するシーンがあるのです。舞台は濃い闇に包まれ、完璧に計算されたスポットライトの効果のおかげで、見えてはいけないものは見えないようになっているのですけれど。

今回の劇団四季の舞台では精神科医を日下武史が演じており、長年にわたってストレートプレイを積み上げてきた彼の一種の凄みのようなものを堪能ることができました。『エクウス』という舞台は、テレビで活躍する若手の俳優さんたちが得意とするような演技の方法では歯が立たないのです。抑制の効いた、品格を感じさせる演技は、ひとつの”普遍”に到達していたようにも思えます。

あらためて、脚本の素晴らしさも再認識しました。少年の心の底へとどこまでも降りていくことによって、私たちをとりまく世界という不可解なものの謎に触れようとする試み。ラストシーンで少年はついにすべてを精神科医に打ち明け、「事件」の謎は解明されたかに見え、少年は「異常」な世界から「正常」な社会へと復帰できるだろうと告げられるのですが、世界が秘めているあまりにも深く巨大な闇の底には、決して人間の手が届くことはないのでしょう。

content_btm.gif
 1 2