« 夏 | メイン | ザ・ペニンシュラホテル東京OPEN! »

content_top.gif
2007年08月27日(月曜日)

北京マナー向上運動

070827_staff_kasa.jpg北京オリンピックを1年後に控え、北京は開発ラッシュです。古いものが取り壊され、新しいものが建設されているのを街のあちこちで目にします。

また、インフラ開発などのハード面だけではなく、北京市が今大々的に取り組んでいるのが「マナー向上運動」、つまりャtト面の改革です。

中国人のマナーの悪さは世界的に有名で、私も15年ほど前、初めて北京を訪れた時は市民のマナーの悪さにびっくりしました。
カルチャーと言ってよいのかどうかわかりませんが、カルチャーショック的なものがありました。

中国的マナー違反の中でも有名なのが「路上でたんをはくこと」「列をつくって並ばないこと」「禁煙場所での喫煙」「大声でののしること」で、「四害」と命名されています。

特に「列をつくって並ばない」や「割り込み」は日常的に街のいたるところで見受けられます。
切符売り場、お店のレジ前、バス停 などでは大抵人だかりができていて、気を張っていないとどんどん割り込まれ、永遠に自分の順番が来ません。弱肉強食社会です。

北京市は「マナー向上運動」の一環として、毎月11日を「整列の日」と称してボランティアの助けなどをかりながら、街のあちこちで「整列しましょう」運動を繰り広げています。
そこまでしないと改善できないくらい、中国では「並ばない、割り込み」が習慣化しているのです。

そんな「マナー向上運動」の一環を私もつい先日北京で目の当たりにしました。
場所は北京空港のイミグレーションカウンター。いつもは無愛想にパスポートチェックをされるのですが、今回は微笑みを浮かべながら「ハロー」とあいさつをされてしまいました!
中国とかかわりだして10数年、中国の公務員に微笑まれたことなど一切なく、むしろ不愉快な思いをしたことの方が多いくらいでしたので、この体験は私にとって衝撃的でした。
一瞬、「何か私が可笑しなことをしたので笑われたのだろうか?」とすら思いました。
しかし、確かに微笑みをたたえて「ハロー」と挨拶されたのでした。

そしてさらに驚いたことに、イミグレーションカウンターの手前に「評価ボタン」が設置されていました。
チェッカー(パスポートチェックをする人)の対応が「好ましいか」「好ましくないか」、また「時間がかかっていないか」などの評価項目があり、カウンターの手前に「評価ボタン」があり、チェックを受けている人がチェックしている人には見えないようにボタンを押すことができ、相手の対応を評価できるようなしくみになっています。
私はもちろん「非常満足」(大変満足)ボタンを押しました。ハローと微笑んでくれたのですから押さないわけにはいきません。

また、イミグレーションカウンターがいつも混んでいるので、私は毎回比較的人が少ない「中国人民用カウンター」の列に中国人民のフリをして並び、そのまま何事もなくパスポートチェックを受けていたのですが、今回は許してもらえませんでした!
チェッカーに「Only Chinese」と言われ、外国人用カウンターに並びなおすように促されてしまいました。
「中国人にルールを守れと注意された!」と、これまた驚きの体験でした。今後は日本であれ中国であれ、きちんとルールを守ります。反省。

オリンピックが近づき、最近このような中国に関するマイナス情報が多いせいで、「中国人=マナーが悪い」、「中国人=ずるい」というイメージがありがちですが、中国にも礼儀正しく、謙譲の精神を持った人はたくさんいます。日本にもマナーの悪い人も良い人もいるように中国にもいろいろな人がいるのです。

ただ、如何せん人口が多い分、マナーの悪い人も多くなりますが・・・


「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 人気Blogランキングに参加しています。クリックで応援してね。 「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 

content_btm.gif content_top.gif

カーラ| チンシャン| アイネスト
人気Blogランキング ←クリックして応援してね
content_btm.gif