« 神々しい音色 | メイン | 人種のるつぼ »

content_top.gif
2008年04月26日(土曜日)

大坊珈琲店の宵

その日、大坊珈琲店の厚い一枚板のカウンターのはじっこに座り、私はいつものコースを楽しんでいました。モカをゆっくりと2杯。手持ちの文庫本を何ページか。大坊マスターが「お元気ですか」と声をかけてくださったので、近況報告をすこしだけ。

ちょうど街の人々が夕食のことを考えはじめる時刻で、店内は久しぶりにしんとした静けさに満ちていました。お客さまは私と、すぐあとから入ってきた常連客らしいひとだけ。素敵な女性でした。声から判断すると30歳くらいでしょうか。カウンターに座ると、やはり大坊マスターとふたことみこと近況を告げる会話をおだやかに交わし、あとは珈琲のおいしさにそっと集中している様子。

080424kawag1.jpg私が1杯目のモカを飲み終えて2杯目のモカを注文したときのこと。第三の客が登場して、店内の空気がいっきに変わりました。なにしろむやみに声の大きなひとだったのです。

「こういう店に来るのは初めてなんですけど!」

スーツ姿の青年はぎくしゃくとカウンター席に腰かけ、大音量で述べました。店内はなんだか元気でとんちんかんな新入社員が入ってきた……という雰囲気になり、女性客も私も、今にも吹きだしそうになるのをこらえる感じに。

青年が大坊マスターに向かって大声で語るには、とても素敵なひとが、行きつけの店だと言って彼に大坊珈琲店を教えてくれたのだそうです。かつてこのような専門店には来たことがない、と彼は申告しました。

「うちは、ふつうの珈琲屋です」
大坊マスターはいつもとすこしも変わらない礼儀正しさで答えました。
「そうですか?!」
「吹けば飛ぶような店ですよ(笑)」
マスターの声のあたたかさは、青年の緊張をいくぶんほぐしたようでした。彼はメニューに悩みつつ「コーヒー」と注文しました。

大坊珈琲店ではブレンドコーヒーを濃さによって1番から4番まで分けており、単にコーヒーとだけ注文すると標準的な濃さの3番が出てきます。番号が小さくなるにしたがってコーヒーが濃厚になっていくのですが、ここのコーヒーのが真価が味わえるのは2番からだと私は思っています。好みの問題と言ってしまえばそれまでですが。

080424kawag2.jpg青年は3番のコーヒーを飲みながら、「開店したのは何年前ですか」とか「あそこの器はなんですか」とか、不器用なトーンで質問を投げかけていきます。

女性客と私はそれぞれの流儀でもって、この青年に優しい歓迎の意を示していました。女性客は青年の言葉に小さな笑い声で相槌を打つようにし、私は声を出さずにチェシャ猫のようなビッグスマイルを浮かべながら読書を続けて。(やりとりを聞いていると、どうしてもそんな顔になってしまうのです)

そんな会話が一段落したころに、大坊マスターがおっしゃったのでした。
「張りのある、いい声をしていらっしゃる」
青年は驚きと嬉しさとが半々の様子で、そうでしょうかと答えました。

「でも、もう、最初にここに入ったきた時とは声の調子が違っていますね」
と、マスターは続けました。
「あなたは声の調子がちゃんと変えられるんですね」

そこで青年は初めて気がついたのです。
「ぼく、最初は声がずいぶん大きかったですか。すみません」

大坊マスターはただ、笑っていらっしゃいました。さすが、としか言いようがありません。お客さまに恥をかかせない言葉で、注意をうながすべきポイントはちゃんと教えてさしあげているのです。青年は次に大坊珈琲店を訪れるときには、きっと深い珈琲の香りと低く抑えたジャズの音色にふさわしい声のボリュームで言葉を発するに違いありません。

珈琲店デビューの舞台が大坊珈琲店だったことを、彼はあとになってから、感謝の念とともに思い出すことでしょう。


「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 人気Blogランキングに参加しています。クリックで応援してね。 「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 

content_btm.gif content_top.gif

カーラ| チンシャン| アイネスト
人気Blogランキング ←クリックして応援してね
content_btm.gif