« 大坊珈琲店の宵 | メイン | 下落合2丁目、カフェと、馬をつないだ大ケヤキ »

content_top.gif
2008年04月28日(月曜日)

人種のるつぼ

080428_staff_kasa.jpg先週、中国ではテーブルウェアやキッチン用品の展示会が催され、私も2日間ほど行ってきました。主な目的は商品の買い付けと、自社オリジナル製品の生産ができる有狽ネ工場を探すためです。

この展示会は年に2回春と秋に広州で開かれるのですが、毎回一万件以上の工場や商社のブースが蚤の市のように立ち並びます。
そして世界201ケ国から20万人以上のバイヤーが商品を買い付けに来たり、自社製品を下請け生産してくれる工場を開拓しに来ます。

展示会場はまさに人種のるつぼです。いろいろな顔立ちやら民族衣装を身にまとった人達で一杯です。
しかし、やることは皆一緒です。

皆一様に、携帯と電卓を持ち、各々興味をひいたブースでせわしなく商談を繰り広げるのです。
シルクロードの時代から人類の「交易」という営みは変わらないのですね。ビジネスチャンスがあるところに市場は作られ、人は集まるのです。

中には、「そんなもんどこで売るの?」と首をかしげたくなるような商品を真剣に選び、商談している異国のエキゾチックなバイヤーを見かけます。
「世界は広いな。まだまだ謎だらけだゼ。」と思わずにいられません。
彼らもおそらく私が選んでいる商品を見て首をかしげているでしょう。
随分チマチマした商品ばっかり選ぶなー、と。
(日本人が好む食器は外国人から見ると小さくて何に使うのかわかりにくいようです)

大多数のブースは一見どれも似たり寄ったり玉石混交で優劣の差を見出すのが困難です。
見るからに「怪しい」ブースの工場が、実は世界的に有名なブランド食器の下請け工場だったりすることも多々あります。「見かけ」と「実力」が違っていることは大いにあります。
では、工場の優劣をどう見分けるのか?というと、見分けることは困難なのでとりあえずブースに立っている担当者と話をしてみるしか方法はありません。話せば大体わかります。
あとは、口コミ情報を頼りにすることです。
「あそこのブース、実は○○ブランドの下請け工場だ」というような有益情報が何かの拍子に得られるのです。世界的に有名なブランド品を下請け生産しているということは、それに耐えられるだけの生産能力があるということになり、そういった情報は工場の優劣を見分ける際の判断材料の一つになります。

2、3日足を棒にして展示会場中を歩き回っても、最終的にビジネスに結びつく工場は多くて2、3社だけです。
一万件以上ものブース数に対して2、3社なので相当効率がわるいです。
おまけに、じゃあ良い工場全てを見て周ったか、というと良い工場なのに「見誤って素通りしてしまった」
というのが必ず存在します。そして毎年出展ブース数は増加の一途をたどっています。

中国は広く、そして中国の展示会場も同様に広いのです。
あせらず気長につきあうしかないです。いつか素敵なメーカーにめぐり合えたらラッキー!くらいに考えないと気が遠くなってしまいます。

*添付画像は途中北京に寄った際訪れた天安門です。
ものすごい人でしたが、残念ながら映画ラストエンペラーでも有名な紫禁城太和殿は修繕中で見ることができませんでした。ちなみに去年の春訪れた時も修繕中でした・・・さすがにオリンピックまでには完成することでしょう。



「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 人気Blogランキングに参加しています。クリックで応援してね。 「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 

content_btm.gif content_top.gif

カーラ| チンシャン| アイネスト
人気Blogランキング ←クリックして応援してね
content_btm.gif