« 涼をもとめて | メイン | パンダ »

content_top.gif
2008年08月27日(水曜日)

心が芯から浄化される宿

20080826.jpg
夏もそろそろ終わりというくらい、涼しくなってきましたね。

夏の終わりに、修善寺へ旅行に行ってきました。
旦那さんへの誕生日に、ちょっと奮発して「あさば」旅館の宿泊をプレゼント☆

「あさば」は何人もの友人たちからお薦めされ、前々から行きたいと思っていたのですが、やはり素晴らしかった…!由緒正しき名旅館となると正統派の日本の趣の良さを感じます。

重厚な木の門をくぐり、藍色で染められた美しい麻の暖簾をくぐると、能舞台を池越しに見ることができます。通された客室は池に浮かぶように作られ、目の前に能舞台を見ることができます。

温泉は贅沢にも源泉かけ流し。お肌もつるりん。化粧水もいらないほどです。
野天風呂も贅沢。夜は星が見え竹林がライトアップされ、日中は竹林を渡る風が心地よく心休まります。

料理も正統派の日本料理。丁寧に出汁をとって、見た目だけではない本物の味を楽しめました。
まさに料亭の味。朝食の出汁巻き卵が最高に美味でした!

食後は、修善寺の花火大会へ。
修禅寺正面の鹿山から花火が打ち上げられ、フィナーレは温泉街を流れる桂川に仕掛けられた約100mのナイアガラが川面にも映り華やかでした。
少し雨に降られ、急ぎ足で旅館に戻ると、タオルを差し出してくれたりと細かな気配りはさすが。

夜になると池には灯篭が浮かび、ほのかな明かりに照らされた能舞台を一望できる静かなサロンで虫の音だけを聞いて、しばらく二人で何も話さずに座っていました。
こうしていると、心が芯から浄化される感じ。

細かい心遣いや、料理、設え、調度品にいたるまで洗練され感動を覚えるひと時でした。


「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 人気Blogランキングに参加しています。クリックで応援してね。 「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 

content_btm.gif content_top.gif

カーラ| チンシャン| アイネスト
人気Blogランキング ←クリックして応援してね
content_btm.gif