« 心が芯から浄化される宿 | メイン | イタリアデビュー…か!? »

content_top.gif
2008年08月27日(水曜日)

パンダ

080827_staff_kasa.jpgもうすぐ私の好きなパンダの映画パンダフルライフが封切られます。

パンダの動きは、どこか人間に共通するような動きがあります。
先日、2歳になる甥っ子がスイカを両手で持って一心不乱に食べているのを見て、パンダっぽいなー、とパンダとの共通性に気が付きました。

パンダはとかくかわいさが強調されがちですが、意外と野獣です。
2年前、中国は四川省にある「臥竜パンダ自然保護区」というところへ生パンダを見に行きました。
法外な値段を払えばツーショットでパンダと写真が撮れる、というあこぎな商売があり、私はパンダかわいさにつられ、まんまんとその商売にひっかかりました。
撮影時間わずか5分。お値段は7000円ほど。1分1400円って、「客寄せパンダ」とはよくいったものです。
画像はその時に撮影したツーショット写真です。子パンダが一心不乱にほおばっているのはりんごです。

パンダは遠目にはもこもこしていますが、実は体毛はごわごわです。
かわいさあまって思わずパンダちゃんに顔をスリスリしたのですが、剛毛でした。
目もタレ下がった隈取りがあるからかわいいですが、近くでみたらかなり冷酷な視線を放っています。
手もクマ科だけに、まさにベアクローのような手で、かわいいどころではありません。
無邪気にツーショット写真がとれるのは、飼いならされた子パンダだからでしょう。

また、パンダは野獣であるだけでなく、実は謎だらけの珍獣です。
彼らの祖先は元々800万年前に生息していた肉食動物でした。しかし、今や笹といえばパンダか七夕か、というくらいにパンダは笹オンリーです。

なぜ笹?

他にもっと体に良さそうな食べ物はたくさんあっただろうに、よりによってなぜ笹を選んだのか・・・。

そして何よりも不可解なのは、パンダの腸はいまだに肉食対応な仕様になっており、草食に適していないそうです。
笹しか食べないのに腸はいまだに肉食仕様。。。
なんて非効率的なのでしょう。意味がわかりません。おかげで、摂取する笹や竹の15%程度しかエネルギーに還元することができず、年がら年中笹を食べ続けなければならない生活様式に陥っています。
もしゃもしゃもしゃ、寝ても覚めても笹を食べています。

一見かわいらしく、のん気なパンダですが、実は野獣で珍獣。
そんなギャップが私の心をわしづかみにしているのです。

チンシャンでもかわいいパンダ柄のついたストレーナーマグをラインナップしています!


「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 人気Blogランキングに参加しています。クリックで応援してね。 「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 

content_btm.gif content_top.gif

カーラ| チンシャン| アイネスト
人気Blogランキング ←クリックして応援してね
content_btm.gif