« カキパーティ♪ | メイン | セーヌ川と東京タワー »

content_top.gif
2008年12月19日(金曜日)

イスタンブールのお菓子屋さん

081219kawag.jpg8日間のトルコ旅行に行ってまいりました。どんな国に行っても、人間を惹きつけるのはやはり食べもの! 
おもしろいもので、世界三大料理のひとつと言われるトルコ料理を前にした人々の反応は十人十色。各人の食に対する基本姿勢がくっきりとあらわれます。

日本の料理に似た、食べ慣れた味を喜ぶ人。トルコでしか食べられないものを選ぶ人。何を食べても口に合わず、「味が濃い」を連発している人。ひとくち食べてみておいしくないと思ったら、以降いっさい手をつけない人。
食べ方と生き方には、共通点があるのでしょうか?

私は「変な味も旅のおもしろさのうち」と考えているので、口に合おうが合うまいが、すべて堪能してしまいます。だって、世界中の食べものが、日本人の舌の好みや食習慣に合うように作られているはずがないですものね。旅先では現地の人々の好みを尊重したほうが楽しめます。

トルコの人々は甘いスイーツが大好き。お菓子やさんに見とれていたら、このおじさんが「ロクム」と呼ばれる伝統的なお菓子の試食を薦めてくれました。日本人にはこのロクムが最も好評だということを知っているのでしょう。

ゆべしのような、もちもちした食感のロクム。ピスタチオ入り、ヘーゼルナッツ入り、薔薇の香料入りなどたくさんの種類があります。甘さも控えめでおいしかったので、トルコの人々にならって、あこがれの「キロ買い」をしました! といっても0.5キロでしたが。
これとこれと…と指さして、箱に詰めあわせてもらい、旅の間中ホテルの部屋で楽しんだのでした。


「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 人気Blogランキングに参加しています。クリックで応援してね。 「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 

content_btm.gif content_top.gif

カーラ| チンシャン| アイネスト
人気Blogランキング ←クリックして応援してね
content_btm.gif