« 軽井沢 ホテル ブレストンコート | メイン | 都会の野菜・田舎の野菜 »

content_top.gif
2009年05月29日(金曜日)

CAFE USEの琥珀玉!

090529kawag.jpg雑誌の取材で下北沢のCAFE USEにおじゃましたときのこと。
ファイヤーキングのカップとソーサーが並ぶカウンターに立った店主の古市さんに、コーノ式ドリッパーでコーヒーを淹れる手順を説明していただきました。

その途中で古市さんが口にした言葉が、私をとらえたのです。「琥珀玉」と。

「コーヒーをドリップしている最中に、よく琥珀玉が見えるんです」

琥珀玉とはいったい?! 編集部の人とカメラマンと私は、いっせいに古市さんの手元をのぞきこみました。
ドリッパーの穴から、コーヒーが数滴ずつサーバーにしたたり落ちていきます。

「まだ、見えないですよ。もうちょっとコーヒーがたまってきたら」
「何が見えるのですか」
「コーヒーの表面を、琥珀色の玉がころころと転がるんです。なんとか大学の先生の研究によれば、琥珀色の玉が走るのは、コーヒー豆の焙煎や挽き方がうまくいっている証拠なんだそうですよ」

それはぜひとも目撃しなくては。3人そろってコーヒーの表面を凝視して、ほぼ同時に声をあげました。
「あ、今の?!」

直径2mmくらいの小さな琥珀色の玉が、コーヒーがしたたり落ちる真下に出現したかと思うと、流れ星のようにコーヒーの表面を転がって、ガラスにぶつかり、消えていきます。ひとつぶ現れては消え、2,3つぶ続けざまに現れては消え……。

「撮ってください!」
いきなり私に懇願されて、カメラマンは連写状態。でも、琥珀玉が小さすぎるのと速すぎるのとで、なかなかうまくいきません。
その光景は本当に流星群のようでした。琥珀玉が消えるまでに願いごとを唱えれば、なんでもかないそうな。

右の写真が、このときカメラマンがとらえてくれた琥珀玉です。(片岡さんありがとう) 

自宅に戻ってから、さっそく自分でもコーヒーをドリップして確認してみると、出現しました、琥珀玉。おいしいコーヒーのシンボル。夫を呼んで見せてあげました。


「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 人気Blogランキングに参加しています。クリックで応援してね。 「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 

content_btm.gif content_top.gif

カーラ| チンシャン| アイネスト
人気Blogランキング ←クリックして応援してね
content_btm.gif