« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »

content_top.gif
2009年06月29日(月曜日)

写真展

staff-yoda-0906029-1.jpg最近、旅行していない・・・と思っていた矢先、友人に誘われて旅に関する写真展を2つ見に行ってきました。
一つは東京都写真美術館で展示されている「世界報道写真展」。
毎年世界中から応募される数万点の中から選ばれた約200点が展示されていてまさに世界の今がリアルに見えてきます。
改めて言うまでも無く私を含め今の時代の日本はなんて平和で穏やかなんだろう・・と感じざるをえない写真が多く寄せられています。

もう一つは「東方へ・19世紀写真術の旅」。
今から160年以上も前にヨーロッパの写真家達が旅をする際に残しておいた貴重な写真技術が展示されています。
イギリスからイタリア、オリエンタリズムと称された東方への憧れから、インド、中国やがて日本にまで記録が残されています。
こうしてヨーロッパからアジアへと時代を下り見ていくと、数年前、プライベートの旅で訪れた際のフィレンツェのベッキオ橋、ローマのサン・アンジェロ城等さほど印象が変わらないのに対し日本の印象は目覚しく変化しているように思えました。
写真の隅にFUJIYAMAと書かれた富士山の写真や東海道、また日本の人々の姿がセピア色で映し出されており、西洋人が抱く日本の姿がうかがえ大変興味深いです。
世界の今と昔、リアルで貴重な映像を体感できる写真展でした。。

東洋に憧れを抱いたか否かはわかりませんが、ドイツの食器KAHLAのデザイナー・バーバラさんは日本を訪れた際、
日本の漆器からヒントを得てこのアップデイトをデザインしたと聞いております。
そういわれると確かにジャパンデザイン特有(?)といわれるミニマムさが感じられます。
KAHLAは単にスタイリッシュでモダンいうだけではなく、きちんと日本の食卓にも対応できる機能性もあります。またコーディネイトしやすい多様性もあり,自信を持っておすすめできる洋食器シリーズです。。
カーラオンラインショップからもご購入頂けますので是非一度ご覧になって下さい。


content_btm.gif content_top.gif
2009年06月26日(金曜日)

にがしぶダイエット

090626kawag.jpg『レタス1枚でやせ体質になる!~にがしぶダイエット』の著者、いがらし ゆららさんから著書を送っていただきました。減量という観点からも、食育という観点からも興味深い本だったのでご紹介しますね。

このダイエットの実践方法はとてもシンプルです。

(1) 食事ごとに、一度だけでいいので「苦味と渋味(=にがしぶ)を感じる」
  ↓
(2) 眠っていた味覚がよみがえる
  ↓
(3) 太る原因の甘味(おもに砂糖や油)を自然にとらなくなる

これだけ。毎食ごとに「生のキャベツの苦味っておいしい」「レタスの苦味っておいしい」などと、脳が感じればいいのですって。

つまり、味覚を洗練させ、食べものをきちんと味わう経験値を上げることによって、偏っていた食生活をバランスのとれた食生活へと改善し、自然に減量できるという方法なんですね。食事がわりにお菓子を食べてしまう、とか、スナック菓子がやめられない…ということが原因で適正体重を越えてしまった人々には、とても効果的なのではないでしょうか。

「チョコレートはやせる食べ物だ!」というページには、こんなことが書かれていました。
--「チョコレート」と「チョコレート菓子」の違いを知っている人は意外にいません。チョコレートのカロリーが高いのは、たっぷり加えられている糖分や脂肪分のせいであって、チョコレートに含まれている苦味成分のせいではありません。

お菓子の箱の裏をチェックして、原材料の欄を見ると、ほんもののチョコレートなら「カオマス」が最初か2番目に表記されているはず。それからココアパウダー、ココアバターなどが続きます。
一方、安価な「チョコレート菓子」の場合、原材の筆頭は砂糖、乳製品、植物油脂…。

しっかりと苦味成分を含むほんもののチョコレートを選べば、食生活の改善に役立つのですね。詳しく知りたいかたは、書店で本をご覧ください。

content_btm.gif content_top.gif
2009年06月24日(水曜日)

NIPPONのスイーツ

2009_0618_154532.jpg
先日、プランタン銀座のデパ地下にて6月23日~7月17日まで開催されている「NIPPONの夏スイーツ」の試食会に伺いました。

世界からも注目されている“日本の食”、また食品の安全性を問われている今、“国産”を使用したスイーツが注目されています。

国産のフルーツ、国産の小麦粉や米粉、国産調味料(味噌や醤油)を使用したスイーツなど、国産にこだわるスイーツが目立ち始めました。

私自身も企業の2009年クリスマスケーキの提案時は“国産”をテーマにしたケーキを推奨しました。(春頃の話ですが、もうクリスマスなんですね^^;)

スーパーなどでも野菜や果物、肉にしても、購入するのは“国産”のもの。さらに有機農法のものなどにも目がいきます。割高ではあるけれども、やはり安心ですし味も違いますからね。

地元で生産された農産物や水産物を消費する地産地消を大切にしていきたいです。
極めれば自家農園でしょうけれど。

まずはプチトマトでも育ててみようかな~。植木屋さんで、緑色のプチトマトがなっている植木を見つけたので♪(それでは育てたことになりませんか?)

content_btm.gif content_top.gif
2009年06月22日(月曜日)

こどもの目線

090622.jpg
今日はしとしとと、梅雨の雨という感じですね。
昨日は午後から急に晴れたので、外で思いっきり遊べずにストレスを感じているであろう甥っ子をつれてお散歩にでかけました。

雨上がりの散歩道は、あじさいや雑草に雨のしずくがきらきら光っていてとてもきれい。
かわいらしい花を見つけ写真を撮っていると ・ ・ ・
甥っ子が何かを見つけた様子。
目線の先には黒い塊。
近づいてみるとそれはアリの大群でした。
子供の目線には時々はっとすることがあります。
日々見過ごしているものがどれだけあるのだろうかと。


その後、アリの大群に興奮した甥っ子と追いかけっこをすることに。
普段全くスポーツをしない私には、なかなかの運動に感じてしまいます。

いい汗をかいた後にはやっぱりビールです。

先週デザインをリニューアルしたアイネストでは、[毎日飲みたい!ビールがおいしくなるグラス特集]と題してお店で飲むようなクリーミーな泡立ちを楽しめるグラスや、口当りの良い薄手のグラスなど、お試しいただきたい商品を多数紹介しています。

抽選でプレゼントが当たるリニューアルキャンペーンも実施中です。
ぜひご覧ください。

content_btm.gif content_top.gif
2009年06月19日(金曜日)

『カフェに教わるおいしいごはん』発売になりました

090819kawag1.jpg6月18日、『カフェに教わるおいしいごはん』(宝島社・880円)が発売になりました。
月刊スプリング誌に私が連載してきたコーナー「カフェに教わるレシピ」の2年間分の掲載をまとめて収録。さらに20軒以上のカフェを新たに取材し、キッチンにおじゃまして教えていただいたお料理やドリンクを収めてあります。

もうずいぶん長い連載で、これまでにも何度かムック化されてきたのですが、今回初めての試みは「インテリア」「コーヒー・紅茶・日本茶」にスポットを当てた特集コーナーを設けたこと。後者では、それぞれの飲みもののおいしい淹れかた、アレンジのしかたを各カフェに教えていただきました。

090819kawag2.jpg写真右上のカフェは、吉祥寺の「お茶とお菓子 横尾」。
拙著『カフェの扉を開ける100の理由』でもご紹介させていただいた美しい空間ですが、半年ほど前から、もうひとつ小さな部屋が増えて、広くなっています。同じ建物の隣に入っていた小さな店舗が空いたので、横尾と壁をつなげてひとつづきの空間にしたのですって。
横尾には「比内地鶏のそぼろごはん」と「焼き鮭のまぜごはん」の作りかたを教えていただきました。

写真は5人のカメラマンが担当。基本のトーンは統一しながらも、カメラマンによって、やはり撮り方に少しずつ個性が表れるのが面白いものですね。

撮影のあいまの待ち時間に、カメラマンと編集者と3人で、「今回、撮影後に試食したなかで最もおいしかった料理はなに?」「最もキッチンが狭くて、撮影が大変だったカフェはどこ?」なんていう茶飲み話をして楽しみました。
限られたスペースのなかで、最大限の合理化をはからなくてはいけないカフェのキッチン。2人並んで立つことのできないほど小さな厨房もあるのです。

写真右の下のページは、松陰神社のCafe Lottaで教えていただいた「ゴルゴンゾーラと栗のペンネ」。昨日、別の撮影で再会したした女性カメラマンが「私が撮影したなかでは、これが最も忘れられないおいしさでした」とコメントを聞かせてくれました。

巻末には各カフェのご紹介とショップデータも収録して、カフェのガイドブックとしてもお使いいただけます。ぜひ書店やAmazonでご注文くださいますように!

content_btm.gif content_top.gif
2009年06月17日(水曜日)

第9回Red Ball Japan

2009_0612_142242.jpg
昨晩は豪雨でしたね。
ここ数年、まるで熱帯地方のスコールのような強烈な雨が降ります。

室内にいると、雷が鳴るとワクワクするのですが、外にいたら大変!ついついゲリラ豪雨対策の長靴を買っちゃいました。

さて週末、All Aboutのガイドやスタッフが集う、第9回Red Ball Japanが開催されました。

立ち上げからいらっしゃった、編集長が今月をもって退職されるので、ご挨拶がありました。途中で涙ぐまれる編集長に思わずもらい泣き。なんだか寂しいなぁ…。
9年間という長い間、ありがとうございました。

どんなことでもですが、続けていくことは大変。
モチベーションを保ったり、忍耐力もいるし、健康や環境の変化、周囲の理解など、色々な問題で続けることは難しい。

一つの会社に勤めあげてきた義父と父、専門職をもち今でも仕事を続ける義母と母。
両家両親の影響もあり、私も可能な限り一つのことを続けていきたいな。

それには、結構な努力が必要でしょうね。できるかな?

*写真はある雑誌に掲載するケーキたち。2日間で16個いただきました♪

content_btm.gif content_top.gif
2009年06月15日(月曜日)

父の日のプレゼント ~健康VS家飲み!?~

こんにちは、いよいよ来週は父の日ですね。

今年のプレゼントはもう決まりましたか?
今年の父の日商戦は、「脱メタボ」と「家飲み」がキーワードだという記事を新聞で読みました。
ならば、キントーのオススメする父の日オススメのギフトは、①チンシャンのお茶葉とマグカップのセット、又は②ビールグラスの「Crest(クレスト)」シリーズです。
・・・オススメというより、私自身がどちらにしようか悩んでいるアイテムです。

私の父は、ビールが大好きなのですが数年前に痛風に罹ってしまい、現在もビールを控えています。(母談)何より最初に「痛風」と聞いたときには、娘のショックは相当大きかったですよ。だってなんだか、急に「年をとった」という感じがしてしまったので・・・。もちろん、今は一時期に比べ随分良くなったとは言っていましたが、油断をすると再発する可能性もあるとのこと。母からも父が相当気にしているとのことで、それについては、そっと見守ってきたのです。

Chinese Tea そこで、今年の父の日に何を贈ろうかと考えたとき、健康に良い中国茶葉とマグカップのセットを贈ろうと思ったのです。茶葉は、中国茶初心者にも飲みやすい台湾のウーロン茶「凍頂烏龍茶」がよいかなあと。でも、ちゃんと飲んでくれるかしら・・・職場でお茶を飲む習慣のない父ですから、かなり疑問が残ります。

ちなみに、マグカップの中でも私がオススメしたいのは、ストレーナー付きのタイプ。茶葉をそのままストレーナーに入れ、お湯を注ぐだけという手軽さに加えて、フタがあるのも職場では嬉しい機能。保温性も高く、打ち合わせなどの移動のときも、ラクラクですよ♪

Crest Beer Glass もう一つのプレゼント案として浮かんだのが、「Crest(クレスト)」ビアグラスシリーズ。最近はプリン体Oビールや糖質Oなど色々なビール(第3のビール等)が発売されているので、そういうビールなら父も飲めるのかなあと。だったら、飲み過ぎないように小さめのサイズのこのグラスはぴったりだし、クリーミーな泡立ちが楽しめるから喜んでくれるのでは?と思っています。

さて、私のプレゼント選びはどうも自分では決められそうにないので、今晩母にアドバイスをもらおうと思います。

ちなみに、ギフトラッピングも無料で承っていますので、準備する時間のない方には特にオススメです!!

content_btm.gif content_top.gif
2009年06月12日(金曜日)

神楽坂の路地歩き~カグラザカヨコロジー

090612kawag.jpg小さな美しい日本茶カフェ、茜や(あかねや)さんから、「カグラザカヨコロジー」のお知らせが届きました。素敵な催しなので、ぜひ皆さまにもお伝えしたく思います。

「散歩でめぐる一日世界旅行 in 神楽坂」をテーマにしたカグラザカヨコロジーは、神楽坂の路地にある個性豊かな雑貨店、カフェ、ギャラリーが、6月だけの期間限定で「世界の各国に変身します」というもので、路地歩き=各国めぐりのための素敵なパスポートが作られています。

茜やさんには6月19日(金)から21日(日)までの3日間、チェコの古い絵本を中心に、東欧の雑貨や日本の古い絵本が並びます。
カドは同じ3日間が「中国茶と月餅期間」に。中国茶と手作り月餅のセットは14時~16時の限定でいただけます。

昼行灯ろびん、赤提灯ろびんは、19日(金)から26日(金)まで、「何もなくても豊かな島~カオハガン」と題してフィリピンの島に変身。写真展示、グッズ販売、カオハガン島の料理人直伝のメニューが用意されるそうです。
マンヂウカフェmugimaru2のテーマはメキシコ。20日(土)19時からはメキシカンフード付きでマリアッチのライブですって。mugimaru2のことは拙著『カフェとうつわの旅』でもご紹介させていただきましたが、お店にいる銀色の美猫の名前はマツ子さん。捨て猫だったそうですよ。

それから、日本橋の素晴らしいギャラリーカフェ、馬喰町ART+EATと同じ古いビルに入っているドイツ雑貨のお店「MARKTE」が期間限定でギャラリーにやってきたり、手仕事の器ラ・ロンダジルがパリのプチ・マルシェになったり……ほかにも、楽しい催しがもりだくさん。

来週末のスケジュールは神楽坂の路地歩き。いらっしゃるかたは、15店舗の参加店のうちのどこかで、パスポートをいただいてくださいね。各店舗でシールを集めると世界地図が完成するようです。

▼詳細は期間限定カグラザカヨコロジーのblogで。

content_btm.gif content_top.gif
2009年06月10日(水曜日)

伊勢丹のキッチンステージから待望のレシピ本発売!

20090610.jpg伊勢丹新宿店、食品フロアのリフレッシュオープン2周年を迎え「食品フロア 2nd アニバーサリー プレスパーティ」が開催されました。

このリフレッシュオープンに伴い、2007年6月にOPENしたのがイートインできるキッチンステージ。

伊勢丹の食品フロアで購入できる素材を中心にして作った名店のオリジナルメニューが期間限定で食事できるので、私もよく、ひとりごはん、ふたりごはんで利用しています。しかもレシピ付!ここで食べた後、自宅に帰って真似して作ったりするのも楽しいものです。

このキッチンステージで紹介された名店24軒52レシピが本になり6月8日より発売が開始されました。食材についても紹介されていて、とても参考になりますよ。

また食品フロアでスイーツとして注目なのは、今秋、ドイツで約100年もの伝統がある由緒ある本場ドイツのバームクーヘンのお店が誕生します!楽しみです。

他にも、この日は、ジャン=ポール・エヴァン氏、ピエール・エルメ氏も来日されて店頭にいらっしゃいました。プレスパーティの前に青山本店にてピエール・エルメ氏と単独インタビューをさせていただいたので、後日記事にさせていただきますね。とくにグラスデザートについての思いを伺いましたよ。

またパティスリー・サダハル・アオキの青木氏にもお会いしてお話したところ、今年の冬には台湾に店舗を出店されるそうです。台湾は親日派の方が多いので、話題になるでしょうね!

content_btm.gif content_top.gif
2009年06月08日(月曜日)

Kinto 秋冬展示会

じめじめした天気が続き、洗濯物が臭くて困ってしまいます。
先週は久しぶりの晴れで、とても気持ちが良かったですね。


さて、キントーでは先週の6月3日~5日まで、バイヤー様向けの社内展示会が行われました。
これから店頭に並ぶ商品のご案内です。
090608-staff-yosi-1jpg.jpg

暗いニュースばかりが流れるこのごろ、食卓や日常使う雑貨だけでも明るく!ということで、今回はカラー展開の多いラインナップになりました。
実用的なものから、ギフトに適したもの、もちろん普段使いやすい食器も取り揃えました。
順次WEBにてアップ予定(がんばれ、WEBチーム!)ですので、お楽しみに!
0906087-staff-yosi-2.jpg

content_btm.gif
 1 2