« 2009年08月 | メイン | 2009年10月 »

content_top.gif
2009年09月28日(月曜日)

高尾山・ビアマウント

staff-yoda-0909028-3.jpgまずは下井さん、無事ご出産との事!スタッフ一同よりお祝い申し上げます。
おめでとうございます。
幸せの一滴を頂いたようで心がなんとなく柔らかくなるのを感じております。


そして、ここからビアマウトのお話です。
「高尾山のビアマウントでビールを飲もう~っ!」
と、友達の誘いに週末ミニ登山に出かけました。

まずは高尾山口から途中までケーブルカーで行き、そこから徒歩で頂上を
めざすという初心者コース。

美味しいビールを飲む為にはやっぱり適度な汗を流さないと・・・と
軽く考えていたのですが、普段から身体を動かしていない私にとっては
この緩やかな初心者コースの道さえ思いのほかハード・・・・。

約一時間半程かけ相当汗だくで何とか頂上までやっとの事、登り着きました。
深~く、「す~~っ!・・・ は~~っ!」と思いっきり深呼吸。
全身に森林浴のシャワーを浴び、久しぶりに心も身体も伸び伸びと解れていくのを
感じるのでした。
心と身体が開放されるとはこうゆう事なのかもしれないです。

お茶屋さんでビールとなめこ汁で水分補給(?)して、帰りの登山図を眺めていると
「4号コースなんかどうかね?」と後方から声。
振り向くと、登山ルックの見知らぬおじいさんが笑顔で佇んでいました。
どうやらお勧めコースをチョイスしてくれたらしいのです。
私達3人は迷わずそのコースで下山と決めました。

足元も軽やかに下山し始めたのですが、道中吊り橋等もあったりで、これが
また結構サバイバル。
ツルツルとした滑りやすい木の根の(もののけ姫に出てきそうな)道を分け入り、
時に転びそうになり悲鳴を上げながらも何とか無事下山できました。
staff-yoda-0909028-2.jpgさてっ、本日のメイン、いざビアマウントへ!と
挑んだところ、
「ただいま1000名様お待ちでございます。」・・・・・
と非情なアナウンスの声・・・・。


仕方ない、そこは諦めの早い私達はさっさと予定を切り替え近くのお蕎麦屋さんに直行。
即、ざる蕎麦と日本酒で一息。
これがまた格別に美味しかったのです。
正解。


最初の目的の高尾山ビアマウント企画とは
違ってしまいましたが、時にはちょっと計画が狂った方が思わぬ発見・体験もでき
案外楽しめるのかもしれないですね。
次は紅葉の季節のビアマウントへ!リベンジです。


さて、ここでお知らせです。
大変お待たせしておりました、KAHLA・アップデイトシリーズがようやく入荷してまいりました。
この機会に是非ご覧になられてみてはいかがでしょうか。

content_btm.gif content_top.gif
2009年09月25日(金曜日)

おめでとうございます!

090925kawag.jpg
今週は、これ以外に書くべき言葉がみつかりません。
下井さん、とびきり大きな、とびきり可愛い男の子のお誕生おめでとうございます!

私たちが見ることのない世界を見て、私たちが知ることのない世界をつくりあげていく子どもたち。2009年生まれの子どもの中には、22世紀を体験する者もいるのでしょう。

きっとたくさんのお母さんが切実に感じていることだと思いますが、子どもたちに、今よりひどくないかたちで、地球のバトンが渡せますように。


content_btm.gif content_top.gif
2009年09月23日(水曜日)

やっと会えました

2009_0923_122103.jpg
出産予定日を過ぎた9月10日に3990gの男の子を授かりました。
あと10gで、4000gですから、かなり大きめで大変でした^^;

「やっと会えたね」

産まれた瞬間、泣きながら思わずそう言いました。
赤ちゃんを授かることを待ち望んでいたこともあり、心の声がそのまま出てきました。

待っていた月日は長く感じ、時に辛いものでしたが、その月日が家族の絆を深めてくれる時間になりました。

そして…
「赤ちゃんが欲しかったのではなく、この子に会いたかったのだ」
「“愛おしい”という言葉が持つ意味」
を、日に日に実感しています。

生まれてきてくれて、ありがとう。


content_btm.gif content_top.gif
2009年09月18日(金曜日)

村上春樹『1Q84』続編!

090918kawag.jpg村上春樹のベストセラー『1Q84』は、発売前に予約だけで版を重ねたことでも話題になりましたね。

林真理子の日記には「ベストセラーになっているけれど、私のまわりには誰ひとり『1Q84』を読んだ人がいない」と、ちょっと皮肉まじりの調子で書かれていましたが、私も含めて、友人知人はその逆。
ベストセラーになろうがなるまいが村上春樹の新刊は読む、という筋金入りのハルキストが揃っています。だって面白いんだもの!

夫には新刊が出るたびに私が貸してあげるのですが、彼はふだんめったに“純小説”を読まないかわりに、ひとたび読み始めると、深く深く物語世界にはまりこんでしまうタイプ。
おまけにゆっくりと読むので、『1Q84』を読んでいる期間中は、私との日常会話にもたびたび1Q84のカケラが登場することになりました。

たとえば、二人で食事に行った帰りにふと夜空の月を見上げ、なにを言うかと思えば
「月はいくつある?」
と聞いてきたり、遠くで雷鳴がとどろき始めると(彼が読んだのは7月でした)「リトルピープルが来るよ~!」と騒いだり。(夫は小動物のようなもの、正体不明のものがみんな怖いのです)

そんな夫から、最もしつこく質問されたのが「リトルピープルって、結局なんの象徴?」と、「結末はもうひとやまあるかと思ったんだけど、これでいいの?」の2点。(いいの、と訊かれても…)

最初の質問に関しては、「読者が“いつまでも胸にひっかかりつづける、消えない不思議”として、何年もかけて自分で考えを深めていくのがふさわしいと思う」と答え、次の質問に関しては「『ねじまき鳥クロニクル』3部作の最終巻は、当初は2巻で完結していたものが、後年になって3巻が書き加えられたから、『1Q84』もきっとそうなると思う」と答えておきました。

そして昨日。 【村上春樹氏:『1Q84」を語る 「来夏めどに第3部」】と題した記事が! ただいまBOOK3を執筆中だそうです。
ほらね、と夫にさっそく自慢しました。ハルキストの皆さま、来夏の大きな楽しみができましたね。

その後、林真理子の日記にも自身が読破したことが書かれていて、「純愛小説にも思想書にもサスペンスにも読める村上春樹さんってやっぱり天才です」に変わっていました。

content_btm.gif content_top.gif
2009年09月14日(月曜日)

微笑みの国 タイ

090914_10.jpgミッキーマウスやドラえもん、数年前に偽モノキャラクター達が世間を騒がせていましたが、某テーマパークは現在どのようになっているのでしょうか。

先日訪れたタイ・バンコクでも、ちょっと変わったキャラクターに遭遇しました。

まずはミッフィー。
恐らくホンモノですが、同じメーカーのモノでもひとつひとつ顔が違います。民芸品の謳い文句のようです。左のコはつり目で右のコはうつむき気味。

軸の方を見てみると「米菲」という当て字が・・・。
中国からの輸入品だったようです。 少し納得。

そんなミッフィーでもやっぱりかわいいのでタイの人にも人気なのでしょう。
ミッフィーつきのボールペンは空港や駅の売店や町のコンビニなど、不思議なくらいどの店にも必ず数種類置かれていました。

そしてこのペンを購入し、入れてくれた袋がなぜかハローキティー(?) ハッピー??口もあったり無かったり。
090914_11.jpgニセモノといっては失礼ですが、タイの屋台で見つけたたいやき。※ダジャレです
やはり日本のものとはどこか違う気が。尾ひれが長すぎるのでしょうか。
おなかからイチゴジャムがはみ出しているのが怖いのと、味はなんとなく想像できたので買いませんでした。

他にもタイのスイーツはカラフルで、きれいなものや、葉っぱの器に入った小さなものなど目を楽しませてくれるものがたくさんありました。

中でも私が気に入ったのはホテルの朝食で食べた「カノムクロック」。
たこ焼きの型で焼き上げたお菓子。外はかりっと、中はもっちり。上にはとろりとココナッツミルク。生地は上新粉にココナッツミルクを混ぜたものだそうです。モチモチした食感とコナッツミルクの香りが癖になります。

スイーツつながりで mini chocolate fondue! をご紹介します。
みんなで楽しみながら食べられるので、ホームパーティーも盛り上がります。カラフルなので、子供にも大人気!
そろそろチョコレートが食べたくなる季節ですね。

content_btm.gif content_top.gif
2009年09月11日(金曜日)

人生の価値は、思い出し笑いの数?

090911kawag.jpg

(デザインが完成したばかりの新刊の表紙)

10月10日に発売される著書が、2週間後に校了を迎えようとしています。
校了とは、校正作業をすべて完了して、著者としては作業がゼロになる状態。あとは印刷所におまかせです。

校了前になると、出版社と私とのあいだでゲラが何度か往復することになるのですが、なにしろ締切が迫っていますから、宅急便のやりとりでは間に合わず、バイク便のお世話になることもあります。

今日もそんな予定だったのですが、若くて可愛い女性編集者さんから「いま、会社の事務の者が手があいているので、1時間後に川口さんのご自宅まで再校ゲラをお届けにあがらせます」という連絡がありました。

そして約束の時間の直前、彼女から衝撃の報告が……。

 「事務の者に、ゲラを持たせるのを忘れました!」

わざわざ神保町からうちまで、慣れない電車に乗って来てくださった事務の人は手ぶら! 
申しわけないけれど、大笑いしてしまいました。とりあえず、私が赤字で校正を入れておいた初稿を持ち帰っていただきました。

そんなわけで結局バイク便のお世話になったのですが、編集者さんは泣きながら「思い出し笑いの数で人生の価値が決まるといいますから、今日のことはそのひとつにします」と、自分をなぐさめていました。

content_btm.gif content_top.gif
2009年09月07日(月曜日)

手作りベーグル

こんにちは、みなみです。

昨日、一昨日の東京は、久しぶりのよいお天気でした。
ここ2週間、土曜日も出勤だったため久しぶりの2連休を
楽しみました。

朝から、掃除・洗濯・・・と、なんだか前回の内容とかぶっていますネ。

違ったところといえば、最近時間をかけて料理ができていなかったので
久しぶりにパン作りをしたことくらいでしょうか。
パンといってもベーグルですが・・・

今回は、初めて米粉をいれるレシピを使ってみました。
一時は小麦粉の高騰や「もちもち」の食感が新しいということで、
もてはやされていた米粉レシピですが、
今や「定番」としての地位を確立しているように感じます。
恐るべし、「モチモチ」パワー。私も、あの食感が大好きです。

ベーグル
さて、画像は成形後のベーグルです。
久しぶりなので、真ん中のリングが少し大きく、いびつな形になってしまいました。
写真をパチリと1枚。

オーブンをセットして、他の家事をやっていると
「ピピピッ」と合図がなったので、オーブンを開けると・・・

画像がないのでお分かりのように、
ちょっと失敗してしまいました(^^;)。
発酵が不十分だったせいか、ふくらみがいまいち。

実際に食べてみても、なんだか私の求める「モチモチ」とは
ちょっと違う・・・・う~~ん、難しいですね。
今度は他のレシピも参考に、もっとモチモチしたベーグルを作りたい!
と、心に誓うのでした。

モーニングトレイベーグルサンドを作ったら、
耐熱ガラスのマグとセットになった、
こんなトレイに載せてはいかが?
moi! のサイトはコチラ↓
http://www.kinto.co.jp/moi/index.html

他にも、仕切りのついたブランチプレートやシリアルボウルなどもラインナップ。
お買い物は、コチラから↓
http://www.inest.jp/hpgen/HPB/entries/99.html

content_btm.gif content_top.gif
2009年09月04日(金曜日)

『一個人~横浜を旅する』カフェ特集

090904kawag.jpg月刊誌『一個人』の臨時増刊号『開港150周年・横浜を旅する』(2009年 08月号)で、『元町・山手のカフェ散歩』特集の監修をさせていただきました。

横浜文化はとても濃く豊か。誌上でも、ペリーの来航から開国への歴史、文明開化のハイカラなものたち、ジャズ&バー、横浜中華街の伝説の料理人たち、優雅な洋館めぐり、大衆居酒屋飲み歩きなど、大人の読者が楽しめる充実したページが展開されています。

日本初のパン屋さんは、横浜の内海平吉さん。フランスの軍艦に乗っていたコックさんからパン作りの手ほどきをうけたのだそうですね。
はじめは「パンだか焼き饅頭だか、なんだかわけのわからないもの」ができた、と本誌のページに書かれています。

そしてまた、日本人として初めてのアイスクリーム屋さんがオープンしたのは横浜・馬車道。当時のアイスクリームのお値段は、女工さんの月給の半分だったそう! 氷を函館から船で運んでいたために贅沢品となったようです。
レストランにもエアコンなどなかった時代のこと、テーブルに運ばれるやいなや溶けはじめる、夢よりもはかなく美しいアイスクリームだったことでしょうね。

カフェ特集では、有名老舗カフェから新しいカフェまで、たっぷり8ページご紹介しています。書店でみかけたらぜひ手にとってみてくださいね。Amazonなどインターネットでも発売中です。

content_btm.gif content_top.gif
2009年09月02日(水曜日)

食べられないケーキ“Diaper cake”

20090902.jpg
9月2日は予定日。
何の予定かというと出産です。

仕事関係の方、実際お目にかかる方には既にお伝えしていましたが、現在妊娠していまして、今日が出産予定日です。

無事産まれてくるまで、そして出産に対して不安があって…あまり妊娠したことを公にしていなかったこともありますし、言うタイミングが良く分からないこともあってお伝えしていませんでした。実感が湧くのも遅い方かも?

でも周囲の友人から励まされたり、愛らしいベビー用品のお古や、お祝いをいただいたりして少しずつ実感がわいてきます。いただいた本や絵本を見て感涙する日々です。

その一つ、2人の友人から手作りの「Diaper cake(おむつケーキ)」をいただきました。嬉しい!

このDiaper cakeは、丸めた紙おむつの周りに花や人形を飾ってケーキ型に仕立てたもの。アメリカではベビーシャワーの席や出産祝いに多く用いられています。

「ケーキ」のおむつは実際に使用できるので、実用的でもあります。でも、崩すのがもったいなくて使えなさそう…^^

こうしてお祝いしてもらい、少しずつ喜びがわいてきます。

赤ちゃんを授かることを待望していたこともあり、妊娠することができ、出産、母親になるチャンスを与えられたこと、今まで協力してくれた家族にも心から感謝しています。

胎動を感じ、自分の体に生命を宿していることに神秘さも感じます。

あとは、無事に出産できることを祈るばかりです。
大き目のベビーのようなので、無事出てこれるのかしら??

満月の夜(今月は5日)は、出産が増えるようなので、その頃には出産できるとよいな。

content_btm.gif content_top.gif
2009年09月01日(火曜日)

ガラスの女神像とスケッチ帳

朝晩、少し涼しくなりましたね。

少し前になりますが、新美術館で開催されている「ラリック展」に
行ってきました。

おそらく、、1992年(確か)に国立近代美術館でみたラリック展が
私にとっては初めての出会いだったと思います(昔ですね・・)。

それ以来、幾度とみてもラリック展!と聞くとついつい足が向いてしまいます。
多くのラリックファンはきっと私と同じような気持なのでしょうと・・。


今回は400点にものぼる展示数で、一般的に有名な香水瓶や
グラスは勿論の事、個人蔵のカーマスコットまで展示されてました。
車のボンネット先端にくっ付いているシンボルマークみたいなのです。
staff-yoda-0908031-3.jpgstaff-yoda-0908031-2.jpg
中でも私が一番気に入ったものは、1925年のアールデコ博物館での
野外噴水塔のガラスの女神像。
それそれ表情と姿が違うのですが16種のうち12種の女神像が
展示されてます。

当時は夜になると電灯が点き、それはそれは綺麗だった事でしょう・・・。
神々しくさえもみえます。

もう一つは、ラリックのスケッチ画のノート。
初めて公開されたというオルセー美術館のラリックアーカイブ資料。

ざくざくと鉛筆で描きとめられたメモ帳のデザイン画のなんと力強い事。
しばしガラス越しにへばり付き、見入ってしまいました。


大変見ごたえがあり、出口まで2時間くらいかかりました。

今月7日までですが、ご興味のある方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか。


content_btm.gif