« 本日COREDO室町 オープン | メイン | パクチー中毒 »

content_top.gif
2010年10月29日(金曜日)

バウハウス・キッチン展

2010-10-29staffyoda1.jpg「バウハウス・キッチン展」が今期パナソニック電工汐留ミュージアムで展示されています。
1920年以降、当時の多くの人々の暮らしを対象に様々な面で豊かな生活を送れるための家庭用品など、一般の人々にも普及されるよう大量生産を目的として製作された道具達の歴史に出会えます。

その中でとても懐かしい製品に出会いました。
ヴィルヘルム・ヴァーゲンフェルトがデザインしたイエナガラス工房のティーサービス。
1931年に製作された耐熱ガラスのティーポットセットは展示ガラスごしに見るせいか、またはその過ぎた月日のせいか、少し飴色がかってみえました。

今から約12年程前、初めてのヨーロッパ出張でイエナガラス工場へ同行させて頂いたのを思い出しました。
ドイツの東側に位置するライプツィヒという街に近い場所でした。
真冬の凍て付く夜道、猛スピードで飛ばすドイツ人の運転手さんの「イェーナッ!」
という太い叫び声で眠気が一辺に吹っ飛んだのをよく憶えてます。
イエナについたよ!という運転手さんのお知らせだったと・・・。
なんだかそんな些細な事が思い出されます。
しばし展示ガラスの前にへばりついて色々な思いを廻らして見ていましたが、その時工房を訪ねる事が出来た事は今の私にとって、とても貴重な経験になり今あらためて感謝するのでした。

このティーサービスは復刻版で生産されていましたが、展示されている当時の製品をよくよく見るとどことなく姿が違うようにも感じられます。
しかし、やはりどこにも無い無敵のフォルムでそのティーセット達は堂々とたたずんでいるように見えました。
2010-10-29staffyoda2.jpg
これらの製品が一部の特権階級だけでなく、広く一般の人々に普及される事を目的に生産化されていた事を考えると、今私達の生活している世の中にも多くの人々に愛用される製品があり、それらにはきっと何か共通されるヒントがあるのだろうと思えてきて、また暖かく静かな希望がわいてくるのです。

さてキントーでも様々な暮らしに役立つキッチンツールを販売しております。2010-10-29staffyoda-3.jpg


こられの商品が皆様の日々の生活に自然に溶け込み、また日常に少しだけ潤いをお持ち頂ける存在になりますように。


「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 人気Blogランキングに参加しています。クリックで応援してね。 「ほんわか茶飲み日誌」ブログ 

content_btm.gif content_top.gif

カーラ| チンシャン| アイネスト
人気Blogランキング ←クリックして応援してね
content_btm.gif