content_top.gif
2009年04月08日(水曜日)

春爛漫!

Sweets Coordinator 下井美奈子

20090408.jpg春爛漫! 今日は晴天の中、花びらがヒラヒラと舞う桜吹雪が、とっても綺麗でした。ちょっとお散歩するだけでも「あ、ここの木も桜だったんだぁ」と発見があって、楽しい♪ 部屋から桜が見えるので、ふとした瞬間桜が見えるのも幸せ♪今の季節大好きです。

お花見ランチ、お花見散歩。今年も桜を様々なシーンで楽しませてもらいました。といっても、ちょっと先走って肌寒い中のお花見をしてしまったけれど^^

カシーナ・カナミッラでのランチの最中、日差しを浴びながら桜が、少しずつ開花する様子を見ることができたのは貴重な経験でした。

またロゼシャンパンで乾杯している席で、私はお酒が飲めないのを気を遣ってくださったスタッフの方がローズウォーターを持ってきてくれました。なんて粋な計らい♪

3回行っただけで、もう顔を覚えているスタッフの方もすごいなぁ。
(以前お店にいったのは、半年前だったはず…)

以前より前菜の種類もボリュームもUPして、デザートも美味しくなっていましたよ。もちろん手打ちのパスタは申し分のない味です。

こちらのお店、お花見時期はさらに人気になるので、友人が1か月ほど前から予約してくれました。感謝です…!来年も行きたいなぁ~。(無理か)

*今月発売された「ひとりで行ける上質ごはん」の執筆者の一人として書かせていただいています。フードジャーナリスト会議のメンバーが、それぞれお薦めの“ひとりごはん”を紹介していますよ。
予約なしで、ぶらりと食事したい時に役立ちます!

content_btm.gif content_top.gif
2009年04月01日(水曜日)

表参道にAoビルがグランドオープン!

Sweets Coordinator 下井美奈子

20090401.jpg
花冷の日が続き、今年は桜が長持ちしそうですね。お花見は今週末が見ごろかしら?

先週の木曜日、3月26日に表参道にAoビルがグランドオープン!

斜めにそびえるような独特なデザインが印象的なAoビル。夜のライトアップは、炎のような形のライトの色の変化が楽しめます。(写真上)

やはり注目は海外初出店のウィーンの老舗カフェ「ラントマン」。ウィーン現地の味を国内で再現しようと、シェフはウィーンで修業されたそうです。

ケーキのお薦めは、ラントマントルテと、カイザーシュマーレン、カッテージチーズのムース(TOPFENOBERSNOCKERL:写真中央)です。34種類ものドリンクメニューと一緒に楽しめますよ。

4Fからの景色は、新宿の高層ビルまで見渡せる視界の開けた眺めで、表参道の新たな魅力を感じられます。また気候の良い季節には、その眺めを見渡せるテラス席もあります。
表参道は、高いビルが少ないので、思った以上に遠くまで見晴らせるのが発見でした。

また5Fにはオーストラリアのシドニー出身のシェフが作る料理がいただける「TWO ROOMS」がOPEN!こちらは、土曜日のディナーに行ってきたのですが、まだまだOPENしたばかりで、サービスが慌ただしかったのですが、雰囲気はよかったですよー。
お食事の席より、バー&カフェ(写真下)の方が見晴らしの良い場所にあるので、そちらがお薦め。テラス席もこれからの季節気持ちよさそうです。

新緑が綺麗な季節に、表参道の散歩がてらAoビル探索も楽しそうですね♪

content_btm.gif content_top.gif
2009年03月25日(水曜日)

デンマークの新デザートブランドがOPEN

Sweets Coordinator 下井美奈子

20090325.jpg
先日代官山にあるデンマーク大使館で、デンマークの新デザートブランドの発表会がありました。

「DESSERTCIRKUS」(デザートサーカス)が本国のデンマークを含め、世界第一号店となるパティスリーを伊勢丹新宿店地下1階に3月18日にOPEN!

デンマーク王室でデザートシェフを務め、ヨーロッパで料理をはじめ、デザート部門で数々の賞に輝いているモーテン・ヘイバーグ氏のスイーツは“Keep it simple”をコンセプトに素材にこだわり、丁寧な配合で作られたスカンジナビアスタイルのモダンスイーツです。

ショートケーキ一つとっても、生地がバウムクーヘンのようにモッチリとしていて、今までとはまた違ったタイプの洋菓子を楽しめるでしょう。

“チョコレートバーガー”は、王室に出していたお菓子の一つ。カカオ風味のしっとりもっちりとしたアーモンド生地に口どけのいいクリームをサンドした、マカロンでもブッセでもない新感覚のスイーツです。

スイーツ業界に新たな風を吹き込むデンマークスイーツに今後も注目です!

*写真は上からデンマーク大使館のお庭、新感覚デザート、シェフのモーテン・ヘイバーグ氏とカナダ大使ご夫妻です。


content_btm.gif content_top.gif
2009年03月18日(水曜日)

世界のトップパティシエが集結する洋菓子大会

Sweets Coordinator 下井美奈子

20090318.jpg
すっかり春♪なんと今週末には桜が咲くとか?

先週末は、世界のトップパティシエが集結する洋菓子大会「世界パティスリー」が開催されました。

気合いをいれて、東京ドームホテルで泊まりがけて取材してきましたよ^^
泊まってよかったー
なぜなら、日曜日は朝7:45~大会のオープニングがあったんです。疲れた時は休めたし。
ちなみに世界各国の選手も、ドームホテルに宿泊されていました。

2日間かけて13時間という長時間にわたる大会を間近で見て、パティシエという仕事の深さ、多様さを改めて感じました。選手の方々をはじめ、携わった全ての方々の洋菓子への思いが集結した、素晴らしい大会でした。

その大会の迫力を少しでもお伝えできればと思い、先ほど記事を書き上げました!

しかも、洋菓子界の重鎮でいらっしゃる方々が委員を務められ、また日本開催の第一回目を担われる世界大会という重圧にも関わらず務められた運営側の方々のご尽力に敬意を感じるとともに、日本で開催されたことで、このような世界洋菓子大会を間近で見ることができたことに改めて感謝したいと思います。

この大会の模様は、2009/03/21 10:45~11:40 フジテレビにて「世界パティスリー2009~トップパティシエによるスイーツの祭典」というテーマで放送されますよー!
録画しなくちゃ。


content_btm.gif content_top.gif
2009年03月11日(水曜日)

ホワイトデーはマシュマロデー?

Sweets Coordinator 下井美奈子

2007_0306_143256.jpg
少しずつ春らしい天気になってきましたね♪

さて今週末はホワイトデー。
バレンタインデー同様、土曜日なので、義理チョコを配ったか否かで、義理ホワイトデーの、「ある」「なし」が決まりますね。

曜日の影響か、今年は義理チョコが減少し、友チョコや逆チョコが増えたようです。となるとホワイトデーの立ち位置も微妙になります。

もともとホワイトデーはバレンタインデーのお返しに、全国飴菓子工業協同組合(全飴協)が「ホワイトデー」として催事化したことが始まりといわれています。

全飴協の全国総会で「キャンデーを贈る日」として制定され、2年の準備期間を経て1980年に第1回の全国規模のホワイトデーが開催された。飴の材料である砂糖が白色だったため「白=ホワイト」から「ホワイトデー」と命名されたとか。

その説とは別に、「ホワイトデーは1977年、福岡市の老舗菓子屋“石村萬盛堂”がバレンタインチョコのお返しとして、白いマシュマロを売り出し、全飴協よりも先に考案したとする説もあります。三代目社長が「バレンタインデーのお返しにマシュマロを贈りましょう」と“マシュマロデー”を発案したそうです。
友チョコ、逆チョコのお礼にもマシュマロもよいかもしれません!

どちらが元祖かは定かではありませんが、韓国では同様にホワイトデーがあるようで、欧米では見られないイベント。

ちなみに4月14日は韓国ではブラックデーというものがあるらしく、バレンタインデーやホワイトデーで贈り物を受け取れずそのまま恋人ができなかった者同士が黒い服を着て集まり、チャジャンミョン(中国の炸醤麺に似た黒いあんをかけた韓国独自の中華風麺料理。日本では、いわゆるジャージャー麺)を食べるそうです。

さらに5月14日には、このブラックデーに集う友達もいなく、出会いがなかった寂しい人は、5月14日にカレーを食べなければいけない、という「イエローデー」もあるそうです。
カレーの色にちなんで「警告!イエローカード」だとか…。

日本でも流行るかな?

content_btm.gif content_top.gif
2009年03月04日(水曜日)

3月の2K

Sweets Coordinator 下井美奈子

昨晩は「雪が降るらしい…朝起きたら、銀世界になってたりして♪」
と、内心ワクワクしていたのですが積もることなく終了。ちょっと残念。

もう3月になりましたね。春もすぐそこ!

3月で、いつも頭を悩まされるのは、花粉症と確定申告の2K。
花粉症で頭がぼーっとしている時に、確定申告でPCとにらめっこ。

今年こそe-taxに挑戦しようと、住民基本台帳カード、カードリーダー、ソフトのインストールまで揃えたものの、訳がわからなくなって結局は税務署へ…。
できることなら税理士さんにお願いしたいところですが、そんな身分でもなく…。毎年、地道に作業しています。
20090304.jpg

さてさて、3月14日はホワイトデーでもありますが、洋菓子業界注目の、世界パティスリーの第一回目が開催されます!

世界トップクラスのパティシエ、日本を含む計8カ国によって、デザート&スイーツの味と技を競い合う国際コンペティションが開催されます。

3月13日~15日に開催される併設イベントスイート・スイーツ ジャパン2009では、一般のお客様が日本初上陸の最新スイーツや有名パティシエの限定商品などに出逢うことができます。

もちろん取材予定♪楽しみです!

content_btm.gif content_top.gif
2009年02月25日(水曜日)

バウムクーヘンで思う私の癖

Sweets Coordinator 下井美奈子

雨が降り続いていますね。この雨、もう菜種梅雨だとか?
3月下旬から4月上旬にかけて降る雨のことを言うようですけれど、今年は春になるのが早いようです。もう春が近づいているかと思うと嬉しいですね♪
20090225.jpg
さて先週の土曜日にNIKKEIプラス1でバウムクーヘンランキングが掲載されましたが、その選者を務めさせていただいています。実は、購入し忘れてランキングの状態が今分からないのですが…。

バウムクーヘンは伝統的なお菓子ではありますが、今静かなブームが起こっています。形体も様々になり、オリジナリティあふれるものが多くみられます。

そしてバウムクーヘンというと、あの年輪に沿って層ごとに分解して食べるのを楽しんでいた私の幼少期を思い出します。

そう、私は子供の頃、食べ物を分解しながら食べるのが好きだったのです。

例えば明治製菓のアポロならば、イチゴ風味のピンク部分とチョコ部分を前歯で分けて食べていましたし…
きのこの山ならば、クラッカーからカサのチョコ部分を取って、それぞれの味を食べないと気が済まなかったし…
たけのこの里も同様に、クッキーとチョコを外して、別々に食べていました。
もちろん一緒に食べることもあるのですが、分解して食べることにより、食べ方を変えて楽しんでいたのです。

…この分解行為は、実は今でも続いていて…

例えば、ショートケーキなら分解まではしないものの、スポンジとクリームをそれぞれ味わいたくなるし…
複雑な構成のケーキならば、まず半分に切って断面を見て、その部位ごとの味をみた上で、最終的に一緒に食べたり…
ボンボンショコラならば半分に切ってから、中に何が入っているか確かめてから食べたくなるし…

…マナーとしても、食べ方としても最悪です…

今となっては「仕事上、そういう食べ方しているの」と、それらしい言い訳ができますが、別に今始まったことでもなく…

単に幼少の頃からの癖が、今に続いているのではないかと思う今日この頃です。

content_btm.gif content_top.gif
2009年02月18日(水曜日)

黄金比率バニラプリン

Sweets Coordinator 下井美奈子

20090217.jpg
週末は暖かくて気持ち良かったですね。
梅の花も満開で、お散歩する度に梅の香を楽しんでいます。

でも急に冷え込んできたので、皆様体調に気をつけてくださいね。

さてさて森永乳業で1月27日より洋菓子作りには欠かせない「バニラ」の香りを研究した、「黄金比率バニラプリン」を発売されました。

私も味覚評価の一人として開発に参加させていただいたのです。
他に味覚評価に参加された方は

  川村 英樹シェフ(アテスウェイ)
  永井 紀之シェフ(ノリエット)
  木村 成克シェフ(ラ・ヴィエイユ・フランス)
  平岩 理緒さん(「幸せのケーキ共和国」主宰)
  三宅 清さん (お菓子のサイト「パナデリア」主宰)

と豪華な顔ぶれです!ご一緒させていただき光栄でした。

バニラの香り一つとっても、産地により違いますし、同じ産地でもレッドビーンズとブラックビーンズでは異なる性質をもっているのを実感しました。
  
味覚評価の6名は、異なる日に審査をしたのですが、面白いことにほとんどの方が華やかで甘い香りが際立つ同じバニラの香りを選びました。
  
また、試食したときには、硬めの口当たりだったので、もっと滑らかに仕上げていただくようお願いし反映していただきました。

商品名はプリンと表記されていますが、どちらかというとパンナコッタをイメージした商品と言ってよいでしょうね。

1月27日より全国で発売されているのでどんな香りか、ぜひお試しください! 

content_btm.gif content_top.gif
2009年02月11日(水曜日)

義理チョコどうする?

Sweets Coordinator 下井美奈子

22090211.jpg
バレンタインデー目前!
今年のバレンタインデーは2月14日の土曜日。(ホワイトデー3月14日も土曜日)
会社勤めの方が義理チョコを渡すには、微妙~な日程ですね。

前倒しに13日(金)に渡すか…はたまた、土曜日の週末ということで義理チョコは“無かったこと”にするか…迷うところですね。

ちなみに来年2010年の2月14日、3月14日は日曜日。
今年、チョコを渡すか否かで義理チョコの2年分が決まるわけです。
洋菓子ガイドが言うのもなんですが、悩ましいですね~。
(*お薦めの義理チョコ&上司チョコは今月号のOggiでご紹介しています。悩んでいる方はご覧くださいね。)

本命チョコのご予定の方は、ゆっくり過ごせてよいですけど。
また「子供と一緒に家族で作るチョコレート」といった週末を売りにしたチョコレートの販売戦略が、今年は多いようにも見受けられます。

今年の人気チョコレートというと…日本経済新聞のNIKKEIプラス(2月7日発売)と、今発売されている週刊文春でチョコレートランキングの選者をつとめていますが、どちらのランキングでも3位になったのが、昨年9月に広尾にOPENした、ショコラティエ・ボナ

ボナ社は1904年に世界で初めてカカオの産地別のシングルビーンズ チョコレートの製造に成功。このシングルビーンズ チョコレートの美味しさを、一粒ごとに包んだグラン クリュ・ドミノは特にお薦め。

16粒入りは、8種類のショコラが2粒ずつ入ったアソートボックス。
一粒ずつ8種類は私一人で食べちゃったので、あとの8粒を旦那さんのバレンタインにあげようかなぁ~♪(←せこい)

content_btm.gif content_top.gif
2009年02月04日(水曜日)

ナッツと豆の違い?

Sweets Coordinator 下井美奈子

20090204.jpg
昨日は節分でしたね。
私も福豆をもらって、食べましたー!

右の写真は豆ではないのですが、ヘーゼルナッツ。
左から“殻付”“皮付”“皮なし”の三種類。

特に殻付は非売品なので、初めて見ました。
見た目もコロンとして、可愛らしいですよね!!

このヘーゼルナッツをつかった、バレンタイン向けのチョコレートレシピを掲載しているので、よければご覧ください☆

キャラメルやチョコレートをコーティングしても、アーモンドより小ぶりにできて、一口サイズで食べやすいのもGood。

ヘーゼルナッツのプードル(粉)は、皮の部分が香ばしくザクザクとした食感になり、フィナンシェにしても美味しかったですよー。

この撮影の時、スタッフの方々と「豆とナッツはどう違うのか?」という議論(?)になりました。

「豆はタンパク質、ナッツは油脂が主な栄養なので、栄養素の違い?」
「ナッツは固い殻にはいってて、豆は柔らかい殻にはいってるのでは?」
「英語だとbeansとnuts?」

などなど、色々話していたものの、結果はすぐには出ず…
今になってネットで調べてみました。

ネットでも検索すると、同じような疑問を持っている方が、結構いらっしゃるんですね。

それでも、明確にはわからないのですが、豆は多年草、ナッツは主に木に実るものだとか?
でもコーヒービーンズは木だし、ピーナッツは一年草だし…。

やはり栄養素の違いが、明確な違いかも。

うーん、サッパリとは解決しないんですよね…。
結果がはっきりしなくて、ごめんなさいー!

content_btm.gif