content_top.gif
2008年01月30日(水曜日)

市川幸雄シェフのチョコレート折り紙

Sweets Coordinator 下井美奈子

2008_0129_150825.JPG
先日帝国ホテルの市川幸雄シェフのチョコレート作りの講習会に行ってきました。プロでも難しいとされているチョコレートの扱い方を丁寧に教えていただき非常に勉強になりました!

市川シェフといえば、洋菓子の全国大会「クープ・デュ・モンド・ドュラ・パティスリー2007」で優勝された日本チーム3人を率いたリーダー。16年ぶり2度目の優勝という快挙を成し遂げられた方です。一年も前の話になりますが、やはり素晴らしいことですよね。

「皿盛りデザートとチョコレートのピエスモンテ」を市川シェフが担当されました。(他に「アントルメショコラと飴細工のピエスモンテ」担当の藤本氏、「アントルメグラッセと氷彫刻」担当の長田氏がいらっしゃいます。)

会場には優勝された時のピエスモンテのミニチュア版が展示され、レシピ以外に大会当日のお話をお伺いすることができました。

テレビやイベント、雑誌などでもクープ・デュ・モンド・ドュラ・パティスリー2007の様子はご存じかと思いますが、せっかくなのでご紹介させてください!

テーマは「大自然」。ピエスモンテは「ジャックの豆の木が伸びて、キリンになった様子」を浮オ、「大地の恵みと親子愛」をテーマにされたそうです。

そして市川シェフがこだわったのはチョコレートの型。「出来合いの型にチョコレートを入れて流して固めるだけでは、誰でも同じものができてしまう。それが嫌だったのでオリジナリティを出したかった。」

そして考えついたのが“日本の折り紙”。折り紙の本を見て学び、“プラ版”を試行錯誤しながら折り、キリンの顔に見えるよう市川シェフの右手にもっているような(写真中)プラ版を作られました。

そのプラ版にチョコレートを塗って固め、“チョコレートが折れる瞬間”を見極め、チョコレートを折ってキリンの顔に仕上げていく。チョコレートを折るなんて発想もすごいですが、職人技にも驚きですね。

そして「手で触っただけでも溶けてしまいそう」という質問に、「僕、手が冷たいんですよ(笑)」というご回答をいただきました。

また大道芸人がよく動物などを作る風船ありますよね。あの風船にチョコレートを流し、キリンの角を作ったそうです。これもなかなか無いアイデアです。

大会中、このプラ版や風船のアイデアを審査員にPRすることも、計画のうちだったとか…。

本来ならテーブルの上を清潔に綺麗に保っていることも、評価の一つなのですが、このプラ版の型と風船を、ディスプレイするかのようにテーブルに広げました。それを審査員が目につけ、なんだ?なんだ?と集まったところを見計らって、おもむろにチョコレートをプラ板型に塗り、審査員が大勢いるところで、チョコレートを折るところ、そして風船にチョコレートを流すところを見せられたそうです

「時間的にはいっぱいいっぱいでしたが…これはPRするところだと思い、無理に時間をとりました。」とのこと。なんとも大胆な計画ではないですか!これにより審査員に「魅せるチョコレート」をご披露された市川氏に称賛が向けられました。

また室内は温度管理が難しく、最初16℃だったのが、人の熱気や作業場の熱気により、朝室温が16度だったのが、最後は28℃まで上がってしまったそうです。そんな熱い温度の中チョコレートを扱うのは、なんと大変なことでしょう…!(冷却スプレーも使われたそうですが、やはり温度の上昇は避けられなかったそうです…)

またチョコレートの温度管理に適した電磁調理器を日本からお持ちになったそうです。電圧も違いますから、変圧器ももちろん一緒に。テロ対策のために、すべての道具を運べなかったのも大変そうだったそうですよ。

…などな市川シェフより色々伺ったのですが、書ききれませんね。

また市川シェフのチョコレートは、帝国ホテル内のガルガンチュアで販売されています。
フジテレビのスイーツスイーツでも紹介された、市川シェフの自信作のチョコレートケーキ「デュエット」(写真下)は1月31日迄の販売ですので急いでくださいね!

バレンタインデーに、市川シェフのチョコレートもお薦めです!

content_btm.gif content_top.gif
2008年01月23日(水曜日)

サロン・デュ・ショコラ

Sweets Coordinator 下井美奈子

20080123.jpg
スイーツ好きの方にとってはお待ちかねの、サロン・デュ・ショコラが新宿伊勢丹で開催されていますね! 昨日、それに先駆けてプレスレビューに伺ってきました。

フランスで毎年催される世界最大のチョコレートの祭典で、日本では今回で6回目。

全13カ国、約56ブランドのショコラが集結していました!
さらに、トップショコラティエが30名も来場されていますよー。

また今年初の試み「ショコラアンファンコレクション」(チョコレート子供服コレクション)のファッションショーが催されました。サロン・ド・テ・スリジェのパティシエ和泉光一氏が、コラボレーションしたショコラを使った子供服やチョコレートをモチーフにした洋服は会場に展示されています。

今年、日本のサロンドショコラ初登場のお店は以下の4店。
フランスでも数少ないショコラティエのM.O.F.の認定をされているパトリック・ロジェ氏。来場されていました。ルレ・デセールの会員でM.O.Fを取得2004年に取得された、フランク・フラッャ梼-。ルクセンブルグ大公御用達、先代がルレ・デセールの名誉会長であるピット氏。そしてストラスブールの「パティスリー キュブレー」のパティシエ、浅見欣則氏。

浅見氏は、大型のチョコレート工芸を展示されていました。
このチョコレート工芸を見ていたファブリス・ジロット氏は「会期中にあのニワトリ飛んでいきそうだねぇ」とギャグをおっしゃっていました(笑)

伊勢丹のサロン・デュ・ショコラに来て必ず買うのが、セレクションボックス。
今回は3種類あったので3つ買っちゃいました。お買い上げ合計金額、11600円。もちろん自腹ですよ~。これだけ色々なパティシエのチョコレートがいただけるなら破格! だってユーロは高いし旅行したら高いもの。

・・・なんだか金銭感覚がおかしいでしょうか・・・。ウスウス気づいていますが、チョコレートの大人買いは止められません。^^

そして三越のショコラも素晴らしいですよー。昨年に続きパリ老舗のラデュレのチョコレートや、ルレ・デセールの会員のショコラのセレクションボックスもお目見えします。
(これについては、別途記事でご紹介します。)

この季節、チョコレートが色々あって楽しい♪

バレンタインデー用ではなく、完全に自分のために買っているのが旦那さんには申し訳ないんですけどね。でも一緒に味見する予定ナすから。

*今月号のChouChouで、チョコレートを食べつくしてコメントさせていただいています。

content_btm.gif content_top.gif
2008年01月16日(水曜日)

二十歳の頃何してました?

Sweets Coordinator 下井美奈子

2005_1214_140238.jpg
「二十歳の頃何してました?」

先週の金曜日、J-Waveの生放送で、突然そんなことを聞かれました。

台本では「年末年始何してました?」と聞かれるはずだったので、かなーり焦って私の学生時代のうろ覚えのことを話しましたが、きっとシドロモドロだったはず。

特に録音していないので、自分で自分の焦り具合を確認はできませんが、聴いていた方々失礼しました^^; 音楽が流れ話し声が放送されていない時、ナビゲーターのクリス智子さんが爆笑していたので面白かったのかしら? 

とーーっても昔の話、結濠oえていないものです。
だって二十歳ですよ。成人式の頃ですよ。

ラジオでの反省を踏まえ、じっくり思い出してみましょう。

成人式後の友人たちとの待ち合わせでは、携帯電話がなかったので、駅前の伝言板に
「つぼ八で待つ!」
など書いたりしていました。(*注:つぼ八=居酒屋)

ポケベルなんてものが出始めたのもこの頃(持ってなかったけど)。
自宅で友人と電話する時は、電話器のコードをめいっぱい伸ばして、階段に座り深夜まで話し込んでいました。

部活動をしている時でもあったので、どんなに体を酷使しても深夜の電話はやめられず、睡眠時間を削って話をしていました。睡眠時間が3時間になろうと、通学時間1時間40分かけて学校に元気に通っていましたし。

今じゃ、運動した日は眠くて眠くて、8時間くらい寝て、翌朝体が痛くて起きられないありさま^^;

電話は便利になっても、体は不便になりました。

皆さんの二十歳のころは、いかがお過ごしでしたか?

写真:J-WAVEでご紹介したスイーツです。

content_btm.gif content_top.gif
2008年01月09日(水曜日)

平成20年

Sweets Coordinator 下井美奈子

20080109.jpg2008年です。新年です。なんと平成20年です。

平成元年生まれの子たちが、20歳になるんですね。月日が流れるのはなんて早いんでしょう。「昭和」という響きがセピア色に染まりつつあります。^^;

新年の抱負は、昨年とあまり変わり映えしないので、ご報告するのは辞めることにして・・(ということは、昨年の抱負は実現できていないことに・・・!)、新年の出来事をご紹介します。

年末年始は、休みの取り方によっては9連休で「海外旅行に行ってらっしゃい!」と言わんばかりの休日ではありましたが、住宅ローンが開始された我が家では、そんなノリはなく、家でゴロゴロDVD鑑賞を楽しんだりしました。

もちろんお互いの実家に新年の挨拶に行きましたよ。
主人側の義母は現役の働きウーマンで、とてもイマドキの方。
おせち料理も新宿伊勢丹で蘭J始当日に注文し、片岡シェフのイタリアンおせちをお取り寄せしてくれました。
長男の嫁である私は、それを美味しく頬張るだけ。^^;

本来ならば、年末からおせち料理の支度を手伝わなければいけないところですよね。
義母も私と同じ歳の頃は、年末は長男の嫁として、おせち料理の支度が大変だったはず。それを嫁の私に強いることもない懐の深い方です。
甘やかされた嫁だと自覚しているものの、主人の実家に感謝です。

1月6日は、エピファニー(公現節)のお祝いでフランスの伝統菓子「ガレットデロワ」をいただきます。中にはフェーブ(空豆)が一つケーキに入っていて切り分けたケーキの中から、そのフェーブが当たったら王様(女王様)になれるというユニークなケーキ。皆でこのケーキを囲んで食べるのが年始の楽しみです。

今年はどんなガレットデロワだったかというと・・・2007ガレットデロワコンテスト スーチアン部門 第1位に輝いたガレットデロワをお取り寄せしました。強力粉を使用した折込パイは丁寧に手で仕上げていて、食感はバリッとしていてそのあとパラパラとパイ生地が口の中でパイ生地がほどけていきます。アーモンドプードルはシチリア産のビターな香り。アーモンドの味を生かし、余分な風味を一切なくした味わいに感動!また取り寄せたいなぁ。

食のことに偏った日記から2008年をスタートしてしまいましたが・・・
2008年も、どうぞ宜しくお願いしますね。

content_btm.gif content_top.gif
2007年12月26日(水曜日)

2007年三大ニュース

Sweets Coordinator 下井美奈子

20071227.jpg2007年もそろそろ終わり。

今月は、何度かホームパーティに招待いただきました。(なんとも美しいテーブルセッティングの写真→)

人が集う月でもありました。友人たちと美味しい食事と楽しい話。これほど幸せな時間はありませんね。ガールズトークで7時間があっという間っ!なんてこともありました。

年末になると、決まって友人たちと今年のことを振り返ったり、来年の抱負を語り合ったりします。

清水寺で発浮ウれる「今年の漢字」を真似して、皆で「今年を一文字で浮キと何?」と話し合ったり・・

「今年の三大ニュースは何?」

なんて話したりします。私は何だったかなぁ。
良かった三大ニュースは

 家を建てたこと
 仕事が前にも増して楽しかったこと
 友人、家族との絆が深まったこと

かな。

ちょっと辛かったことがあったとしても、良かったことが多々あったので今年は総じて良い年でした♪

気分が憂鬱になったり落ち込んだりする時は誰でもあるもの。でも、ちょっとした幸せ探しをすると、日々の小さな幸せが重なり心の豊かさが生まれるのではないでしょうか?

こちらのサイトに「ちょっとした幸せ」“ちょこアゲ”をご紹介していきますね。


次回のブログは1月9日です。
来年が皆様にとって、心豊かな一年になりますように!

content_btm.gif content_top.gif
2007年12月19日(水曜日)

今年注目のクリスマスケーキ☆

Sweets Coordinator 下井美奈子

c02_shimoi_071219.jpg

クリスマス目前! 

ある媒体に、今年の注目のクリスマスケーキについてコメントさせていただきましたが、そこで紹介したものをちょっぴりご紹介します。

今年はカップケーキが流行したこともあり、可愛くデコレーションされたフェアリーケーキフェアのクリスマスケーキもよいでしょうね。二人きりのクリスマスなら食べきれるサイズですし、外でお散歩クリスマスデートなら、切り分ける必要もないですし。

またジャン=ポール・エヴァンの銀色に輝くビュッシュ・ド・ノエルはショコラムースに唐辛子のクーリー(ピューレ)を合わせた斬新な味わい。見た目も、ケーキとは思えない金未来的なデザインもインパクトがあります。(写真上)

ラ・ヴィエイユ・フランスの「ベラベッカ」(Berawecka)もお薦め。
木村シェフが修行されたストラスブールの洋菓子店「ネゲル」ではベラベッカをクリスマスに向けて作られていたそうです。

ドイツの国境近いアルザス地方のストラスブールでは、シュトレーンやブレデル、パンデピスと同様にクリスマスのお菓子として定着しているもの。

このBeraweckaはアルザス語で「洋ナシのパン」という意味。
この洋ナシのコンフィをフランスから取り寄せるのに時間がかかり、「洋ナシが間に合ってよかった。」と、笑顔で話される木村シェフ。そして「ドライフルーツ・ナッツがぎっしり詰まったスパイスの香りが特徴のアルザス地方の冬の保存食。5mm程度にスライスしワインと一緒にいかがでしょう?」とお薦めされていました。

洋ナシが半分以上しめているベラベッカには、いちじく、プルーン、杏、レーズン、胡桃、アーモンド、オレンジピール、レモンピール、チェリー、そしてキルッシュで香りづけしてある、噛めば噛むほど味わい深いフルーツケーキです。少しのパン生地でまとめているので、ほとんどがフルーツという印象のケーキでした。

皆さんはどんなクリスマスケーキと共に過ごされるのでしょうか?
今年のクリスマスは3連休。素敵な休日をお過ごしくださいね。

Happy Holiday!

content_btm.gif content_top.gif
2007年12月12日(水曜日)

クリスマスツリー

Sweets Coordinator 下井美奈子

2007_1209_101649.jpg
仕事がら気分はすでにバレンタインデーですが、友人の家のツリーがあまりにも可愛かったので、それに触発され、我が家でもクリスマスツリーの飾り付けをしました。

そこでIKEAで生木のツリーを購入。
こちら小さめですが1980円と破格。しかも1月にIKEAにツリーを返すと1980円分の商品券がいただけるという仕組みに…。このツリー、確実に客寄せです。

ツリーしか買わなかった我が家のような客が一番困るんでしょうけど。
数がずいぶん少なくなっているようでしたが、まだ売ってるかな? 
気になる方は、まずはIKEAに連絡してみてくださいね。

ツリーの飾りは、正直自分のセンスを疑ってしまう…。もっている全ての飾りをツリーにつけてしまった^^;。ツリーの足元には、TreeSkirtとポインセチアで飾ってみました。
生木なので水をあげたり、葉っぱに霧吹きで水を吹きかけてあげる必要があったり、手間もかかりますが、部屋にクリスマスツリーがあると、なんだかそれだけで、ほんわか幸せ気分♪

さらに大掃除も実施。
ありとあらゆる場所をメラミンスポンジでキュッキュと磨いて、油でこびりついたフードの汚れを必死に落としてみました。

部屋を一生懸命片付けたのは、実は今日、バレンタインレシピ関係の撮影がある予定セったから。しか~し、昨日突如連絡がはいり、撮影が延期になりました。

せっかく部屋掃除して材料も買ったのになー。残念!と思いましたが、大掃除のきっかけになったからよかったかな。それに、お掃除は気分転換になりますしね☆

今年もあと少し。来年を気持ちよく迎えるために、残りの日々を大切に過ごしましょう!


content_btm.gif content_top.gif
2007年12月05日(水曜日)

ブランド銀座通り

Sweets Coordinator 下井美奈子

20071205.jpg
ついに12月!この季節になるとさらに華やかな雰囲気になる銀座にも足を運びたくなります。
次々にOPENしたブランドビルが並ぶ銀座通りがまさにブランドの通りのメッカになりましたね。
また週末は銀座通りが歩行者天国になることで、お店に行き交いやすくなり人で賑わっていました。

11月~12月にかけてアルマーニやブルガリなど次々にオープンし銀座をウロウロ散歩すると、新しいブランドビルが高くそびえていて、口をあけてビルを仰ぎ見てしまいます。アクセサリーを買う予定はありませんが併設されたカフェやレストランには興味あり!

ということで新しくできたブランドビルを探索して、アルマーニタワーの「ARMANI RISTORANTE」でランチしましたよ。これについては、また別途OL美食でご紹介しますね。

ブルガリタワーは、9Fがイル・リストランテ、10Fがイル・バールになり、イル・バールでは、表参道のショコラトリーで作られた、1粒600円~のショコラが購入できます。このバールは、銀座の町を上から眺められるような開放感があって良さそうでしたよ。
リストランテではランチ5000円~でした。

そして12月1日にオープンしたdunhill 3Fにあるカフェもお薦め(写真上)!18:00以降はシガーバーでチャージ料がかかりますが、お茶の時間は革張りのアンティーク調のソファでお茶をいただくことができます。またイメージキャラクターのブルドックのBOBくんが、お店の前で寝ころんでとってもキュート! 客寄せパンダ状態で、たくさんの人がBOBくんを取り囲んでいました。でも客寄せのお仕事もお疲れなのか、入口を塞ぐようにしてお昼寝中です。
31985878.jpg

銀座の街にブランドが集中しているのもあり、円安の影響か、最近海外からの旅行客が多くなりましたよね。海外旅行者向けともいえるミシュラン本も、きっとこうした海外からの旅行客狙いかもしれません。

恐れ多くもミシュランの本発売に合わせて?OL美食特捜隊などで共著の本「東京ランチレボリューション」(東京書籍)が発売されました。川口葉子さんからは、素敵なカフェでのランチ、そして築地王の小関さんからは築地でお薦めのランチスポットなどなどなど。選びに選んだランチ処が凝縮した厳選ランチ本!お出かけの際の実用本として重宝します♪是非書店でお見かけの際は、ご覧くださいませ☆

content_btm.gif content_top.gif
2007年11月28日(水曜日)

みかん狩り

Sweets Coordinator 下井美奈子

2007_1124_105748.jpg天気に恵まれた三連休、20名くらいで一泊二日で伊豆熱川温泉に行ってきました。

毎年ぞろぞろ旅行に行くのも今年で8回目。(私は途中参加していませんが。)企画力のあるメンバーに毎回感謝しています。10周年企画もあるようなので楽しみ♪

旅行2日目の午前中、みかん狩りに行ってきました。

海が臨める山にみかんの木があり、そこで好きなだけみかんを取っていただくことができます♪

こりゃ楽しい!

「大きいのが美味しいのかな?小さいのが美味しいのかな?」

「この木と、あっちの木どっちが美味しい?」

「陽のあたる場所になっているミカンの方が美味しいに違いない。」

「土からの養分を早く吸い上げた、下の方になっているミカンがおいしいはずだ!」

と、訳の分からないウンチクを言い合い、みかん評論家にでもなった気分で、皆でみかんを分け合って味見していました。(そんな人は、うちのグループだけでしたが・・・)

結果、木によって味が違うことも分かったのですが、「小さめのミカンの方が、ちょっと酸っぱいけれど香りがあって美味しい!」ということに。
大きなミカンは甘いこともあるんですが、大味だし薄皮が分厚くて食べにくいんです。
食に詳しい友人も「果物でも野菜でも成長期の方が味が濃いよね」と教えてくれました。

スーパーで安いのは、どちらかというと小さなミカンがたくさん入っている方。
なので今までお得感があるから小さめのミカンを買っていることもあったのですが、これから堂々と小さなミカンを買おうと思います♪

(まぁ、今回のみかん狩りに限ってかもしれませんけどね。)

content_btm.gif content_top.gif
2007年11月21日(水曜日)

食の本も色々

Sweets Coordinator 下井美奈子

20071121.jpg「ミシュラン東京2008」の発売、いよいよ明日ですね。
既に発浮ウれていますがの3ッ星店は…

レストラン カンテサンス(フレンチ)、レストラン ロオジエ(フレンチ)、シャトーレストラン ジョエル・ロブション(フレンチ)、神田(日本料理)、濱田家(日本料理)、小・日本料理)、すきやばし次郎(すし)、鮨 水谷(すし)です。

一つ星、二つ星のレストランを見て、うむむぅ。

私が大ファンの三田にあるフレンチ「コートドール」が、まったく星なしとは残念!事前奄ナはコートドールは三ツ星確定とも言われていたんですけどね。

☆の数は分からないけど、かならず☆は取ると思っていたのもあり、義父の誕生日祝いに「コートドール」の予約をしたところでした。ミシュランで☆がつくと蘭ェ取れなくなりますからね。(実際、3つ星レストランの蘭d話が殺到しているようです。)

「レストラン カンテサンス」はランチとディナーを、「レストラン ロオジエ」と、「シャトーレストラン ジョエル・ロブション」はランチだけ食べたことがあるけれど…コートドールだって引けはとらないはず。
(あ、もちろん自腹ですよ。)

「でもコートドールは1年半ほど前に食事したから、その間で味やサービスが変わっちゃったのかな?」
…なんて、一瞬思いがよぎるのが、ミシュランの怖いところ。

ミシュランの星の数が減ったことでフランスではシェフの自殺者が出てしまったくらい、大きな影響がありますから。
食事の嗜好は人それぞれですから、自分が美味しいと思ったものを楽しみたいですね。

話は変わって、先日ガストロノミア プレゼンツ「気軽に楽しむ スローフード」にお伺いしました。講師はお知り合いでもある料理家 宮川順子先生。体に優しい食に対する知識がとっても豊富な方です。私も大ファン♪

先生曰く・・

工業製品の食品をつかわず、手作りをすること。
有機無農薬また近隣でとれたての野菜を使用すること。
サラダ油ではなく、油の原料が明確なものを使用すること。

などなどなど。
体の基本になる食についての大切さを学びました。

また宮川先生がお薦めする「食卓の向こう側」も購入し読ませていただきました。西日本新聞で、「食」と「くらし」をじっくり見直そうという、長期連載をまとめたものです。
今の時代大切なのは、もしかするとミシュランより、こうした食の問題を考える本なのでしょう。

一番大切なのは血となり骨となる日頃の食事だとしみじみ思います。
特別な日以外には☆付レストランで食べられませんから・・・^^;

content_btm.gif