content_top.gif
2007年08月30日(木曜日)

ザ・ペニンシュラホテル東京OPEN!

Sweets Coordinator 下井美奈子

peninsura.jpg
9月1日OPENのザ・ペニンシュラホテル東京のレセプションにお伺いしました。
東京都内に次々にオープンした外資系ホテル建築ラッシュも、このペニンシュラでいったん終息のようですね。ホテルだけでなく、新丸ビルや東京ミッドタウンをはじめ、大型のビルも次々にできています。

9月1日には銀座プランタン横にマロニエゲートもOPEN。先日、中をちょっと拝見したところ東急ハンズやレストランなどが入っています。ブラッスリー ポール・ボキューズ銀座やデセールをコースで楽しめる業界初のデザートレストラン「MIRAVILE IMPACT」などなど。こちらも楽しみです!(レセプションにいくので、また改めてご紹介しますね。)

「日本の和とペニンシュラの融合」をコンセプトにされ最新設備が整った客室やスパも、ここでは書ききれないくらい素晴らしかったのですが、食いしん坊的にはやはりレストランとスイーツに注目です♪簡単にご紹介すると・・・

24階の最上階に位置するレストラン「Peter」 は皇居外苑が目の前に広がる眺望が魅力。
ロビー階から特別なエレベーターでお店に行きます。(客室のエレベーターとは違うのでご注意!)料理長はロンドンのサヴォイホテルおよびニューヨークの「ダニエル」でキャリアを培われた“パトリス・マルティーノ”。フォアグラのテリーヌが美味でした。

2階には広東料理の「ヘイフンテラス」中国蘇州にある世界遺産「蘇州古典庭園」をコンセプトにされた店内は、香港から取り寄せた調度品が並び、日本ではないような雰囲気です。
また香港のペニンシュラホテルにあるレストラン「スプリングムーン」の料理長「タン チィ キョン(鄧志強)氏」が、ヘイフンテラスの料理長としていらっしゃいます。
試食させていただき、非常~に美味しかったので、こちらのお店はすでに蘭マみです♪
(ヘイフンテラスについては、OL美食特捜隊でご紹介しています。)

地下1Fには季節の彩り豊かな食材を使用する伝統的な日本料理の「京都 つる家」。
また注目は、1Fエントランスの「ザ・ロビー」でサービスされるアフタヌーンティ。香港のペニンシュラでも、長蛇の列ができるほどの人気なので、並ぶことは避けられそうもありません。(こちらは残念ながら蘭ナきません)

また地下1Fには「ザ・ペニンシュラブティック&カフェ」があり、ペニンシュラチョコレートやパークハイアットで務められた野島茂氏のスイーツが店頭に並んでいました。エントランス脇がガラス張りになっているので厨房を見ることができ、パティシエの方々がケーキを作る様子を垣間見ることができます。野島氏とお話することもできたので、「アフタヌーンティ」と「ザ・ペニンシュラブティック&カフェ」については、オールアバウトの記事で詳しく書かせていただきますね。

content_btm.gif content_top.gif
2007年08月23日(木曜日)

Sweets Coordinator 下井美奈子

夏も終盤。
少しずつ日が落ちるのも早くなってきて、夕暮れ時の蝉の声が切なく聞こえます。
20070823.jpg

今年の夏は、逗子の友達の家に行ったり、海の家巡りをしたり、鎌倉花火を友人宅で見させてもらうなど、近郊をウロウロとしていました。あと家具探しも。

遠くに行かなくても、近場で楽しいものを発見する楽しさってありますよね。
夕暮れ時の涼しい時間に買い物に行きがてら、いつもの通る道と違う道を散歩しただけでも、「あ、こんなところにお店があったんだ。」とか「近所のお家の花が咲いてる!」などなど。ちょっとした発見があります。

今年の夏は、本を読む時間も、いつもより多く取りました。
小説やエッセイなど色々と読んだのですが、中でも大切な友人から借りた本の中に、相田みつをさんが書いた『本気』も印象深かったです。

エッセイの最後に、友人も私も心を打たれた言葉があります。

しあわせは
いつも
自分のこころが
きめる

うーむ。奥深い言葉だわ!
(ブログじゃ、この微妙な感覚が分かり辛いかも・・
やはり相田みつをさんの文字を見ないとダメですね。)

今度、相田みつを美術館にも行ってみようかな~。

その前に、明日は麻布諸ヤ祭りで最後の夏を満喫してきます。

content_btm.gif content_top.gif
2007年08月09日(木曜日)

箱根

Sweets Coordinator 下井美奈子

hakone.jpg

先日、箱根の温泉旅館に行ってきました。

山の斜面を利用した鬱蒼とした緑の中にある小さな旅館「山の茶屋」です。
ホテログ!でも、じゅんさんが絶賛されていましたよ。

竹林を望むバーカウンターや、緑を眺めながらの露天風呂など、施設としても充実していました。
食事もこの価格で、こんなに美味しい食事♪で幸せでした。

昼から旅館に行き、パソコンもTVも見ない何もしない。
常日頃、どれだけパソコンや携帯電話などに翻弄されているか実感します(苦笑)。
窓際の縁側にある、椅子で外を眺めつつお茶をゆっくりいただく。
何もしない贅沢です。

温泉に行ったついでに美食三昧を楽しみました。

知り合いの方に教えていただいた、小田原にある鮨“時よし”で地元の魚をつかったお寿司も美味しかったですよ☆ここは冬の魚の美味しい時期にまた行きたい!(少しご飯が温か過ぎたのが気になりましたが、魚は美味です!ヒラメのえんがわや地タコが美味しかったなぁ)

また芦ノ湖の湖畔にある箱根プリンスの、フレンチレストラン“レストラン ル・トリアノン”も眺めがよくお薦め。(窓際席を要蘭ナす!)湖畔を散歩するひと時は至福の時です。(私の父母は毎年、ここでデートしているそうです。)

海外旅行もまた良いものですが、日本国内のよさも、再発見できる一泊二日の小旅行でした。(海外旅行は外貨が高いし…笑)

来週はお盆のため、ブログはお休みです。皆さんも素敵な夏休みをお過ごしくださいね。

content_btm.gif content_top.gif
2007年08月01日(水曜日)

日々の食事の大切さ

Sweets Coordinator 下井美奈子

最近、脇腹の辺りが気になる今日この頃。
ウエストを強調しない、フンワリしたチュニックや胸下切り替えのワンピースなど着ていたせいか、ウエスト回りの成長に気づくのが遅かったのかも…。がーん;;
慌ててビリーのDVDをしてお腹を締めましたけど(笑)。びくとりー。

フンワリした洋服も要因の一つだとは思いますが、やはり外食が続いたのが一番の理由でしょう。外食していると、どうしても野菜が足りませんから。
2007_0716_103944.jpg

お家ご飯の野菜の量と比較すると、外食だと1/4程度しか野菜を食べないように感じます。

もともと野菜好きなのは、実家の食事に野菜が大量に出てきたからかも。一人で小松菜1束を一食で食べちゃいます。

仕事もありますが一日に10個くらいのお菓子を食べる日は、野菜をたっぷりとって、体の調子を整えています。これ、体重維持には必須です!

この歳になって、改めて日頃の食事の大切さを考えさせられます。
そこで自分のレシピを見直すためにも、母から受け継いでいきたい料理を書き留めておくためにも、料理のレシピをホームページでご紹介することにしました。

フードソムリエ”(本日プレOPEN!)では、まだ一品ですが今後少しずつ追加していく予定ナす。お薦めの調理道具などもご紹介します!
ご参考いただけると光栄です☆

content_btm.gif content_top.gif
2007年07月25日(水曜日)

レストランウェディング

Sweets Coordinator 下井美奈子

もう梅雨明けと思うほど晴れていますが、関東の梅雨明けは8月にずれ込むと気象庁は言っていますね(25日の日経ニュースより)。もう梅雨明け宣言してもよいんじゃないかな?

P4290017.jpg梅雨の最中、友人の結婚式2次会に行ってきました。
友人の新郎は2回目の結婚式。新郎はギャグで「3回目の結婚は無いよう頑張ります!」と言ってたけど、今度こそ幸せになってね☆応援してます。

私の友人の結婚式はホテルよりレストランで挙げる方が多いです。
かくいう私もレストランウェディングを代官山にあるリストランテASOで挙げました。恥ずかしながら詳しくはコチラに書いてます。(写真は結婚式当日のもの)

ウェディングケーキも引き菓子も作りましたよ☆
あー懐かしい。あの頃は初々しかったわ。

友人の取りまとめでよせがきコムというサイトで300人近い友人達からお祝いメッセージをいただいたり、ブーケを友人が作ってくれたり、面白い新聞を友人が作ってくれたり・・・。改めて友人達にも御礼したいな。

OL美食特捜隊の読者の方からは「同じ日に花嫁さんが何人もいるようなホテルではなく、食事も美味しいレストランで挙げたい」という意見もありました。

こちらのページにお薦めレストランウェディング情報も集まっています。こうして読者の方同士が見知らぬ相手のために情報を投稿されるのは見ていて感動してしまいます☆情報ありがとうございます!)

もちろんホテルでの結婚式の良さも、十分ありますよ!遠方の方に同じホテルで宿泊していただいたり、エレベーターがあってご年配の方に良いなどなど。

皆さんは、どこで結婚式を挙げたいですか?どこで挙げましたか?


さて今週末は、参議院議員 選挙日
当日行けない方は期日前投票もお忘れなく☆


content_btm.gif content_top.gif
2007年07月18日(水曜日)

美しい花嫁

Sweets Coordinator 下井美奈子

2007_0707_124936.jpg

本日TBSで放送された「余命一ヶ月の花嫁」を途中からですが見て、号泣しすぎ…放心状態です。乳がんのため余命一ヶ月と宣言された長島千恵さんの最後の一ヶ月のドキュメンタリー。辛い状況に置かれながらも笑顔が可愛い、女性から見てもとてもキュートな女の子です。

TVを見てから彼女のことばかり考えてしまって、思い出しては涙してしまうほど…。
そのため、もともと書こうと思っていた軽いトーンのブログを書く気にもなれないのです。ごめんなさい。

TVの中でも紹介されていた彼女のブログの言葉にも心打たれました。

「みなさんに明日が来ることは奇跡です。 それを知ってるだけで、日常は幸せなことだらけで溢れてます。」

「もしかしたらこれからもっと辛い事があるかもしれない。 でもね、私にはそれをカバーしてくれるほどの幸せも感じることができるんだな。 それってすごいこと、とってもありがたいこと。 一生をかけて感謝します。 まわりの人を大切にします。 私もみんなを幸せにできるようがんばります。 」(千恵さんブログより)

日々の大切さ、周りの人の大切さを改めて考えさせられました。

そして乳がん検査の大切さも。
私は、触診もマンモグラフィーも20代から受けています。ちっとも恥ずかしいことではないですよ。
皆さんにも検査をお薦めします。

(マンモグラフィーについてはコチラのサイトで詳しく書かれています。)

おこがましいとは思いますが…このブログにこうして書くことで、千恵さんが残した言葉を少しでも多くの方に知っていただき、乳がん検査に対する意識が少しでも高くなればと思い書かせていただきました。

心よりご冥福をお祈りします。

content_btm.gif content_top.gif
2007年07月12日(木曜日)

北海道旅行

Sweets Coordinator 下井美奈子

20070707.jpg
週末、北海道に旅行してきました。
北海道に住む友人、そして取りまとめ上手な友人のおかげで大人12名、お子様5名の大所帯での旅が実現しました! 幹事をしていただき心から感謝です。

そして一緒に過ごした、気配り上手で明るい友人達のおかげで、楽しいひと時を過ごせました。ほんと楽しかった♪

しかも宿泊先は農家のファームインコテージ。緑に囲まれた自然の中にあるログハウスです。露天風呂はついているし、BBQはできるし、キッチンはあるし、清潔だし。
紹介じゃないと宿泊できないそうで、これまたお友達に感謝!

川沿いにある秘湯にいき温泉にはいったり…
緑に囲まれてのんびりしたり…
この日のために熟成した芽室みらい牛や本シシャモ、厚岸の牡蠣をBBQで食べたり…
宿泊先の農家で、とれたての卵で卵かけご飯を食べたり…
ファーマーズマーケットに行って新鮮な食材を買ったり…
東京では手に入りにくいフレッシュなハスカップを食べたり…
無殺菌乳を使用したャtトクリームを食べたり…


…はっ! 思い出が“食”のことに偏っているっ。

ただの食いしん坊バンザイ的な旅じゃないですよー。ロマンチックな夜の出来事もあります。

7月7日の七夕だったこともあり、生まれて初めて七夕の日に天の川を見ることができました。こんなに肉眼で星って見えるんだと感動もしました。宇宙が近く感じます。

そうそう、また食の話に戻りますが…農家の方に面白い話を聞きました。
卵は若い鶏が産んだ卵は殻がツルツルで、ちょっと歳をとった鶏が産んだ卵はザラザラでシミみたいなのがあるんです。実際見比べましたが一目瞭然の違いがありましたよ。

「ちょっと人間の肌と同じじゃない」と30代女子の意見が一致した瞬間でもありました^^;

卵写真はコチラ>>

content_btm.gif content_top.gif
2007年07月04日(水曜日)

“日傘の女性”からみるモネの妻への想い

Sweets Coordinator 下井美奈子

monet.jpg

今週の月曜日まで国立新美術館にて展示されていた“大回顧展 モネ”に最終日に行ってきました。「行きたいっ!」と思いながら、なかなか足を運べなかったのですが、やはり行ってきてよかった…。

ずいぶん前の日記にも書きましたが、美術館は画家がテーマの展覧会が面白い。画家の一生を通しての絵の変化が感じることができるので非常に魅力的なのです。特にクロード・モネ(1840-1926)は、当時としては長寿の86歳の最期まで描き続け、作品も多く残っています。

私は20代後半から30代のモネの絵も好き。
かささぎ”(1868‐69)28歳~29歳頃の作品で、雪の白の表現が素晴らしかった。今回の展覧会の作品の中でもひときわ輝いていたように思います。

27歳のころ長男ジャンが生まれ、29歳でジャンの母でもある最初の妻カミーユと結婚。温かな家庭を築き幸せな時間を過ごされていたのでしょう。カミーユや息子ジャンを描く時の柔らかなタッチや鮮やかな色彩など、絵から愛情が溢れ出ています。

その後…支援者であるオシュデが破産し借金に苦しんでいた39歳で、妻カミーユを32歳という若さで亡くしてしまうという不幸もありました…。

モネの“日傘の女性”の代附・iとしては3点あります。(デッサン除く)

1点目は1875年(当時35歳)に描いた、息子ジャンとカミーユを描いた作品。
ベールをまとっているもののカミーユの撫薰熾`かれ、当時5歳だった息子のジャンも描かれています。

その9年後、1886年(当時46歳)に2点描いた“日傘の女性”(右向きバージョン、左向きバージョン)があります。モデルは義理の娘であるシュザンヌ・オシュデですが、撫薰ヘぼんやりと抽象的に描かれています。この頃すでに再婚したモネですが、きっと亡くなったカミーユのことを思い出して描いたのではないかと想像しジーンとしてしまいます。
(今回展示されたのは中央の絵)

こんなこと書いておいて、既に展覧会が終わっていてごめんなさい…。
国立新美術館で次に楽しみなのはフェルメールかな。

ちなみにモネの代名詞とも言われる「睡蓮」は、1899年(当時59歳)から1926年の亡くなるまでの間に全部で200点以上制作されています。この頃すでにモネは印象派の大家。当時から評判の高い“睡蓮”は描けば描くだけ絵は売れたことでしょう。うがった見方かもしれませんが…だから睡蓮の作品が多いのかなー。(モネのファンに怒られそう…)

最期の作品として有名なのがオランジュリーに展示された、壁一面に睡蓮を描いた“睡蓮大装飾画”。当時の首相クレマンメ[の依頼で描き始めたものです。睡蓮の大画面に囲まれ、水の中にいるような不思議な感覚に陥るような大作です。
こちらのサイトでバーチャル体験できますよ♪絵をクリックしてみてくださいね。

content_btm.gif content_top.gif
2007年06月27日(水曜日)

ミシュランガイド東京2008 今年11月に刊行!

Sweets Coordinator 下井美奈子

20070628.jpg
昨日参加させていただいたフードジャーナリスト会議のセミナーで、ゲストスピーカーとしてミシュランガイド総責任者のジャン=リュック・ナレ氏(Jean-Luc Naret)からお話を伺うことができました。非常に興味深い機会をいただき、主宰者の方々に心からお礼を申し上げます。

2000年にパリに住んでいた頃、ボロボロになるまでミシュランガイドを参考にしていた私にとって非常に感慨深いものがありました。当時はミシュラン“パリ版”はフランス語バージョンのみでしたが、2007年からは英語バージョンも刊行(写真)。

また北米バージョンも次々刊行。2005年11月の“ニューヨークシティ版”の刊行に続き、2006年10月には“サンフランシスコ”、今年11月には“ロサンゼルス”、“ラスベガス”も刊行されるそうです。住んでいる時に欲しかった!

そしてご存知の方も多いかと思いますが“ミシュランガイド東京2008”も今年11月に刊行します!
これは楽しみですよね。ちなみに英語と日本語の両方が同時に刊行です。

昨年11月から調査員5名(ヨーロッパ人3名、日本人2名)が東京のレストランを調査中。東京23区の和洋中など、あらゆるジャンルのレストラン1200~1500件を昼夜問わず食べまくっているそうです。(ホテル50~60軒も泊まりまくり)

もちろん費用はミシュランもち。自腹で食べ続けている私にとっては、羨ましい限りです。

気になる調査員の選考基準は…「まず胃が丈夫なこと」だそうです。冗談もあるでしょうけど☆
ジャン=リュック・ナレ氏が、フランス流のウィットに飛んだ冗談を言っても、通訳の方が冷静に話されると面白く聞こえないのが、しょうがないけど辛いところ。
例えば「調査員の年収はいくらですか?」という質問に対して、「皆美味しい食事をミシュランの費用持ちで食べているんですから給料は出ませんよ。」という回答は冗談だと思うんですが、誰も笑わなかったなぁ…。

ちなみに各国にいるミシュランの調査員の平均年齢は41歳、平均体重は男女合わせて70kgらしいですよ。

“ミシュランガイド東京2008”に掲載される料理のジャンルは教えていただけませんでしたが、蕎麦とかラーメンはどうするんだろう。大抵の欧米人は食事を“すする”文化がありませんからね。「ズルズル音を立ててはいけない」というマナーもあるけど、単に麺と汁を一緒に“すする”と、むせちゃうんだって。(一部のフランス人談)

賛否両論あるでしょうが、何はともあれ11月刊行が楽しみです♪ 絶対買いますよー!

content_btm.gif content_top.gif
2007年06月20日(水曜日)

新居で初撮影

Sweets Coordinator 下井美奈子

20070620.jpg

梅雨の合間の晴れ間にしては、ずいぶん長い夏日が続いていますね。
でも今日は晴れてよかった! 新居で某雑誌の初撮影でしたから。

初の撮影となれば、掃除にも力が入ります。朝早めに起きて、あらゆるものをメラミンスポンジで拭き拭き。メラミンスポンジは、消しゴムくらいの大きさに小さく包丁でカットして、常に水廻りに常備しているんですけど、あれは良いですよねー。ピッカピカになります。

ピカピカになったステンレス類を眺めて満足したものの、結局写真には殆ど写ってないんですけどね。無意味だったか…。

顔写真は撮ったんですけど、掃除のせいで汗だく。
顔がテカテカだったかも。化粧直しもしなかったし。

…力の入れどころを間違えましたー;;

ちなみに、5月9日の日記に書いた通り我が家は未だに工事中状態。未完全です。

とりあえずIKEAで購入したデスクをテーブル代わりにしましたが…。明らかに変です。
もちろんカメラマンの方も、そのデスクから目をそむけるようにして撮影に使用することはありませんでしたが。

それにしてもIKEA楽しいですよね。小物も可愛いし安いし。L.A.にもIKEAがアチラこちらにあったので、頻繁に通っていました。

そういえば…L.A.から帰国間際に、友人達の出産祝いのためIKEA子供商品をたっぷり買って帰国したのですが、今となっては無意味なものに…。まだ家に山のようにあるんですが。どうしよう…。


*余談ですが、IKEAのホームページ上の“アンナに質問”は、ちょっと面白い。
商品に関する質問にも、思った以上にちゃんと答えてくれるし、撫薰燒ハ白いですよ。

*写真は、近日中にAll Aboutに掲載予定のお取り寄せスイーツです♪

content_btm.gif