content_top.gif
2007年06月13日(水曜日)

7周年

Sweets Coordinator 下井美奈子

2007_0609_135628.jpg

先日All Aboutの7周年記念パーティがありました。
私はサイトの立ち上げ当初からいるガイドの一人なので、私自身もAll Aboutのガイドとして7周年です。月日が流れるのは早いものです。始めた頃は20代半ばで未婚状態でしたから…(笑)。

立ち上げ当初は、システムが使いにくく1つの記事を作成するのにも時間がかかりもどかしい思いをしました。それ以上に、知名度も殆ど無かったので取材許可をいただくのに大変苦労しました。

まだガイドを始めて間もない頃、顔見知りの方からの紹介で取材許可をいただき洋菓子店のシェフの取材を試みました。
しかし取材当日、シェフから「インターネットは嫌いだから取材は無理」とあっさり冷たく断られてしまったことがあります。

事前に情報を集め、取材許可も取って、電車で1時間半かけて取材に行ったのに、シェフの一言で取材できなかったのです。ものすごく悔しくて、近くのトイレに駆け込んで号泣したことがあります。
まぁ前職で、お客様や上司に怒られトイレで良く泣いていた名残ですが・・・。打たれ強かったのか、立ち直りは早かったんですけどね。

あとで聞いた話ですがシェフはネット上の掲示板でお店の悪口を書かれ、相当頭にきていたそうです。そのため、「ネットはお断り」と言われたのでしょう。今となってはインターネット上でお菓子を販売されるシェフの一人です。

7年前は、ネットというとネガティブでオタクな世界というイメージが強かったのではないでしょうか? 今では気軽に参加できるブログも定着し、インターネット情報も豊富で、オンラインショッピングも当たり前。企業もインターネットの広告無しではありえない状況になっています。

7年間ガイドをコツコツ続けてきた今では取材を断られることは殆どありません。
シェフに「サイト見てるよ!」と嬉しい言葉をかけていただいたり、たまたまパーティで出会った方に「下井さん見てますよ!」「私も読者です。」とおっしゃっていただけると、あまりに感動してウルウルしてしまいます。

“続けることの大切さ”を感じ、7年間に渡るスタッフの方々の支えも実感しています。また他のガイドの方々とのつながりもとても大切。温かい言葉をかけていただいたり、今回のパーティで良い刺激になりました。出会いにも感謝です。

content_btm.gif content_top.gif
2007年06月06日(水曜日)

お取り寄せパーティー(初夏バージョン)

Sweets Coordinator 下井美奈子

200706031.jpg

ついに6月突入!まだまだ五月晴れの天気が続いて気持ちよいですね。
初夏の強い日差しはパワーをもらえる気がして、気分も上昇↑。
でも紫外線蘭hもしなければ…。

さて週末、いつもの食いしん坊集団でお取り寄せパーティーをしました。
総勢21名。それだけ集まれば、美味しいものも集まるものです。

とにかく皆がセレクトしてくれるお取り寄せの数々が、全て美味なため一品出てくるごとに、「わー!きゃー!」という大きな歓声が沸きあがるのです。絶品お取り寄せを箇条書きですがご紹介しますね。

*北のフードソムリエのアスパラガス&ジャガイモ
旬のアスパラの香りのよいこと!またジャガイモは、インカのめざめ、北海黄金、男爵、メークイーンの4種類の食べ比べをしたのですが、どれも味が違いしっとりジューシー。じゃがいも一つとっても奥深い。

*かさごのアクアパッツァ
温めるだけで本格アクアパッツァが楽しめるお手軽度No1。パーティーにはもちろんBBQに持っていっても喜ばれそうです。

*ペイズリーのカレー
インド料理研究科のカレーを堪狽ナきます。キーマカレーとお豆のカレーの二種。ガラムマサラがついていて本格的な味わい。

*トンデンファームのベーコン
どっちの料理ショーで特選素材として紹介されたベーコン。燻製の香りが香ばしい~。

*ピッツエリア フィーノフィーノ
もちもち生地のピザです♪大人の味わい。

*葉山コロッケ
友人が目の前で揚げてくれたので、アツアツほくほくで美味でした♪

*モクモク手作りファームのハム達 
生肉のようなジューシーなハム。そして名古屋地ビールも濃厚でした。

高知県産の ゆず蜂蜜ジュース『ごっくん馬路村』 
柚子とハチミツだけで作られた爽やかドリンク。ゴクゴク飲めて体によさそうです!

*マルポンム(丸ごとリンゴのシャーベット)
今月号の光文社“Mart”にて私からご紹介しているシャーベット。滑らかでありながら、さっぱりした食感がGood。美食家の皆さんからも好評でした。

他にも、ホタルイカのいしる干し、フグの卵巣、卵たっぷりの甘エビ、パンやパテ、チーズなどなど。

極めつけはシャンパン10本を完飲。(写真:空き瓶をボーリングのピン状に並べてみました。)
全世界でわずか80ケースしかないという希少価値の高い “Pierre Leboeuf Champagne Grand Cru Brut Rose”は、シャンパンなのにブランデーのような深いコクがありました。

初期メンバーで食道楽が始まってから、かれこれ6年目くらい。
これからも末永~く食べ続けましょうね。

content_btm.gif content_top.gif
2007年05月30日(水曜日)

ストレスレスは美肌への近道

Sweets Coordinator 下井美奈子

夏のように暑かったり、少し涼しくなったり不思議な天気ですね。
風邪が流行っているようなので、皆さんもお気をつけくださいね!
03247_200706.jpg
先日友人のお誘いで、「GRACE presents ETRO 2007 Fall/Winter Graceful Night 木村佳乃さんと楽しむ エトロ2007秋冬コレクション・プレビュー」にご招待いただきました。

夏物をまだ買ってない私にとっては、秋冬のコレクション発表は少し早過ぎる感じがしましたが、今年もファーが流行るようですよ。エトロは山羊の長めの毛をお薦めしていました。どの洋服も素敵♪ 何より驚いたのがファッションショーに登場するモデルさんが美しくて美しくて…。とにかく手も、足も、首も、何もかもが縦に長い! 自分と同じ人種なのか疑問をもったほどです(笑)。さらにGRACE の編集長もモデルのように美しかったのが印象的。

そしてゲストの女優木村佳乃さんは透き通るような輝くお肌の持ち主でした。今月号のGraceの表紙を飾られていますが、ほぼ修正なしだとか。(右写真の表紙)ちなみに殆どの女優さんの顔写真は修正しているそうですよ。

30代にしてこの美しさを保っている木村さんがお肌で心がけていることを伺いました。

・毎朝必ず旬のフルーツを食べる
・メイクはすぐに落とす
・ストレスを作らない

この3点だそうです。ストレスを感じると、あのキレイな肌でもブツブツが出来るそうですよ。このストレスをためないためには、ストレス発散に水泳をしたり、あとはガマンせず思ったことは言うこと。また辛いことがあっても木村さんの祖母様の言葉で「大丈夫よ。そんなことで死にはしないわよ!」という言葉で自分を元気付けているそうです。木村佳乃さんはテレビで見るよりサバサバして格好良い女性という印象でした。このサバサバした性格もお肌がキレイな秘訣かも?

content_btm.gif content_top.gif
2007年05月23日(水曜日)

運動日和

Sweets Coordinator 下井美奈子

2007_0517_125440.jpg
五月晴れで爽やかな毎日♪ 
お布団を干すとフカフカになって太陽の香りがして気持ちよいですね。
今の季節、お散歩&運動日和です。

友人はこの一ヶ月、毎日会社帰りに1~2時間歩いて帰宅することで4kgも痩せたそうです。体にもよいし、歩くことで悩みなど前向きに考えられるそうです。よい習慣ですね。

運動すると、ストレス発散になりますし、小さなことでクヨクヨしなくなります。
何より健康的♪

私はというと、年始の目標通り週2回のジム通いを頑張っています。(最近やっと引っ越して落ち着いたからですけどね…)

あまり長時間ジムにいると通うこと自体大変になってくるので、夜2時間以内で集中して運動しています。ヨガやエアロビなどのプログラム系を好んでしています。

ただエアロビクスが大好きだった20代の頃と違って、同じことができないんですよ。頭がついていかないという感じでしょうか? 踊りが覚えられない。(あ、もちろん体力も違うでしょうけど)
でも、出来ないことの方が俄然やる気が出る性質なので、今はめげずに難易度高めのエアロビに夢中です。あと溶岩ヨガも汗が出て最高に気持ちよかったですよ♪

歩く前や運動する1時間ほど前に水分をタップリ飲むと、汗の出が違います。一気に飲まず、少しずつ、少しずつ時間をかけてタップリ飲むことで、体に水分が蓄えられて汗になりやすいそうです。一気にがぶ飲みすると胃に負担がかかり、腸の吸収が悪くなるからです。

今から暑い季節に突入! 日頃からお茶をゆっくり飲むことを心がけたいですね。


*写真は新丸ビル1Fのショコラティエ パレ ド オールのIvoir(672円)」ホワイトチョコレートがッベースでチョコレートのパートシュクレの上に、レモンクリームとホワイトチョコレートがベースのムースがはいりサッパリとした味わい。シェフのイチオシです。

content_btm.gif content_top.gif
2007年05月17日(木曜日)

BBQにもお薦めスペアリブ

Sweets Coordinator 下井美奈子

2007_0512_112216.jpg
天気の良い週末。2日間とも屋外で食事を楽しみました。
爽やかな今の季節、外で食べると、美味しさが倍増しますよね。

友人のお誘いで茅ヶ崎の湘南祭では、屋台で買ったロコモコなどを食べつつ初夏の湘南を満喫することができました。

BBQでは、20人もの人が集まり大量の肉と野菜を食べつくしました。
そこで、ちょっと一工夫して美味しかったのが、最後にあまった肉や野菜を全部混ぜて作ったスープ。
スープの中に豪快に食材を入れて作る男の料理が、なかなか美味しい!
こういう時、男性が料理を作ってくれるのは素敵です。

またBBQに重宝するのが、スペアリブのレシピ。一旦火を通しているのでBBQでは炙るだけでよいのです。レシピをご紹介しておきますね。


マーマレード風味スペアリブ

マーマレードを加えることで、肉の臭みがなくなり、メ[スにトロミがでます。
前日にマリネ液に漬け込んでおけば当日は焼くだけで簡単!赤ワインにもビールにもあいますよ。

<材料>2~3人分

豚スペアリブ 500~600g
塩 適宜

<マリネ液>
玉ねぎ 1/2個
マーマレード 100g
赤ワイン 100cc
醤油 大さじ4
にんにくすりおろし 小さじ1
ブラックペッパー少々

サラダ油大さじ1/2

<作り方>

1.豚スペアリブの骨に接した筋に包丁で数箇所切れ目を加える。
2.塩大さじ1を加えた熱湯で15分豚スペアリブを茹でる。
3.玉ねぎは細かいみじん切りにし、マリネ液の材料を合わせて、茹でた豚スペアリブを入れて軽くもみ、1時間~一晩置く。
4. フライパンにサラダ油を引き、マリネ液から豚スペアリブを取り出し、楓ハに軽く焦げ目がつく程度に焼きます。
5.フライパンにマリネ液を注ぎ、一煮立ちしてから蓋をして弱火で約20分程度煮ます。
6.最後に火を強めてマリネ液を煮詰め照りあでて、トロリとしてきたら出来上がりです。
<ポイント>
・アミで焼く時は軽く焦げ目がつく程度まで焼き上げましょう。
・肉に味がしみるように、また食べやすくするため包丁に切れ目を加えます。
・脂を抑え、臭みをとるため翌゚豚スペアリブを茹でます。
・マリネ液に豚肉をビニール袋に入れて漬け込むと、もむことができ冷蔵庫での保管も場所をとりません。
・焼くときに軽く焦げ目がある方が、風味が増します。

おもてなし料理としても重宝します。試してみてくださいね。

content_btm.gif content_top.gif
2007年05月09日(水曜日)

ガウディ構想

Sweets Coordinator 下井美奈子

2007_0504_124930.jpg
ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?
私は友人宅でホームパーティをしたり、我が家に両家両親招待、ヒルズのスパ体験、新丸ビル探検など近郊をウロウロしておりました。

あと殆どが、新居の片付け&インテリア探し。
実は、先日まで我が家にはカーテン類がほぼ無かったので、一部の窓にはキッチン・ペーパを貼って目隠しをしていました。

そよ風が吹くとキッチン・ペーパーがヒラヒラ~。

…こ、これはまずい…と思い、GW中にやっとブラインドなど取り付けました。

ブラインド一つ買うのに、とっても時間がかかりました…。
カーテン、ブラインド一つとっても高価な物ですし、実物をショールームで見ないと納得ができない妙なコダワリがある私達。(カタログじゃ、雰囲気分からないし)
さらに優柔不断な性格も、ここにきて存分に発揮されているわけです。

ちなみに家具は殆どありません。
今まで定住しない放浪生活だったせいか、食器、洋服などスーツケースに入るもの以外をきちんと買ったことがないのです。

ソファがないのでヨガマットでくつろぎ、ダイニングセットがないので朝食を食べるにも立食パーティ状態。

きっとしばらくは、このままの状況になりそう。
家具は一生ものですから、じっくり選びたいものです。
(レンタル家具を使うことも思案中)

しょうがない。
我が家は長い年月で建築を作りあげていく、ガウディのサグラダ・ファミリア的な国zを練っているのですから。

…芸術的にまとめると聞こえは良いかしら…?
(単に優柔不断なだけですけど)

*写真は空高く上った鯉のぼり21匹+トンビ1匹。(鎌倉の海岸より)

content_btm.gif content_top.gif
2007年04月25日(水曜日)

新丸の内ビルOPEN!

Sweets Coordinator 下井美奈子

20070425.jpg
4月27日にOPENする、新丸の内ビルのレセプションに急遽行ってきました。ご招待いただいた方に感謝です。

プレスレビュー、レセプションパーティと出席し次から次へと知り合いの方々に会いました。世間は狭い!というか、似たタイプの方が同じ場所に集まるものなのでしょうね。

スイーツについては、オールアバウト洋菓子ガイドの記事としてご紹介しますので、スイーツ以外の気になるお店をご紹介しますね。(但し“食”に関するお店ばかりですが…)

B1Fでは、カムシャン・グリッペのシェフ、表参道のデュヌラルテ、吉祥寺のダンディゾンを手がける淺野正己氏がプロデュースするお店「Point et Ligne(ポワンエリーニュ)」がOPEN。
お店全体が厨房になり、厨房を囲むようにパンが並びます。カウンター席もあるので、そこで軽食をいただけるのも魅力的。何より香ばしい粉が焼ける薫りが店内に広がり、たまりません。お店に一歩はいれば買わずにはいられないかも。

7Fのレストランゾーンは「街のゲストハウスとしての空間」がコンセプト。
8店舗のお店をグルリと囲むガーデンテラスからは、ライトアップされた東京駅や高層ビル、皇居の新緑も眺めることができます。外の風を肌で感じながら、丸の内の高層ビルを眺めることができるのは新鮮な感覚です。

また朝4:00まで営業する店舗もあり、オフィス街丸の内が夜の街へ…。夜遅くまで勤めるタクシー帰りのビジネスマンが帰り際に飲みに行くか、もしくは“銀座で飲んだ帰りにもう一軒、新丸ビルへ行こう!”という風になるかも?この近辺に遅くまで営業しているお店が殆どなかったので、東京国際フォーラムや帝国劇場での音楽会や観劇の鑑賞後に重宝するかもしれませんね。

一番気になるレストランは、「il Calandrino Tokyo」。ベネツィア近郊の街パドヴァでミシュラン史上最年少の三ツ星シェフ「マッシミリアー・アライモ」の海外初出店のお店が、新丸ビルにOPEN。 レセプションでいただいた、サラミ、プロシュート、パルミジャーノがとっても美味しかったので期待できそうです! ついつい結婚記念日用にディナーを蘭オてしまいました。
そのためGW中、新丸ビルは大混雑だと思いますが、それにもめげず再訪する予定ナす。

*来週はGWのためブログはお休みさせていただきます。2週間後更新しますね。

content_btm.gif content_top.gif
2007年04月18日(水曜日)

夜の街 銀座にふさわしい洋菓子店

Sweets Coordinator 下井美奈子

20070418.jpg
4月も半ばを過ぎたのに、何故か寒いですね。
冷たい雨が降る中、4月17日に銀座8丁目にOPENした“GINZA MARQUISE”のレセプションにご招待いただきました。

この“GINZA MARQUISE”の特筆すべきは夜中の2:00まで営業していること。
銀座8丁目近辺はクラブがいくつもあり、夜が最も華やか。銀座にあるようでなかったミッドナイト営業のお店が登場です!取引先の接待や会食、帰宅後に大切な人と過ごすための手土産など、深夜にスイーツを買う方にとって嬉しいお店です。

店内に入ると曲線の美しいショーケースに色とりどりのエクレアや、米粉をつかった口どけのよいロールケーキが並びます。
エクレアは上にデコレーションされたチョコレートのプレートがパリッとし、シュー生地がサックリ。そして中からほどよい甘さのクリームがとろけてきます。これはクセになる味わい。私はビターな味わいのショコラが気に入りました。
ロールケーキは口どけもよく、米粉ならではの不思議な食感。細くて可憐なカロリーヌも見た目にも愛らしいので贈答品として喜ばれるでしょう!

また翌゚オーダーできるケーク・クチュールも魅力。
その一例ですが、女性のハイヒールをかたどった飴細工は、デザインや色など、すべてオートクチュール。そして全て左足用。
何故左足用かというと、シンデレラの靴は左足だからということで、ガラスの靴に見立てて作られているそうです・「僕のシンデレラへ」という気持ちで、世界に一つだけのスイーツをプレゼントするなんて、ちょっとキザだけど華やかな銀座のイメージにぴったり。
お誕生日や結婚記念日等のアニバーサリーはもちろん、大切な方への特別なプレゼント、自分へのご褒美など、様々なシーンで利用できますね。

蛇足ですがレセプションに行く途中、傘をさしながらボーっと歩いていると、銀座のクラブの方から「働きませんか?」と突然名刺を渡されました。クラブのホステスに勧誘されたのは初めて。丁重にお断りしておきましたが、こんなに素敵なスイーツをいただけるなら、ちょっと働いてみたいかも?(銀座ホステスの道はそう甘くないでしょうけど…^^;)

content_btm.gif content_top.gif
2007年04月11日(水曜日)

新生活スタート

Sweets Coordinator 下井美奈子

新生活スタートの季節。
入園式、入学式、入社式。
この歳になると私自身にま~ったく縁のない“式”ではありますが、それでも周囲には変化が起きる季節。

春は別れの季節でもありますが、始まりの季節でもあります。
終わりがあれば、始まりがある。
ちょっぴり物悲しいような、でも新鮮な空気を感じられる季節ですね。
0410.jpg
先日大好きな友人が海外の企業で働くために旅立ちました。
新生活はどうしているかな?頑張っているかな?と思っていた頃、写真付のメールが届きました。写真は引っ越した先の部屋から見ることができる海の景色です。海に囲まれた島生まれの彼女らしい部屋の選び方。

たくさんの辛い思いをした彼女だけれど、その分夢に向かって突き進んで行く彼女の潔い姿を見る度に、私も励まされてきました。身近な存在の友人が海の向こう側に行ってしまって正直寂しい…。辛い時にいつも励ましてくれた彼女の温かい心遣いに何度助けられたことか…。遠い場所にいる彼女ですが、ずっと友人でいることには変わりありません。頑張ってね。

私自身は引っ越したことで新生活スタート! 近所で買い物をしたり、散歩しているだけでも新たな発見がありワクワクしてしまいます。新生活スタートの季節は、新しく食器なども買いたくなってしまいます♪ お皿の色は料理が映える白が好き。

ポカポカ陽気の春。洗濯物やお布団を干していても、なんとなく何でもハッピーな季節。
皆さんにとっても、楽しいことが新たに芽吹きますように!

*写真上:友人の誕生日会で食べたイレールボントン(3月アトレ恵比寿にOPEN!)のケーキたち。
*写真下:海外に旅立つ友人と(…たまには人物写真をUPしましょう)

content_btm.gif content_top.gif
2007年04月04日(水曜日)

お花見日和

Sweets Coordinator 下井美奈子

shimoi0403.jpg
満開の桜の中、ミゾレが降るという不思議な天気でしたね。
ついつい春らしい格好をして出かけると、ひどい目にあいます。

でも、どんなに寒くても電車から外を眺め、移り変わる景色の中で満開の桜を見つけると心がほんわか温かくなります。
電車に乗りつつ、お花見を楽しみ春を愛でることができるなんて。やっぱり春は素晴らしい。

他にも目黒川沿いに連なる桜のトンネルを友人達と歩いたり、近所の公園を散歩しつつ桜を眺めたり。
一番嬉しいのが、こうしてパソコンをしながらも部屋から桜が見えること。
引っ越す前は、桜の木が近所の山にあるとは梅雨知らず。
桜が散った後は、新緑もキレイなことでしょう。楽しみです。

また先日、特産品を使用した洋菓子開発のため洋菓子講師として派遣いただいた博多の町も、ちょうど桜が満開でした。一泊し博多にあるパティスリー“jacques”に立ち寄り取材。(後日記事にします。)
スイーツを堪狽オた後、ポカポカ温かい季節になったので、オープンエアの元祖:屋台にも立ち寄りました。

川沿いに桜が咲いているので花見をしながらラーメンとおでんを堪狽オようと思い、中州地区にある春吉橋の脇にある「一竜」へ。行列ができることで有名なお店なので、ちょっと早め(18:30頃)に行くと殆ど並ばずに座れます。牛すじが特においしかった☆ この時ばかりは花見より食べることに集中してしまいました。やはり私も“花より団子”派のようです…。

博多は、日が沈むのが東京よりちょっと遅め。今の時期でも19:00くらいまで空が明るいのです。夏は20:00くらいまで空が明るいそうですよ。サマータイムのようで、ちょっと羨ましい…!

これから少しずつ日が長くなって、気持ちよい季節になりますね。
春から初夏にかけての季節は木々が芽吹くように、パワーが出る感じがしませんか?
新年度、新たな気持ちで頑張りましょう!

content_btm.gif