content_top.gif
2006年06月14日(水曜日)

昔ながらの保存食の作り方

Sweets Coordinator 下井美奈子

週末の結婚式の二次会では、愛情いっぱいの新郎新婦の誕生に私まで幸せになるようなひと時でした。また、時代を動かす方々とお会いすることができ刺激をうけました…!

そして本日は小学生の頃からの友人たち8人ほどで集まり、旧友や先生方の話題で盛り上がったり校歌も歌ったり(笑)、子供の頃ののんびりとした自分を思い出しました。

どちらも私にとって大切な時間だと実感します。

そして、ついに梅雨入り! 鎌倉の紫陽花は、ちょうど見頃の季節になりましたよ。
この季節になるとジャム、梅酒などの保存食が作りたくなります。
rakkyo.jpg

先日は“手作りらっきょう”を作りました。市販のらっきょうは、なんとなく薬品の臭いがして、どうも苦手。やはり“手作りらっきょう”に勝るものはありません! なんでも作る実家から、学んだことの一つです。

また漬ける時間を短縮するために電子レンジを使って作る方法もありますが、電子レンジの加熱時間の調節が難しいのか美味しくできず、がっかりしたことがあります。

やはり、翌゚一晩塩漬けして、じっくりと漬け込むのが一番。
古い考えかもしれませんが、やはり祖母の代から伝わる方法が一番美味しいのです。
簡単ですが、作り方を書いておきますね。

▼材料

らっきょう:1kg
下付け用の塩水:水1リットル、塩100g
漬け汁: 米酢 800cc、砂糖 140g、塩 10g、赤唐辛子2本、

▼作り方

1)泥付の芽が出ていない“らっきょう”を購入し、流水で洗い皮を剥き、一粒ずつ包丁で削るように根と芽の部分を切り落とします。
  *実の部分を切り落とし過ぎると、漬け汁がしみ込みすぎて美味しくなくなるので注意!
  *下ごしらえをした、“らっきょう”は、まっ白で艶やかでキレイ(写真右上)
2)下付け用の塩水に一晩“おもし”をして漬けます。
3)漬け汁の材料を鍋に合わせて煮立てて冷まします。
4)熱湯消毒した瓶に、水気を切ったらっきょうと、「3」の漬け汁を加え冷暗所で2週間ほど置いていただきます。

らっきょうは今が旬!
生のまま細かく刻んで、ドレッシングに加えたり、軽く炙って、味噌をつけていただくのも美味! 旬の“らっきょう”を、おつまみにお茶をいただくのも、なかなか良いものですよ。


content_btm.gif content_top.gif
2006年06月07日(水曜日)

銀座はちみつ入りマドレーヌ

Sweets Coordinator 下井美奈子

そろそろ梅雨入りでしょうか?
今日は梅雨というよりスコールのような雨が降って、その後カラリと晴れ、南国のようなお天気でしたね。

これも“温暖化”現象の一つなのかもしれないけど、“南国化”現象と言うと、ちょっぴり聞こえが良いなぁと、どうでもよいことを雨宿りしながらボンヤリ思っていました。

2006_0606_110414.jpg

さて銀座の市民団体に「銀座はちみつプロジェクト」があることをご存知ですか?
銀座で“ハチミツ”が採れるということがTVなどで話題になっていますね。

松屋銀座の裏手にある紙パルプ会館屋上に巣箱があり、蜜蜂は皇居や浜離宮銀座の街路樹の花々から蜜を集めているそうです。 まるでパリのオペラ座でとれるハチミツのようにロマンチックですね。

また飲食店がひしめく“食の消費”が主な銀座で、ハチミツという食材が生産されていることにロマンを感じます。「銀座はちみつプロジェクト」の方々に脱帽です!

ちなみに、このミツバチは人には危害を加えず、むしろカラスが減ってよいというニュースも放送されていたので近隣の方はご心配なく。

「この銀座のハチミツ…どこで手に入るのだろう?」と思っていたら…
6月1日~30日までアンリ・シャルパンティエ銀座本店で、ハチミツ入りのマドレーヌ「銀パチ・マドレーヌ」(189円)が購入できるのです。早速私も購入しに行ってきました!

2006_0606_110648.jpgしかし…6月2日の午後に買いにいったところ、すでに売り切れ…。
蘭し込み、やっと購入することができました!マドレーヌを購入される場合は蘭ウれることをオススメします。

マドレーヌの賞味期限は一日限り!急いで貴重なマドレーヌをいただきました。

味わいは柑橘系の香料が入っているためか、ハチミツ本来の味を楽しむという感じではありませんでしたが、「このマドレーヌの中には、日比谷公園や皇居の花の蜜が入っているかも♪」と、日比谷公園で蜜を集めるミツバチを想像しながらいただきました。 いつか、銀座で採れたハチミツそのものも,、味わってみたいものです。

content_btm.gif content_top.gif
2006年05月31日(水曜日)

ナパ・キュイジーヌ

Sweets Coordinator 下井美奈子

ついに一年の中で最も大好きな5月が終わってしまいます!
あぁ…時が経つのってなんて早いのでしょう…!
新緑の萌黄色も美しく五月晴れで爽やかな日が続くはずの5月。
でも、今年はちょっと梅雨空でしたよね。
2004_0913_184128.jpg

週末、夫の両親と数年ぶりにニューヨークグリルに行ってきました。とっても久しぶりに食事しましたが、眺めもよくランチの前菜ビュッフェはお得感もありますね。
久しぶりにニューヨークグリルを楽しむことができ大満足です♪

今回ニューヨークグリルに義父義母が誘ってくれたのは、アメリカ、ナパバレーにある『テラ(TERRA)』(写真:右)のシェフヒロ・ャl氏が来日して初夏にふさわしいナパ・キュイジーヌを提供してくれるというウワサを聞いたから。

1年半ほど前、4人でナパバレーにある『テラ』や『フレンチ・ランドリー』に一緒に行ったことがあり、懐かしさもあり食事をしたのです。(OL美食特捜隊でも気軽なナパ・キュイジーヌ@恵比寿をご紹介しています!)

2006_0522_105436deli.jpg

また昨年パークハイアットの1Fにデリカッテッセン(写真:左)がオープンしましたね。
ここのデリカテッセンも食材の取り揃えもよく、かなりのオススメです。
ニューヨークグリルで人気のシーザーサラダなどをテイクアウトメニューとして揃えてあり、併設されたカフェで気軽にいただくこともできます。
なかでもBEEF IN WINE(¥680)が特に美味しい!! とろりとトロケルお肉の味わいは本格的ですよ!

アメリカというと「美味しくない、大味」というイメージを持つ方もいらっしゃいますが、場所によっては繊細な美味しさを楽しめるし、大らかな雰囲気のサービスはリラックスさせてくれます。
そろそろ帰国して一年。住むまでは良さが分からず嫌いだったアメリカが猛烈に恋しくなってきました…。 マイレージもあるし7月に行くかも?

content_btm.gif content_top.gif
2006年05月24日(水曜日)

移り気な紫陽花と夜明けのハーブ

Sweets Coordinator 下井美奈子

2006_0524_134720.jpg
今日は久しぶりに五月晴れの爽やかな日となると思ったら・・・夕立のように雨が降ってきました。

日中、極楽寺にある「成就寺」へ散歩してきたところ、紫陽花に色がつき始めました。この「成就寺」は紫陽花が美しいことで有名。参道の階段を挟むように紫陽花の並木が続き、さらに海が望める絶景を楽しめます。来週くらいには紫陽花の見頃になりそうです!

ちなみに一部の紫陽花の色が土のPHにより変わるんですって。(PHなんて懐かしすぎますね。)
日本では酸性土壌が多いため、紫陽花の花はブルーに発色することが多く、また、ヨーロッパでは石灰岩質の土が多いため、土が中性から弱アルカリ性なのでピンクの発色が美しくなるそうです。
微妙な土壌のPHの違いにより同じ株でも色が違う花が咲くことも多々あります。紫陽花はこのように花の色が変わるため花言葉は「移り気」。

blue.jpg


この現象はリトマス試験紙の実験(これまた懐かしい!)で、青とピンクに色が変わる現象と同じなのだとか。でもリトマス試験紙は、青になるとアルカリ性、赤になると酸性と紫陽花とは逆の色の変化をみせます。(ちなみにリトマス紙はリトマスゴケと呼ばれる植物の色素を用いているのだとか。)

リトマス試験紙と同じような色の変化を見せてくれるお茶もあります。そのお茶は「ブルーマロー」。別名「夜明けのハーブ」といわれ、熱湯を注ぐと鮮やかなブルーになり、しばらく時間が経つとグレーに変わります。さらにレモンを加えると、美しいピンク色になり、この色の移り変わりはまさに「夜明け」のイメージとぴったり!
味や香りはクセがなく、柔らかな味わいはゆったりとした気分にさせてくれますよ。

content_btm.gif content_top.gif
2006年05月17日(水曜日)

人生の目標 …

Sweets Coordinator 下井美奈子

なんだかバタバタとした毎日が続き、ちょっとぐったりとしていました。
天気もはっきりしないからかな? 五月晴れは何処へ行ってしまったのでしょう。
「洗濯物を、もっと干したいのよ~」と叫びたくなる今日この頃です。

ここ数日なにかと予定ェ立て込んでいたのですが、先週末はOL美食特捜隊のTV取材で3日間ほどかけて撮影いただきました。内容はサイトの立ち上げにいたるまで、各メンバーの日常の姿、そして今後の展望といった内容です。
さらにインタビュー内で、思いがけない質問がありました。

「人生の目標は何ですか?」

…うーん。深いご質問です。

「そんな急に言われても…ちょっと考えさせて~」と思ってもTVカメラは待ってくれません。
「真昼間の会議室でお酒もなく人生語るのかぁ~」と心の中で思いつつ・・・
結局、いつも思っているようなことを言うことに…。
2006_0517_112422.jpg

「楽しい人生だったと思えるように…辛いことがあっても、それ以上に楽しいことを作っていけばよかなと…。そうすれば最後には楽しい人生になると思っています。」

…あぁ。もっと気の効いた深いことを言えばよかったと反省し、家に帰ってもう一度考えても、結局同じ答えになってしまう。

結局は楽しいこと、よかったことを日々見つけることが重要だと思う今日この頃。
よく考えてみると小学校の頃から友人達と「よかったこと探し」をゲーム風にして「昨日良かったこと教えてー」と友人達と話し合っていたのです。子供は天真爛漫とはいいますが、それにしてもポジティブなゲームですよね。

スイーツをひと口いただきながら、お茶をゆっくりいただく。こんなちょっとした「良かったこと」を重ねることも、楽しい人生に必要なことだと思う今日この頃でした。

*写真は10日ほど前のパーティでサプライズでいただいた花束。
 いただいた時、大勢の前で恥ずかしながら感激で大泣きしてしまいました。
 感謝、感謝です!お花も、まだまだ元気ですよ~!
 なんと、真ん中のオレンジの花がぐんぐん伸びて未だに成長しています。

content_btm.gif content_top.gif
2006年05月10日(水曜日)

似たもの同士?似てきた同士?

Sweets Coordinator 下井美奈子

2006_0506_123846.jpg
はっきりしない天気が続きますね。
こうも天気がころころと変わると、風邪気味になってしまいます。
皆さんもお気をつけて!

GWは特に遠出はせず、都内でウロウロとしていました。
どこに出掛けても混雑しているし価格も高いし…と毎年GWは旅行に消極的。

でも今年は海外に行かれる旅行者が多かったとか! ニュースで大混雑の成田空港を見て「いいなぁ~」とTVの前で呟いていました。

旅行には行けないけど「結婚記念日くらいちょっと豪華に行こう!」ということで結婚5周年記念を祝うために念願かなってコートドールで食事をしてきましたよ。食事の美味しさもさることながら、サービスの心地よさも素晴らしい…! 

シェフの斉須氏は、お話するととても楽しい方ですが、著書を拝読するとその職人気質を強く感じられます。私ごときが、このお店のことを語ってはいけないと思うくらい全てが上質でした。

アラカルトでいただくと、一つ一つボリュームがあるので、二人でシェアさせていただく形でオーダーさせてもらいました。こういう時、旦那さんとは食べたいメニューが不思議なくらい同じなのです。

結婚して5年、付き合って8年半の旦那さん。もともと違うタイプの二人でしたが、次第に食事の趣味も似てきて、さらに雰囲気や顔が似てきているようです…。日曜日の食事会の席で同席した友人に「あんたたち二人とも、そっくりよー」と言われ、お互い軽くショックを受けていました(笑)。どこが似ているのか本人達は、まったく分かりません。でも、不思議なもので、長年付き合うと何もかも似てきたようです。
もともと赤の他人なのに夫婦って不思議です。


*写真はGWに出席した結婚披露宴のデザート。フルーツやパート・ド・フリュイを花に見立てて花瓶にさしているのがキュート。そういえば新郎新婦も“似たもの同士”かも!

content_btm.gif content_top.gif
2006年04月26日(水曜日)

表参道ヒルズでリッチなデザート時間

Sweets Coordinator 下井美奈子

雨上がりの新緑が艶やかで美しい季節となりました! 街中を散歩していると、思わず深呼吸したくなりますね。

先日、表参道を散歩していると並木から若々しい萌黄色の葉が出て、思わず上を向いて歩いてしまいました。新緑にあふれる表参道を散歩がてら“表参道ヒルズ”に行ってきました。

OPENしてすぐに立ち寄った時は、あまりに混雑していて、まるで観光地状態。
とても見て回る気にならなかったのですが…平日の夜に限っては、ずいぶん人出も落ち着き、本来の表参道ヒルズのコンセプトである“大人の雰囲気”になりつつあります。友人とウィンドーショッピングしつつお茶してきました。

表参道ヒルズのスイーツ関係のお店としては・・・
表参道の並木を見ながら和める「表参道茶寮
和菓子の老舗“両口屋是清”がプロデュースする「R style
新たな和テイストのスイーツを提供してくれる“とらや”のブランド「トラヤカフェ
パリの世界トップショコラティエ「ジャン=ポール・エヴァン
イタリアの家電メーカー『デロンギ』のカフェ「デロンギカフェ
美しくジェラートを盛り付けてくれる「ジェラテリア バール ナチュラルビート」などがあります。

2006_0421_210636.jpg
今回「デルレイカフェ アンド ショコラティエ」に行ってきました!

6年ほど前、北ベルギーの都市アントワープを訪れたことがあります。
アントワープはダイヤモンド取引の中心地で、街を歩けばダイヤモンド専門店が立ち並びます。宝石店に紛れ「デルレイ」がありました。ショーウィンドウには、ダイヤモンドの形をしたチョコレートやケーキが並んでいるのが印象的。日本の店舗は洗練された現代的なお店というイメージですが、アントワープ本店は地元の人々に愛される小さなお菓子屋さんという感じ。

表参道ヒルズ店はハイクラスな雰囲気。バカラで特注したというチョコレート色のシャンデリアからは柔らかな光りを放っていました。そしてまっ白な革張りの椅子、上質なリネンのテーブルクロス。カフェというより“フレンチのフルコースを料理なしでデザートのみいただく”という気分です。


2006_0421_210832.jpg

そして気になるメニューは…
■デルレイ オリジナルクレープ ロワイアル 自家製プレミアムアイスクリーム添え(限定10食)¥2730

いわゆるクレープシュゼット+華麗なデモンストレーションです。

オレンジの皮をリボン状にむき、そこにリキュールを伝わせて火をつけてくれました。
青白い炎がオレンジのリボンを伝って流れてゆきます。

またブランデーに火をつけフランベする際、炎が立ち上がり周囲から歓声がおきました。
(スタッフの方、顔大丈夫でしたか…?>>衝撃写真

目の前でサービスしてくれるからエキサイティングするのはもちろん、その味わいもひとしお! デルレイオリジナルラズベリージャムが添えられ、とろけるクレープの味わいにオレンジの風味がたまらない美味しさでした。

■ショコラショー(ダーク)¥1890
ショコラショーはミルク、ダーク、ハイカカオの3種ありましたが、ダークをオーダー。濃厚なコクと、ほどよい苦味。飲むたびに友人と溜息交じりでいただきました。
リッチな雰囲気にうっとりした私たち。

実はこの日「夕飯は軽めに食べて、デザートだけゴージャスに行こう。」という計画で、気軽な中華を食べた後に『デルレイ』へ行ったのです。お酒があまり飲めない友人とは、このコースいいかも…! 

GWは混雑するかもしれませんが、お散歩がてら“表参道ヒルズ”に立ち寄ってみるのも良いかもしれませんね。

*GWはお休みで次回私のブログ更新は5月10日(水)となります。

content_btm.gif content_top.gif
2006年04月19日(水曜日)

春と冬

Sweets Coordinator 下井美奈子

2006_0419_094953.jpg

春うららな日が続き、気持ちよいですね~。
「一年中、春だったら良いのに!」と思うけれど、寒い冬があるからこそ、春の心地よさが倍増するのでしょうね♪ 人生も春があったり、冬があったりするから楽しいはず。

ここ最近、重大な悩みを打ち明けてきてくれる友人が急増中。
10代、20代の頃は恋の悩みが多かったものの、30代ともなると、悩みも様々。人には言えないような深くて辛い悩みが多いのです。

「40、50、60代になったら、もっと色々なことがあるわよー」と笑いながら言う母。うーん…笑顔だけに怖い。重みがあります…。人生色々ですな。

でも皆大人だから楓ハでは元気に振舞い辛さを隠している。
逆に辛いことを経験したことがある人ほど、心が強く、人に優しかったりします。
そんな友人たちを尊敬し、見習いたい…!

辛いことがあってもヘラヘラ笑いがちな私は「いつも楽しそうで悩みなさそう~」
とよく言われ、箔V気娘に見られがちでショックだったこともあったけど、今はそんな私も良いかなと思うようになりました。

結局、誰でも何かしら悩みを持ちつつ、楽しく過ごす方法をどうにかして見つけ出しています。もちろん、その方法を見つけ出せず、自分をコントロールできず、さらに辛い思いをしている人もたくさんいます。
でも焦らずちょっとずつ春を見つけていこうね~!

*写真は実家で咲いた牡丹の花。ゴージャスかつ艶やかな花です。

content_btm.gif content_top.gif
2006年04月12日(水曜日)

週末は復活祭!

Sweets Coordinator 下井美奈子

寒の戻りでしょうか。寒い日が続きますが、皆様風邪など引かれていませんか?
季節の変わり目くれぐれもお気をつけてくださいね。
こういう時こそ、温かな中国茶でも飲んで、のんびり、まったりとした時間を過ごしたいものです。

2005_0324_150708egg2.jpg

さてさて今年は4月16日 (日)が復活祭です。この復活祭、各国の言葉により呼び方が異なります。例えば一番よく知られているイースターは英語でEaster。
スペイン語=Semana Santa、ラテン語 =Pascha、イタリア語=Pasqua 、フランス語=Paques ノルウェー語= Paske、スウェーデン語=Pask、アイスランド=Paskeなどなど。

昨年は復活祭の時期、アルゼンチンにいました。スペインの移民が多いアルゼンチンでは、この復活祭の時期をスペインと同様「Semana Santa(セマナ・サンタ)=聖なる週間として盛大に祝います。アルゼンチンの首都、ブエノスアイリスの街中にも、たくさんの卵型のチョコレートが並んでいましたよ。(写真)

2005_0324_150434egg.jpg


「復活祭」は“卵”というイメージがあるけれど、「復活祭って何?」となると、キリスト教徒でもないかぎり知らないことが殆どですよね。父がキリスト教徒なので今慌しく準備をしています。復活祭はキリスト教最大のお祭りとも言われ、イエス・キリストが庶嚔ヒに架けられた後、復活したことを祝うものです。また寒い冬の終わりを告げ、命が芽生える春の訪れを喜ぶ祭りでもあります。そうした意味も込め生命の源である“卵”がイースターのシンボルなのです。

日本でもチョコレート業界で先駆者的存在の土屋公二氏の「ミュゼドゥショコラ・テオブロマ」では、卵型のチョコレートの中に、小さな動物のチョコレートをいれたものや、ウサギの形をしたチョコレートなどを販売していました。またチョコレートの他にもイースターをテーマとしたケーキが大手の洋菓子店で登場しつつあります。例えば「モロゾフ」では、ラズベリーメ[スで描いたうさぎが愛らしいイースターレアチーズケーキ(¥1050)や、クリームチーズケーキにうさぎをデザインした粉砂糖糖を振り掛けた、イースタークリームチーズケーキ(¥1050)などがあります。
このように少しずつですが復活祭のスイーツも日本で紹介されはじめたので要チェックです!

content_btm.gif content_top.gif
2006年04月05日(水曜日)

春は始まりの季節

Sweets Coordinator 下井美奈子

週末は桜も満開でしたが、強い雨・風で散り始めましたね。
これから新芽が出て新緑のきれいな季節です!

はるか昔(?)「春はお別れの~季節です♪」という、おにゃ●こクラブの歌がありましたが(同じ世代の方、分かります?)、最近“始まりの季節”だということをシミジミ実感しています。

新年度が始まるのはもちろんですが、寒い冬が終わり、木々が芽吹き、花も咲き、なんだか気持ちもワクワクしてきますよね…! 自分自身も「新たに変わらないと」と意識してしまいます。

新たに変わるには、あれも、これもと目標を立てるのですが…。
そのうちの一つの目標は“健康”。その“健康”のための目標を立てました。
しかし、人に目標を告げないと実行できない弱い人間なので…恥ずかしながら、ここで発浮「たしましょう。

 1.0:00迄に就寝(私はam3:00くらいまで起きている性質でした…)
 2.毎日ストレッチ。週2度は一時間以上の運動をする。
 3.バランスのよい食事を3度とる。(今まで2度で済ますことも、ありました…)
 4.水分を一日2リットル以上とる。(中国茶も健康的!)
 5.効率よく仕事、作業を済ませ、その後のんびりする時間を作り出す。

最後に、以上を実行するために3日ボウズにならないということでしょうか(笑)

pyonko.jpg

簡単なように見えるのですが、結克タ行できないんですよね…。
これを読んだ方々、私が違うことをしていたら、是非ともご注意くださいませ。

*追伸*

今年に入って弱っていましたが、ほんと家族・友人達には助けられました。おかげさまで、元気になりましたよ。ありがとーーー。

遠方から友人がわざわざ会いに来てくれたり、古くからの友人と会う機会もあり励まされたり、色々と話すことで元気になったり、お花をいただいたりと友人達のありがたみをシミジミと感じています。
感謝感謝です。

写真は友人が作ってくれた、ウサギのぬいぐるみです。ヴィンテージボタン付き。彼女のこだわりでベアやウサギは皆“BIG SMILE!”元気付けられます♪

content_btm.gif