content_top.gif
2010年02月18日(木曜日)

初めてのバレンタインデー

Sweets Coordinator 下井美奈子

20100218shimoi.jpgバレンタインはいかがお過ごしでしたか?

日曜日なので、恋人同士や家族にとっては、ゆっくりと過ごすことができ素敵なバレンタインデーを過ごされたことと思います。

我が家にとっては息子の初めてのバレンタインデー。
「初めてのチョコは、スイーツ専門の私が渡すぞー!」
と思っても、食べれるはずもなく、赤ちゃん用品店で売っている歯固めのチョコレートをゲット。バレンタインデーまで息子には隠していました。(といっても、見せても隠しても何も分からないだろうけど)
あげたら美味しそう(?)に噛んでいましたよ。

旦那さんは、アメリカ出張の時に、なんと息子用と妻用のバレンタインカードを購入してくれて、プレゼントしてくれました。

そうか、こんなバレンタインカードにファミリー用があったのか。
住んでいる時は気づきもしなかった…。

スーパーには、写真のようにカードコーナーがあり、Son,Wife,Grandmotherなど、家族向けのバレンタインカードの多いこと!アメリカではバレンタインデーは、身近な人に感謝の意を伝える日のようです。

日本でも次第に、恋人同士だけの日じゃなくなってきましたものね。
友チョコ、家族チョコ、Myチョコなどなど。

ちなみに息子のカードはトーマスのカードで、開くとポッポーという機関車の音がなります♪書いている内容は…

PEEP! PEEP!(←機関車の音をこう表現するらしい)
Here comes Thomas the Tank Engine with wishes just for you-smile big! Have fun!And know you're loved today and all year through!
HAPPY VALENTINE'S DAY

今までトーマスのことを…
「人面機関車で、ちょっとキモイ…」
くらいにしか思っていなかったのですが(ごめんなさい)子供が生まれると変わるもので、とっても可愛く見えるものです。

content_btm.gif content_top.gif
2010年02月10日(水曜日)

2010 バレンタイン

Sweets Coordinator 下井美奈子

20100210shimoi.jpg
今週末はバレンタインデーですね!
皆さん、チョコレート決まりましたか?

私はお仕事柄、チョコレートを色々と食べてきましたが、やはりワールド チョコレートマスターズ 2009に優勝したグランド ハイアット 東京の平井 茂雄氏のオートクチュール コレクションズが印象に残りました。

一粒の中にショコラティエの技術が集結し、平井氏の世界観を感じられる逸品ですから。
いつものごとく一粒のショコラを包丁でカットしたところ、断面が美しい~!
(断面写真はコチラ>>

「もう一度食べたいなぁ~。」と思い、ホテルに問い合わせたところ、既に売り切れだそうです…。次の販売の予定は未定だそうです。皆さん早いですね…。

ホテルのショコラは、やはり贅沢感が感じられますし、人気ブランドのショコラも話題性があります。今のバレンタインシーズンが色々なショコラに出会えるチャンスですから、ショコラ好きにはたまりません。

…とはいえ、授乳中こんなにチョコ食べてよいんだっけ?
と我に返りますが…。よいことにしましょう…。

*息子は4カ月検診で8080g 68cmとビッグに成長中。「もう十分大きいから、離乳食始めて」と先生に言われてしまった(汗)

*1月30日発売の日経新聞NIKKEIプラス1のチョコレートケーキランキングと
 週刊文春のチョコレートのコラムに掲載されました。

content_btm.gif content_top.gif
2010年02月04日(木曜日)

ルクセンブルグの美食の楽しみ

Sweets Coordinator 下井美奈子

20100204shimoi.jpg
先日、市ヶ谷にあるルクセンブルグ大使館にて「ルクセンブルグの美食の楽しみ」というセミナーと試食会に参加させていただきました。

ルクセンブルグというと「小さい国」というイメージが一番強く、観光なども思いつかないのですが…「美食の国」と言ってよいほど、美味しいものがたくさんある国だということが分かるセミナーでした。また人口に対してのミシュランの星の数が一番多い国だそうです。

ルクセンブルグの街並みとスイーツ事情について、ヨーロッパ郷土料理・菓子研究家の並木麻輝子先生からスライドショーを交えてお話を伺うことができました。

ルクセンブルグに行ったら食べるべし!という料理は「パテ・オ・リースリング」という肉料理。リースリングワインのジュレをパイ皮とパテの間に流し込んで固めた手の込んだ料理だそうで、食べてみたいですね。

ルクセンブルグへのアクセスはパリ東駅(Gare de l'Est)からTGVで2時間ほどで着くそうで、思った以上に行きやすい場所です。入国も、とくにパスポートがなくても入れるそうですし。なので、並木先生曰く「ランチだけ食べにルクセンブルグに行こう!という気持ちで気軽に行ける国」だそうです。なるほどー。行きたいなぁ。

フランス、ベルギー、ドイツ、スイスなど、どの国からも近いという意味で、それぞれの国の美味しいところどりだから、美味しいものが作られるという話を、オーバーバイスシェフ・パティシエ「ジェフ・オーバーバイス氏(写真上)から伺いました。

例えば、ピエモンテのピスタチオ、アマルフィのレモンなどの良質な食材を探し各国から輸入しているそう。そしてチョコレートの作り方も、スイスの作り方を基本としながらも、ベルギー、フランス、スペイン、イタリアといった色々な技法を取り入れています。

ショコラも10種類ほどいただきましたが、リキュールのきいたトリュフが多く感じました。またベルギーチョコのように、中のプラリネがトロリと溶けるタイプもあります。ルクセンブルグではトリュフはトリュフと発音しますが、それ以外のボンボンショコラを“クニッパーシャー”と発音されていました。

オーバーバイスはルクセンブルグ大公御用達の名門パティスリーで、創業者のピット・オーバーバイス氏はルレ・デセールの名誉会長。
日本のパティシエにも修業経験者が多数いらっしゃいます。

最初に門をたたいたのが、アン・プチ・パケの及川シェフでいらっしゃるそうです。
この日も多くのシェフがいらっしゃいましたよ。(写真下)

ルクセンブルグ、知らないからこそ知りたい、魅力的な国ですね。
あぁ~行きたいなぁ~。


content_btm.gif content_top.gif
2010年01月28日(木曜日)

サロン・デュ・ショコラ2010

Sweets Coordinator 下井美奈子

20100127shimoi.jpg伊勢丹新宿店でサロン・デュ・ショコラが昨日から開催されています。もう行かれた方はいらっしゃいますか?

サロン・デュ・ショコラでは、来日されているジャック・ジュナン氏(写真中)とお話できたことが一番嬉しかったです!

ジャック・ジュナン氏はメゾン・ド・ショコラの元シェフパティシエでジョルジュ・サンクやル・ムースリーなど一流ホテルや三ツ星レストランにコンフィズリーを卸されています。

2008年には自らの名前を冠したサロンをパリにOPEN。また現在もロブションなどパリの名高いレストランにコンフィズリーを卸されているそうです。

2004年当時、三ツ星レストラン「ル・サンク」で、食べたデザートがどれも美味しく、食後の小菓子のワゴンで選んだ、パート・ド・フリュイがとても美味しかったのを覚えています。(写真下)

そこで、ジャック・ジュナン氏に「2004年頃、ル・サンクにパート・ド・フリュイを卸されていましたか?」と質問したところ、まさにその通り!「パート・ド・フリュイも、ギモーブも色々卸してたよ」とのこと。6年ほど前にパリで感動した味に再会できて嬉しいです。

ネットでパート・ド・フリュイを注文したので、到着するのが今から楽しみです!もちろんショコラも♪

最終的に サロン・デュ・ショコラで購入したのは“セレクション オペラ”、“セレクション スペシャル” “ジャン=ポール・エヴァン×クリスティーヌ・フェルベールのコラボコンフィチュール”、“ジャック・ジュナンのパートドフリュイ”です。

そうそう、先週OPENした銀座めざマルシェも行ってきましたよー!
7Fの中国/四国地方のフロアで販売しているみかんジャム(元祖キリン堂)がお薦め!宇和島の温州ミカンを30個も使用しているそうです。 贅沢なジャムなのに550円という価格も良心的。

ちなみに…大変な混雑なのか、入口の1Fからエレベーターで10Fまで上がったら、それからは非常階段で上り下りするという動線になっています。私は、10Fから5Fまでいって、それから13Fのカフェに非常階段でのぼったのですが、息が切れちゃいましたよ~。ふぅ。
日ごろの運動不足のせいかしら?再訪したいけど、次回はもう少し空いてからにします。


content_btm.gif content_top.gif
2010年01月21日(木曜日)

東京最新スイーツ150

Sweets Coordinator 下井美奈子

20100121shimoi.jpg
少し海の香りがする南風が吹き、暖かいですね。
こういう気候になると、ますます春が待ち遠しくなります。

今発売されている東京ウォーカーはスイーツ特集「世界一のおいしさ♪「東京最新スイーツ150」。
その中でスイーツ賢者として、東京で購入できるロールケーキなどスイーツや2010年流行るスイーツについて座談会形式でご紹介しています。

撮影時の座談会では、下園昌江さんスイーツ番長平岩理緒さん、矢都木二郎 さんの5人で集まったのですが、知っている方々だったということもあり、時間を忘れてしまうほど楽しいスイーツの会になりました。
掲載された内容以上に色々お話したので、録音しておきたかったくらい濃い内容でしたよ。スイーツ好きは、みなさん良い方ばかりです♪

また別の日には、東京ウォーカーの編集に携わった方々皆で恵比寿にある「俺のハンバーグ山本」でチョコレートをデミグラスソースに使用したハンバーグをいただきました。(写真下)シェフからお話を伺ったところチョコレートはデミグラスソースや味噌、ひき肉との相性がよいそうです。なるほど!という楽しい味わいでしたよ。“メシチョコ”というテーマでチョコレート+料理が定着しそうです。

特集の一つ「サロン・デュ・ショコラ」も来週水曜日27日から開催されます。
毎年売り切れするほど人気のショコラが、開催前日の26日(火)から伊勢丹のアイカードを持っている方対象に先行発売。

また昨日20日から、伊勢丹のオンラインショップでも予約購入できます。
私も早速購入しましたよー。

どれにしようか迷ってしまいますが、購入したのはセレクション オペラ と、今年初登場のジャック・ジュナン氏のパート・ド・フリュイです。他のセレクション・ボックスは残念ながら売り切れ…。早いなぁ。

個人的に注目なのがジャック・ジュナン氏。メゾン・ド・ショコラの元シェフパティシエでジョルジュ・サンクやル・ムースリーなど一流ホテルや三ツ星レストランにコンフィズリーを卸されていました。現在パリに自身の名前を冠したお店をOPEN。

ジャック・ジュナン氏のパート・ド・フリュイは果汁よりもジューシーと言われるほど。東京ウォーカーの編集の方も「最高に美味しかった!」とおっしゃっていたので即購入。家に到着するのが、今から楽しみです♪

そうそう、明日は銀座めざマルシェがOPENします。これまた話題になりそう。

*本日発売の週刊文春のカラーページ「おいしい!私の取り寄せ便」でお薦めのお取り寄せスイーツをご紹介しています。

content_btm.gif content_top.gif
2010年01月14日(木曜日)

美肌フカヒレ鍋

Sweets Coordinator 下井美奈子

20100114shimoi.jpg

「今年の冬は暖かいわ♪」と思っていたのも週末まで。
やはり、冬は寒いものですね…。

寒くなると、体が芯から温まる鍋が食卓に登場する頻度も高くなります。友人宅でのホームパーティーでも鍋を囲んでにぎやかに楽しんでいます。

ちなみに最近、自宅では鍋の〆をラーメンにしています。

…私、ラーメンが好きなもので特に無化調(化学調味料無使用)のラーメン屋めぐりをしていました。個人的には…はやし(渋谷)、渡なべ(早稲田)が好みです。ラーメンと一口に言っても、B級グルメとあなどってはいけない深い美味しさです。

鍋の後のラーメンのために…自家製チャーシュー、味付け卵、焦がしネギ、煮干しの粉、海苔など用意し、〆のラーメンを楽しんでいます。鍋はもはやラーメンを食べるための前菜状態です。

でも家では、どうしても真似できない鍋がありますよね。その一つが火鍋。

先日、友人と打ち合わせがてら恵比寿にある火鍋のお店「笑龍」に行ってきました。

女子同士ということでオーダーしたのが「美肌フカヒレ鍋」。
コラーゲンが豊富に含まれているフカヒレがたっぷり!さらにコラーゲの吸収を活かすように生薬(高麗人参、はと麦他)が調整されているそうです。

中医師がメニューを監修し、野菜ソムリエがプロデュースしているそうで、産直野菜は新鮮そのもの。具材も豊富で茶樹キノコ、紅芯大根などなど、珍しい野菜も多く、これだけ色々な種類の野菜を食べることができるのも魅力。

2種類のスープはマイルドで食べやすく、好みでブレンドしながらいただくのも楽しい。
また飲み物も体に優しいお茶や漢方のお酒などが豊富にあり、色々試したくなります。

そして極めつけは美肌効果も期待される白燕の巣がはいった、デザート「楊貴妃杏仁」。果実酢のゼリーも添えられ酸味がプラスされ爽やかな味に。白燕の巣の独特な歯触りを楽しめる、なんとも贅沢なデザートです。

食べ終わった後は、体がホカホカ。翌日のお肌は、プリッとしたような?
店内が女性のお客様でいっぱいなのも頷けます。

恵比寿駅から徒歩2分くらいと、便利な立地ですから寒い今、お店まで歩く時間も少なく嬉しい。これからの季節、重宝するお店です!

content_btm.gif content_top.gif
2010年01月06日(水曜日)

明けましておめでとうございます!

Sweets Coordinator 下井美奈子

20100106.jpg
明けましておめでとうございます!
皆様、年末年始はいかがお過ごしでしたか?

私は、心温まるお正月を過ごすことができました。
主人の実家で年越しをし、私の実家には日帰りで行ってきました。

孫を抱く両家父母は、表情が柔らかくなり、すっかりおじいちゃん、おばあちゃんの顔付きに。親孝行できたのではないかな?と思う幸せな一時でした。
子供を通して新たな発見が次々に起こります。すごい存在です。

「平凡が一番難しい」とは良く言うもので…
この平穏で、平凡で、平和な日々が続きますようにという気持ちも込め息子の名前には「平」という文字を使いました。

この幸せが一日でも長く続くよう、家族の健康を祈るばかりです。

そして、今年も、美味しいもの、楽しいことを見つけていきますよー。
今年も、どうぞどうぞ宜しくお願いします。

*写真上は主人の実家でいただいた、富麗華の中華おせち。とーーっても美味しかったですよ。&オーパスワンまでいただきました。さすがの香りです。(写真中)
*写真下はガトー・ド・ボワのガレット・デ・ロワ。

content_btm.gif content_top.gif
2009年12月24日(木曜日)

今年流行したスイーツと言えば…?

Sweets Coordinator 下井美奈子

20091224shimoi.jpg
今日はクリスマスイブ。皆さんいかがお過ごしのご予定ですか?

12月は友人たちとホームパーティをしたり、街に出かけてクリスマス&年末の雰囲気を味わいました。今日は自宅で家族水入らずのクリスマスイブを過ごそうと思っています。そのために料理とケーキを手作りしようと意気込んでいます!頑張って腕を振るいますよー!

ちなみにケーキはビュッシュドノエルを作ります。いわばロールケーキの変形型。
鎌倉下井お菓子教室でも11月12月のレッスンはロールケーキでしたが、これが絶品!生地の作り方に工夫を凝らし、原価を考えず素材にこだわり作りますから。

20091224.jpg
今年を振り返ると、ロールケーキにとても注目が集まったと思います。雑誌の特集でも、よくロールケーキについてコメントさせてもらいました。(今発売されている雑誌GetNaviでもロールケーキについてコメントしています。)

はらドーナツの姉妹店「はらロール」(写真上)も12月2日にオープンしましたしね。まだまだ、ロールケーキの話題が続きそうです。

ロールケーキも2タイプあって、クリームが中心に筒状にはいって周囲だけ生地の“筒状タイプ”と、渦状にきちんと巻き込まれている“渦状タイプ”。(はらロール、堂島ロールが筒状タイプになります。)

私は、生クリームが少なめで生地が多い方が好みなので、きちんと巻き込まれた渦状のロールケーキが好き。これは好みですからねぇ。

これだけ話題になったのも、他の生ケーキよりも比較的安価で購入しやすいのと、人数分に切り分けやすいからでしょうか。誰からも愛される味ですし。

また「来年流行るスイーツは何?」とよく聞かれますが、やはりこのご時世“安価”であることがブームのきっかけの一つでしょうか。

ドーナツ、たいやき、ラスクなど「おやつ」系に注目が集まるのも、このご時世だからかしら。
そこで来年の流行スイーツに関する取材時に「デフレスイーツってのはどうですか?」「景気とケーキをかけて“不景気ケーキ”なんて?」とオヤジギャグのようなことを言ったら「そのキャッチはさすがに…」と拒否されました^^

…さて、今年はこのブログが最後になります。

来年が皆様にとって、心温まる幸せな一年になりますように。
来年も、どうぞどうぞ宜しくお願いします。

☆友人からいただいた素敵なクリスマスカードはコチラ

Happy Holidays!

content_btm.gif content_top.gif
2009年12月16日(水曜日)

本当にうまいお取り寄せグルメ

Sweets Coordinator 下井美奈子

20091216shimoi.jpg
急に寒くなってきましたね。今年もクリスマスツリーを飾ろうと、ツリーを購入し部屋の中に置いたものの、オーナメントを飾る余裕がなくツリーだけ、ちょこんと置いた状態が続きました。それを見た友人たちから「ツリーがあるだけでもマシじゃない?」という温かいご意見もありましたが、やはり見た目寂しげです^^;それが、本日やっと飾り付けをしました!

部屋にイルミネーションやオーナメントを飾ったツリーがあると、心に余裕ができウキウキします。来週はクリスマスですからね♪

育児と仕事で「ウキー」と叫びたくなる時もありますが(笑)、どんな時でも、心の余裕を大切にしたいものです。

さて、先週発売された書籍「本当にうまいお取り寄せグルメ」にコメントを書かせていただいています。その中でイチオシは、奈良 吉野いしいの柿珠玉。(今、リンク先のホームページを見たら、私の名前が何故か載ってるっ。超びっくり。)

1玉約120g以上という立派な柿を独自の製法で甘みを浸透させ、水っぽさをなくしたもの。ほんのりブランデーをきかせた大人の贅沢なデザートです。

まるで料亭の食事の締めくくりにいただく水菓子のような上品な美味しさ。
甘さ控えめで後味も良く、柿本来の風味を味わえる逸品ですよ。

また週間アスキーにてお取り寄せクリスマスケーキのお薦めを掲載していますので、宜しければご覧くださいね。

*息子は3か月になり体重7kg 身長66cmとビッグに成長中。おかげで私は背中と腕が筋肉痛。

content_btm.gif content_top.gif
2009年12月10日(木曜日)

高貴なイチゴ

Sweets Coordinator 下井美奈子

2009_1210shimoi.jpg
寒暖の差が激しい毎日が続きますね。
クリスマス&バレンタインシーズンで、何かとお仕事をいただいていますが、育児と仕事の両立を頑張れるのも、周りの協力あってのこと。感謝してもしきれません。

先日、雑誌でイチゴ特集があり、その中でイチゴ5種の食べ比べがありました。

進物用なのでしょうが、とにかく粒が大きい。そして色つやがよく、まるで宝石のよう。桐の箱に入った1箱8000円もするようなイチゴもありました。16粒くらい入りなので、一粒約500円!うひゃー。

そして、イチゴなのに、イチゴじゃない味がするものがあります。それは、ももいちご。
見た目がピンクがかった赤で、果肉は真っ白。食べると酸味が少なく、口の中にイチゴ以外の香りがする…。本当に桃みたい。果肉が軟らかくて果汁がしたたるほど多い。
「徳島県の佐那河内村内のわずかに36戸の農家のみでの生産という、地域限定生産で、収穫期間も短い為、なかなか手に入りにくいイチゴ」だそうです。これも一粒約300円か…。(写真の一番下がももいちご)>食べ比べの詳細は1月初旬発売の女性自身で。

イチゴは1月にメディアで特集されることが多いのですが、本当のイチゴの旬は4~5月くらい。旬のイチゴは香りも一面に広がるほど強く、果肉も赤く、甘酸っぱくて、これこそイチゴ!と思います。一皿300円くらいで、お値段も手ごろ。

この時期のイチゴの方が、イチゴらしくて個人的には好きなんですよね~。
もちろん進物用のイチゴ達は、美しく高貴な感じがし贅沢感が味わえます。

一口に“いちご”と言わず、別物と思ったほうがよさそうだわ。

content_btm.gif