content_top.gif
2009年10月19日(月曜日)

 す. 

KINTO_staff[nami]

091019_01.jpg
おいしいバウムクーヘンをいただきました。
学芸大学駅の近くにある洋菓子屋さん、マッターホーンのバウムクーヘン。

あまりお行儀良くないですが、バウムクーヘンを食べるときは1枚ずつ層をはがしながら食べるのが好きです。
こちらのお店のバウムクーヘンは薄く切られているうえに、しっとりしているので層をはがしやすく、甘さもちょうどよく優しいお味でした。

しかも、こちらのお店の紙袋。
レトロでいい感じです。

でも右上の 「す.」 って何?

そういえばこのイラスト ・ ・ どこかで見たような・・・??

CASTFAROを手がけた長崎在住のデザイナー城谷耕生さんから以前いただいたお土産、長崎銘菓クルスのイラストとタッチが似ています。

調べてみるとやはり。
クルスのイラストの横にも「す.」の文字がちゃんとありました。どちらも鈴木信太郎画伯が描いたイラストだそうで、「す.」 は鈴木さんのサインのようです。


091019_03.jpg洋菓子にはやっぱりコーヒーが良く合います。新商品のFAROでおいしいコーヒーを淹れてみました。
FAROはシンプルなフォルムのコーヒーメーカーです。ステンレスフィルターを使用することでペーパーフィルターでは濾してしまうコーヒー豆本来のコクと旨みを味わうことができます。

今日はハンドルなしのサーモカップでいただきました。
FAROのサーモカップ、口元を薄く仕上げているので分りづらいけれど、実は写真のように断面が二重になっています。
保温性が高くコーヒーが冷めにくいので、1枚ずつはがしながらゆっくり味わいたいバウムクーヘンにもピッタリです。

content_btm.gif content_top.gif
2009年09月14日(月曜日)

微笑みの国 タイ

KINTO_staff[nami]

090914_10.jpgミッキーマウスやドラえもん、数年前に偽モノキャラクター達が世間を騒がせていましたが、某テーマパークは現在どのようになっているのでしょうか。

先日訪れたタイ・バンコクでも、ちょっと変わったキャラクターに遭遇しました。

まずはミッフィー。
恐らくホンモノですが、同じメーカーのモノでもひとつひとつ顔が違います。民芸品の謳い文句のようです。左のコはつり目で右のコはうつむき気味。

軸の方を見てみると「米菲」という当て字が・・・。
中国からの輸入品だったようです。 少し納得。

そんなミッフィーでもやっぱりかわいいのでタイの人にも人気なのでしょう。
ミッフィーつきのボールペンは空港や駅の売店や町のコンビニなど、不思議なくらいどの店にも必ず数種類置かれていました。

そしてこのペンを購入し、入れてくれた袋がなぜかハローキティー(?) ハッピー??口もあったり無かったり。
090914_11.jpgニセモノといっては失礼ですが、タイの屋台で見つけたたいやき。※ダジャレです
やはり日本のものとはどこか違う気が。尾ひれが長すぎるのでしょうか。
おなかからイチゴジャムがはみ出しているのが怖いのと、味はなんとなく想像できたので買いませんでした。

他にもタイのスイーツはカラフルで、きれいなものや、葉っぱの器に入った小さなものなど目を楽しませてくれるものがたくさんありました。

中でも私が気に入ったのはホテルの朝食で食べた「カノムクロック」。
たこ焼きの型で焼き上げたお菓子。外はかりっと、中はもっちり。上にはとろりとココナッツミルク。生地は上新粉にココナッツミルクを混ぜたものだそうです。モチモチした食感とコナッツミルクの香りが癖になります。

スイーツつながりで mini chocolate fondue! をご紹介します。
みんなで楽しみながら食べられるので、ホームパーティーも盛り上がります。カラフルなので、子供にも大人気!
そろそろチョコレートが食べたくなる季節ですね。

content_btm.gif content_top.gif
2009年08月17日(月曜日)

贅沢な休日

KINTO_staff[nami]

090817_01.jpg
先週末は良く晴れたので、夏の雰囲気を味わおうと湘南、鵠沼海岸に行ってきました。

とは言っても目的は海水浴ではなくかき氷。
とても美味しいと噂のかき氷専門店へ行きました。

鵠沼海岸駅から数分、閑静な住宅街にある 「埜庵」 (のあん)というお店。
秩父の天然氷で作ることで有名なのですが、
その氷の製造にオーナー自ら携わっているほどのこだわりよう。
そして季節の果物を使った自家製のシロップにもかなりの自信があるそうです。

「白桃」や「マンゴー」など、たくさんの魅力的なメニューの中から私が選んだのは「かまくら」。

運ばれてきたのはとってもシンプルなかき氷でした。
真っ白な氷の上にはうっすら黄色がかった和三盆がかかっていて、横には自家製の練乳が添えられていました。

ふわふわの氷は口の中ですっと溶け、
不思議なことにいくら食べても頭がキーンと痛くなりませんでした。
控えめで上品な甘さでとても美味しく、溶けてしまうのがもったいないので一気にいただいてしまいました。

じりじりと暑い中、ひんやりと冷たいかき氷。身体が涼しくなった後にいただく温かい お茶
幸せなひとときでした。

content_btm.gif content_top.gif
2009年07月21日(火曜日)

七夕・満月・日食

KINTO_staff[nami]

090721_2.jpg
今年の7月は天文学的にミラクルな月だと友人が教えてくれました。
七夕の日が満月で、七夕と満月が重なるのは19年に1度のこと。

七夕には短冊に願いを込めて笹の葉に飾りますが、
満月にも願いを叶えるパワーがあるそうで
願い事をするのに絶好の日だったのです。

さらに、7月22日の皆既日食。
いよいよ明日となりました。

東京でも部分日食は観測できるそうで、
日食の始まりは9時55分33秒。
日食の最大は11時12分58秒、終りは12時30分20秒。

お昼休みに観測できそうなので楽しみです。
けれども今日は一日中曇り空。明日の天気が心配です。


090721_1.jpg
日食のときは、地面に写る木漏れ日も、欠けた太陽と同じ形になるそうです。
ピンホールカメラの原理と同じなのだそうですが、
そもそも木漏れ日が丸いのは、太陽の形だったとは。
なんだか不思議ですね。

夏の夜に部屋の明かりを消して、
キャンドルの炎と香りに癒されながら、星空を眺めるのが好きです。

       そんなリラックスタイムには Healの オイルウォーマー が活躍してくれます。

content_btm.gif content_top.gif
2009年06月22日(月曜日)

こどもの目線

KINTO_staff[nami]

090622.jpg
今日はしとしとと、梅雨の雨という感じですね。
昨日は午後から急に晴れたので、外で思いっきり遊べずにストレスを感じているであろう甥っ子をつれてお散歩にでかけました。

雨上がりの散歩道は、あじさいや雑草に雨のしずくがきらきら光っていてとてもきれい。
かわいらしい花を見つけ写真を撮っていると ・ ・ ・
甥っ子が何かを見つけた様子。
目線の先には黒い塊。
近づいてみるとそれはアリの大群でした。
子供の目線には時々はっとすることがあります。
日々見過ごしているものがどれだけあるのだろうかと。


その後、アリの大群に興奮した甥っ子と追いかけっこをすることに。
普段全くスポーツをしない私には、なかなかの運動に感じてしまいます。

いい汗をかいた後にはやっぱりビールです。

先週デザインをリニューアルしたアイネストでは、[毎日飲みたい!ビールがおいしくなるグラス特集]と題してお店で飲むようなクリーミーな泡立ちを楽しめるグラスや、口当りの良い薄手のグラスなど、お試しいただきたい商品を多数紹介しています。

抽選でプレゼントが当たるリニューアルキャンペーンも実施中です。
ぜひご覧ください。

content_btm.gif content_top.gif
2009年05月25日(月曜日)

パンとエスプレッソと

KINTO_staff[nami]

表参道にオープンしたての、とても素敵で、いごこちの良いカフェのようなバールに行ってきました。

もともと大阪でバールをやっていた店長さんが、4月に表参道に
オープンさせたお店だそうです。

お店の名前は「パンとエスプレッソと」。

その名からもこだわりがひしひしと伝わってきますが、
バールなだけにワインやおつまみもいろいろあって、
一日中愉しめそうなお店です。

というわけで、私たちもワインをちょっと
と、バリスタの淹れてくれるカプチーノをいただいてきました。

オーブンで焼き上げるココット料理も充実していました。
一緒に行ったキントースタッフが、このお店の店長さんの友人ということもあり、新商品の撮影真っ只中な私たちは、メニューの中から
ベーシックなオーブンウェア用にサイズをアレンジして作っていただきました。

i.nest でのご紹介は少し先にはなりますが‥
お楽しみに。

内装もインテリアもシンプルだけど素敵なお店で、キントーのアイテムにぴったり。
今度はロケに来たいとお願いして、お店を後にしました。 

content_btm.gif content_top.gif
2009年04月20日(月曜日)

Comme a La Maison

KINTO_staff[nami]

c10_staff_nishi_090420.jpgキントーでは次の展示会にむけて秋・冬向けの商品を開発中なのですが、今日は打ち合わせでオフィスにいらっしゃったデザイナーさんから、スィーツをおみやげにいただきました。

「moi !」 などを手がけたデザイナーの源馬さんが、桜新町にある 「コム・ア・ラ・メゾン」というパティスリーのショップロゴや、カードなどをデザインされたそうで、そちらのお店のマカロンを持ってきてくださいました。

ぷっくりしたカタチもかわいいパステルカラーのおやつ、マカロンは、箱を開けるとカラフルなブーケのようでとっても華やか。いろんなフレーバーがあってあれもこれも…と迷ってしまいます。

なんとフランス人のシェフが作ったとのこと。せっかくなのでヨーロッパ産まれのコーヒーカップソーサーでおめかししてみました。

シンプルな白い食器ですが、ちょっと変わった形のソーサーはマカロンを添えるのにほどよいサイズで、コーヒーブレイクにぴったりです。

content_btm.gif content_top.gif
2009年03月16日(月曜日)

春の訪れ

KINTO_staff[nami]

ぽかぽか陽気の日が続き、春の訪れを感じる今日この頃。
何だか気分がちがウキウキします。

暖かくなるのはとても嬉しいのですが、良いことばかりではありません。
スギ花粉に悩まされている方も多いのではないでしょうか。

私もその一人です。

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、耳の奥や上あごまで痒く、その時によって違う症状が襲ってきます。
時には喉が痛くなり、風邪か花粉の症状か分らなくなる時もあります。

あまりにも酷い時は薬を服用するのですが、眠くなったり、のどが渇いたり、それもまた辛いので
毎日ヨーグルトを食べたり、サプリメントやハーブティーを飲んで体質改善を心掛けています。
ハーブティーは一日に3~4杯を毎日飲み続けると良いそうです。

この季節は自宅でもオフィスでも、レモンバームティーや甜茶など花粉症に効くと言われるお茶を飲むようにしています。
UNIMUG.jpgオフィスでハーブティーを飲むときに便利なのが 『UNIMUG』

耐熱ガラスのマグとプラスチックの茶こしとフタがセットになっているので、一人分のお茶を簡単に淹れることができます。
ガラスのマグはお茶の色が見えるので、程好い濃さでお茶をこせるのも良いところ。

ぷっくりとした癒し系のカタチと、カラフルなフタが花粉症による憂鬱な気分を少し和らげてくれる気もします。

UNIMUGはそれぞれのカラーのステキな箱に入っているので新生活をスタートさせる方へのプレゼントにもお勧めです。

content_btm.gif content_top.gif
2009年02月16日(月曜日)

MAISON&OBJET

KINTO_staff[nami]

0902_1.jpg先月末にパリとアムステルダムに行ってきました。

今回の出張のメインはパリで開催される見本市のメゾンエオブジェ。

インテリアや雑貨を中心に約3000社が出展する、世界中から注目される展示会です。

家具、ファブリック、テーブルウエア、ギフトと、ホールごとに分かれ、
個人のクリエイターから有名ブランドまで、各社工夫を凝らしたブースに新作を展示していました。

日本からの出展者も多く、ヨーロッパの企業の商品にも和のテイストが感じられるものも多数見られました。

特に人気があったのは、香り関連や、ギフトアイテム。
不況が続く中、世界中で癒しが求められているのでしょうか。
元気がでそうなビビッドなカラーの商品も注目を集めていました。

i.nestでも一日を元気に過ごせそうなカラフルなミールセットシリーズ「moi!」 の発売を開始しました。

忙しい朝も、休日のブランチにも、その日の気分やメニューに合わせて使えるアイテムです。

content_btm.gif content_top.gif
2009年01月19日(月曜日)

カップケーキとマフィン

KINTO_staff[nami]

0901192.jpg先日友人からもらったターコイズブルーのおひさまのようなイラストの描かれた白い紙袋、
中にはひと口サイズのかわいいらしいカップケーキ入っていました。

西麻布にある [Notting Hill Cakes] という名のカップケーキとスコーンの専門店のもの。
甘さも程好く、クランベリーやナッツが入っていてとてもおいしかったです。

最近流行のカップケーキといえば、
色鮮やかなデコレーションで、とにかくカワイイ。
見ているだけで楽しい気分になってしまいます。

カップに入っているからカップケーキだと思い込んで食べていましたが、
デコレーションされていないこれは、マフィンなのかもしれない。
カップケーキとマフィンの違いって何‥?
[ おはぎ ] と [ ぼたもち ] と同じように呼び名が違うだけ??

おいしければどっちでも良いか。と、思いつつも調べてみると‥

■ 材料の違い ■
カップケーキ : バターたっぷりの生地
マフィン : バターは少なめで、牛乳を加える

■ 作り方の違い ■
カップケーキ : 卵白をメレンゲにする
マフィン : 卵白をメレンゲにしない

という2つの説があるようで、
言われてみれば、マフィンの方がしっとりしていて、
カップケーキの方が重たい印象があります。

同時に食べ比べてみないと分らないような気もしますが‥。

結局私がいただいたのは ? ?

0901190.jpgもうすぐバレンタインデー

チョコレート味のカップケーキやマフィンを作って、ガラス製のスィーツドーム に飾っておもてなしをするのもお勧めです。

content_btm.gif
 1 2