content_top.gif
2007年06月04日(月曜日)

すべてお見通し?

チンシャン・staff (せこ)

共時性と言って良いのかどうか・・・とても不思議な体験が、同日に2回もありました。

不思議な体験の【ひとつめ】は、先週末の昼下がり。お琴の稽古が終わり、次回のスケジュール調整をしていた時のこと。ちょうど家元が都内にいる期間、私は今年で90歳を迎える祖父のところへ行こうと思っていた頃に当たってしまいました。

「すみません、その頃わたし、三重県にいくつもりで・・・」
「三重県のどちらまで?」
「津と松阪をまわってこようかと」
「え! 私も今年は松阪で高校時代の同窓会があるんですよ」
「そうなんですか! 私、松阪うまれなんです!!」
「思春期を過ごした思い出の大切な土地なんですよ」

家元とは好みなどの共通点も多いので、40歳の年の差を超えた「ご縁」があるのだろうと常々感じていましたが、縁の地が「町」まで同じだったので更に驚きでした。


【ふたつめ】の体験はその帰り道のバスの中。偶然となりに腰掛けたお婆様に話しかけられました。
『30分ほど乗車する時間もあるし、お相手させてもらおうかな』 と最初は軽い気持ちで頷いて聞いていました。

すると、どうでしょう! お婆様のご子息が私の出身校の後輩であることや、お孫さんがお琴をやっていること、お婆様の出身校は私の母の出身校だったことなどと共通のキーワードが次々と出てくるのです。もっと驚いたのは、今度私が引越しをする予定の土地の出身者だということ! (今度は町まで一緒という家元よりすごい・・・番地が数番違い!) お婆様いわく、私に何かのご縁を感じるのだとか。

何から何までお見通しされているようでドキドキしました。

お茶あまりに驚きの連続だったのでクールダウンに丁寧にお茶を淹れました。
家元から「先月の中国ツアーのお土産」と頂いたお茶。
『烏龍茶』としか書いていない謎めいた缶を開けてみると、ちょっと焙煎の効いた安渓鉄観音(?)と岩茶(水金亀)のような風味の茶葉をブレンドしたような・・・(???) 観光向けのお土産屋さんらしいお茶でした。

「中国のウーロン茶はホントはね、アツアツのお湯で淹れるものなんですよね」

と得意げにお話する姿を思い出しました。 家元には私がコンピューター関連のお仕事とだけ言ってあって(チンシャンの運営者であることを言いそびれたままで)良かったのかもしれないと思い、それもまた何かのご縁かしら・・・とクスッと笑いたくなりました。

content_btm.gif content_top.gif
2007年05月14日(月曜日)

音の旅に出ました

チンシャン・staff (せこ)

シェーンブルン宮殿と木のタイルGW後半から有休をプラスして、「音」の旅に出ました。

どっぷりと音楽に、ただただ浸れる時間が欲しい!
というわけで、ヨハン・シュトラウス、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト・・・数々の音楽家に関係の深い土地、ウィーンへ。音楽を追いかけて、もちろん夜はコンサートへ行きましたが、気が付けば、昼間は音楽のさらに原点ともいえる音(とりわけ、自然や動物の音)を楽しむ旅行となりました。

早速、印象的だったシーンを切り抜いて並べてみます。

黄色い建物は世界三大宮殿のひとつ、ウィーンのシェーンブルン宮殿。
マリア・テレジアが愛した黄色がまぶしく、青空に映える建物です。この建物で心に響いた「音」は、木製のタイル。もしかしたら、モーツァルトが歩いた時にも同じ音が響いていたかもしれません。ハイヒールのかかとが間にはさまって歩きにくい感じもしましたが、それもまた感慨深さがあります。コツコツ・・・と歩いてみると、自分の音はよく聞こえるのに、少し離れた人の足音は気にならない感じがしました。木が他人の足音を吸っているのでしょうか。

シェーンブルン宮殿内の「鏡の間」は、6歳のモーツァルトが初めての御前演奏をした部屋として有名ですが、さらに、転んだモーツァルトを助けたマリーアントワネットに「将来、結婚してあげる」と言い、演奏後には礼儀もわきまえず、アントワネットの膝にあがりキスをしたという微笑ましい逸話の残る部屋でもあります。


ウィーン~ザルツブルク:音のある風景ザルツブルクにも足を伸ばしました。
モーツァルトはこの土地で生まれました。生家や住居もあり、もちろん、閲覧できます。(引っ越しの多かったモーツァルトは、ウィーンや他の土地でも住居が多く公開されています)
こじんまりとしたザルツブルクの旧市街は半日もあれば十分まわれます。とても天気の良い日だったので、歩き回って汗をかき始めたところでレジデンツ広場の噴水前へ。響き渡る鐘の音と、水しぶき、そして細かく跳ね散る水の音が、フィアカー(馬車)の足音を縫うようにして心地良く伝わってきました。

ザルツブルクは「塩の城」という意味があり、岩塩が特産物。オーストリアの中でも最も早くローマ文化とキリスト教の洗礼を受けた土地で、「北のローマ」という別名があるそうです。

他に、さらに有名なのは「ドレミの歌」が有名な映画、「サウンド・オブ・ミュージック」。マリアと子供たちが歌いながら渡った「モーツァルト小橋」や(床が少しボロッとしていて怖かった・・・)、ピクニックに行くときに通りかかった「馬洗い池」もそのまま残っていて、映画の中に入った気分!


ウィーンの北側にあるハイリゲンシュタットは、ベートーヴェンが遺書を書いた家が有名ですが、私は「ベートーヴェンガング(散歩道)」へ足を伸ばしました。ただの小道ですが、半壊しかけた壁と、木製の椅子が無造作に置いてある気取らなさが気に入りました。

恐らく、自然のちいさな音はベートーヴェンには聞こえていなかったでしょうから、私はひたすら植物の香りに没頭。ちょうど雨上がりだったので昆虫もたくさんいましたし、湿度の高さからたくさんの自然の香りを堪狽ナきました。この小道を歩きながら、かの『田園』の国zを練ったのだそうです。辺りに田園の「で」の字もない狭く薄暗い小道ですが、目を閉じると「なるほど!」とイメージをかき立てられる自然に満ちた開放感あふれる場所でした。

本来の目的だったヨハン・シュトラウスはコンサートでたっぷり堪狽オましたが、指揮者や演奏者・歌手・バレリーナたち...が心から彼の音楽を愛していることを実感し、帰国してから(今更ながら・・)、もっともっと彼(一家)を追う旅も計画してみたい・・と次の夢が広がっています。

content_btm.gif content_top.gif
2007年04月09日(月曜日)

ユトリの素

チンシャン・staff (せこ)

母の日ギフトカード春、ですね。切り捨てられそうだったツボミを拾ってきて、デスクで育てています。最初は緑色の小さなツブでしたが、ほんのりピンクに染まってきました。(♪) 通勤電車では新入社員・新入学生のムードに背中を押されぎみのわたし。それもつかの間。気が付けばゴールデンウィーク、母の日、梅雨、夏の訪れ・・・と今年もあっという間に月日が過ぎてしまうのでしょうか。

月日の流れをいかに自分でコントロールするか。・・・これは永遠のテーマかもしれません。

私は手帳の隙間が無くなるくらい書き込むのが好きな性分。正直、お仕事のスケジュールは書き込むのが好きではないので手帳の中はプライベートな用件でいっぱいです。

例えば、「誕生日には大好きなクラシックコンサートを良い席で過ごす!」と決めたらチケット取りのこと、当日の服装、演奏される曲目の酪K・・・と段取りをとって手帳にto doリストとそれを実行する日程を書き込みます。(そのくせ、会場の地図をチェックし忘れたりして・・・どこか抜けているので尚更、手帳が手放せません・・・)

手帳を整理する時間は、ドリンクのお替りがお得な喫茶店で2時間でも3時間でも過ごせます。(ご迷惑ですね・・)to do リストに書き出すだけでも、覚えておかなくちゃ! という強迫観念(?)から抜け出せてリラックスできますし、何より心のユトリが生まれるような気がします。

近頃は、5月13日の母の日のギフトを考え始めました。チンシャンの母の日ギフト特集で特製のオリジナル母の日カード(写真)を無料サービスすることになりまして、企画するうちに「私もそろそろ・・・」というのが一因。(笑)

もう一因は、いつだったかネットで贈り物を探していた時。相手にとてもピッタリで素敵な商品が限定品でした。せっかく見つけたのに再入荷もナイということで本当に残念な思いをしました。大切な人への贈り物は、駅前で間に合わせた花束とケーキ…というわけにいかないですものね。不思議なことに、ちゃんと自分のために選んでくれた物かどうかは、もらった人が感じてしまう・・・。

というわけで、母の日の贈り物の候補をいくつかピックアップしようと品定めをはじめた私。皆さんも、そろそろ母の日の準備、いかがですか?

content_btm.gif content_top.gif
2007年03月12日(月曜日)

安心してネットショッピング

チンシャン・staff (せこ)

春らしい着物お琴を演奏する手前、着物をいくつか持っています。

時折、日陰干ししたり・・・お手入れも面倒なのですが、美しい模様を眺めるだけで心が和みます。
写真はこの季節になると袖を通したくなる一着。(特に今年は桜の開花が早いというので♪)

白地に足下から濃い紫がグラデーションにかかり、色とりどりの藤と、薄いピンクの桜が舞っています。半襟はピンクかゴールドをあわせることが多いのですが、今度は藤色でもいいな・・・と思っているところ。ネットショップをあちらこちら見てまわりながら品定めしています。

消費者の立場でネットショップを見て回ると、意外な盲点やヒラメキが発見できて勉強になります。特に高価な商品を買うときや、探していた商品をやっと見つけたときに、何を・誰を信用して購入の決意をするのか・・・。そして、その支払い方法は・・・? 自分の心理に何度も問いかけてしまいます。

そして、「たぶん、大丈夫でしょう。信用できるのかどうか分からないけれど・・・」という結論に達した時は、代引きで購入するのが私のパターン。売る側も、買う側も・・・信頼関係が成立しないうちは代引きの取引は安心です。

ちなみに、チンシャン・オンラインショップをはじめ、株式会社キントーが運営するオンラインショップでは、すべて代引き手数料が無料。カード決済の場合でも、実はショップにはカード情報は残らず、暗号化されて直接カード会社へデータを送信し、審査を通しているので安心なのです。

少しショップのPRになってしまいましたが、そういったバックグランドが分かるとショッピングも安心して楽しめるのだなぁ~と感じましたので日誌に書いておこうと思いました。

本当はカードで購入して、ポイント貯めたいオトメゴコロ♪
着物の小物たちも、そういう購入が出来るサイトを求めて、今日もさまよいます~!(笑)

content_btm.gif content_top.gif
2007年02月13日(火曜日)

中国式の御祝い

チンシャン・staff (せこ)

大桃・小桃少し前になりますが、友人の御祝事があって赤坂離宮で食事をしました。

予約をしてくれた友人が、御祝のための食事会だということを事前に伝えてくれてあり、お店の取り計らいで食後に大きな桃が登場・・・!

(とってもスゴイ色だけど・・・)
と内心ドキドキしていたら、スタッフの方がナイフで背面をカットしながら仰いました。
「外装の桃は飾りなんです。食べられる生地ですし、体に害はないのですが・・・」

そして、言葉が少し止まったあと、カットされた中が良く見えるように覗かせてくれました。
すると―n中には小さな小桃たち(写真手前)がいっぱい!!!
これには女性だけでなく男性参加者も思わず「わ~!」

そういえば、チンシャンで商品のご説明などを執筆する時に調べたことを思い出しました。
「桃は中国原産の果物で、不死、長寿のシンボルとされています。発音が「刀」と似ていることから、邪気を払う霊力があるとも言われている」

お店のスタッフの方が「御祝事のケーキ代わりによく食べるのですよ」と仰る意味が、なんだかわかるような気がしました。

♪ お茶は、蓋碗式で凍頂烏龍茶をいただきました ♪

content_btm.gif content_top.gif
2007年01月15日(月曜日)

新年、拝みっぱなし!

チンシャン・staff (せこ)

070115staff-seko.jpg元旦に富士山を拝みにドライブしました。
晴天にも恵まれ、清々しく気持ちの良い富士の姿を眺めることが出来ました。

ふと、思い出したのは幼少時代に家族で富士山に登ったときのこと。
5合目にたどり着くまでの車窓から「雲」に触れた(?)ことに感動したり、教科書でしか見たことがない溶岩の実物にドキドキしたり、雲海に吸い込まれそうな不思議な気持ちにビックリしたり-。今にしてみると、何物にも変えがたい体験でした。

≠れから富士山に登る機会もなく、もっぱら眺めています。
家族などに連れられて動くことで刺激を受けて成長した時期が遠く感じてしまいました。富士山にせよ、東京タワーにせよ…眺めることのほうが多くなったのは、モノグサになった証なのでしょうか。。

なんだか「モノグサになった」と感じると、「年をとった」とイコールのように思えてきて、ついつい悪あがきしたくなる私。(汗)
そこで今年は、「小さなことでも"貴重な経験だ"ということの有難さを感じながら積極的に経験する姿勢でありたい」と思って、幾つもの神様にお祈りして歩いています。(↓参拝した神社)

■ 北口本宮冨士浅間神社
年初めに富士山を眺めながら参拝しました。祭神は木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)、彦火瓊々杵命(ひこほのににぎのみこと、大山祇命(おおやまづみのみこと)。本社神殿は桃山時代の高荘な建造物として国の重要文化財に指定されているそうです。あの武田信玄も厚い信仰を寄せたとか。とても大きく高ヲた鳥居と、そこまで導いてくれる杉並木が、まるで他の天災から守ってくれているような幻想的な参道。本殿から何やら御一行様が悠然と歩いてきそうな、凛とした気持ちにさせてくれる雰囲気に背筋が伸びました。

浅草寺・仲見世通り■ 浅草寺 
金龍山、浅草寺、浅草神社、待乳山聖天、今戸神社、橋場不動尊、石浜神社、鷲神社、吉原神社、矢崎神社のあわせて9社を巡るのが浅草名所七福神

私が足を運んだのはこの中のひとつ、浅草寺。このご本尊は、推古天皇の時代に隅田川で投網にかかった観音像、聖観音菩薩だそうです。祀られている大黒天は食糧・財宝を司る神として「大黒さん」と親しまれていますね。米俵にまたがって、小槌をかざす姿は愛嬌たっぷりに感じます。本堂までの仲見世通り(写真)のにぎわいは、新年の喜びを凝縮したような元気の塊にも見えます。


次々と神様を巡って歩いていると、そのうちどの神様からも適当にあしらわれてしまいそう・・・!
ということで、拝むだけではやっぱり【モノグサ】。ココからあとは実践あるのみです!!面倒がらずにコツコツと経験しながら、経験することの喜びを自然と感じて楽しい毎日が送れるよう、頑張ってまいりたいと思っています。

content_btm.gif content_top.gif
2006年11月20日(月曜日)

恐怖のカニさばき!

チンシャン・staff (せこ)

カニをさばこう♪庭に沢蟹がいるような海岸沿いの育ちなのに、魚介類をさばくのが苦手・・・といったら笑われそうですが、本当です。

幼い頃は魚介だけでなく、骨付き肉の骨を見るだけで泣いてしまって大変な子どもでした。(今となっては、骨に一番近いところのお肉が美味しいのよ・・と言いながらバリバリ食べていますが・・・)

肉類は克服しましたが、未だに苦手なのが魚介類。新鮮な魚介が手に入って「いざ、さばかん!」と向き合うものの、生き物の証である内臓が見えたり、魚と目が合った(気がした)り・・・なんて言う時には、頭のてっぺんから真っ白になる感覚を覚えて、貧血をおこしたような状態になってしまうのです。

そして、昨日。
遂に大変なことをしてしまいました。

自分でさばかなければならない・・・ということを、うっかり忘れて、カニをインターネットで購入してしまったのです。まるでサンタさんからの贈り物をあけるような気持ちで、ワクワクしながら蓋をあけ、「やったー! 丸ごとはいってる~♪ 」と喜んだのもつかの間・・・説明書に「カニのさばきかた」と書いてあるのをみつけてヒヤリ。

案の定キッチンに立って、15分くらいでしょうか。腹の前掛けみたいな部分をチラッと引っ張ってみては涙ぐみ、目をつむって引っ張ろうとしては、手が震えてカニが床に落ちてしまったりして・・・ニッチもサッチもいかず、結局は自分でさばくことを断念しました。。

結局は鍋を囲む仲間を誘って、「面白そうでしょ~?」とそそのかして(?)さばいて頂くしかないようです。恐怖のカニさばき、いったい何歳になったら克服できるようになるのでしょうね・・・。

もちろん、内心は「さばいてくれて、有難う」と「さばかせて、ゴメン」の気持ちがあるので、食後のお茶はいつもより贅沢なものを、丁寧に美味しく淹れるのが使命だと、肝に銘じております・・・!

P.S.
そのくせ、脚の肉をツルッと引っ張り出して食べるのは平気なんです・・・なんて矛盾・・・

content_btm.gif content_top.gif
2006年11月13日(月曜日)

整理は得意?

チンシャン・staff (せこ)

「IT社会」と呼ばれるようになってから就職した私にとって、紙ベースの資料整理はどうも苦手です。(と、ITのせいにしている私・・・)

自分の仕事机を眺めてみると、既に終了した企画の初期の資料から今後チャレンジしたい企画のメモまで、時系列などお高「なしで、資料がテンコ盛り!! 「こりゃ、いかん。。」と日々思いながらも先送りにしていました。。

そこへ、タイミング良く、職場の先輩が机の周りを整理している場面に遭遇!
「この機会に便乗してしまおう・・・!」と、腹を括って卓上のものを全ておろし、まずは雑巾掛け。そして、不要なものをよけながら必要最低限を卓上へ戻す作業-。(これがとても時間の掛かる・・・)

My茶壷2006とはいえ、第三者から見たら不要なものでも、どうしても卓上に戻ってしまうヤカラがいます。そう、小さな茶壷たち。特に、入社時から毎年実施してきた「My茶壷」(自分のために作ってもらった茶壷)は、どうしても目の届く所においておきたい・・・!( プロフィールの写真で使っている茶壷とクマもそういった類です)

残念ながら、「My茶壷」は、やむを得ない事情によって今年で終了するのですが、「今年が最後だ」と決断した時、それは私にとって非常事態と言っても過言ではないものでした。

「普段では買えない限定デザイン」「希少性の高い天然素材(限定カラー)」「もちろん、手造り」「指定文字の落款が入れられる」「職人手造りのハンコももらえる」・・・などなど、特別感がたまらなく心を熱くするのです。

ほんの5年間でもこんなに熱くなれる企画を、多くの皆様にご支持頂きながら続けてくることが出来た喜びをかみしめながら、卓上整理とともに自分の心の整理も着手しはじめたところです。

最終作品が皆様のお手元に届くまで熱い気持ちを大切にしながら、気持ち新たに、また喜んで頂ける企画が誕生できるよう、頑張って参りたいと思っています。

今年がラストチャンスの「My茶壷」、受付は11月30日までです。どうぞ、最後までご贔屓に。

content_btm.gif content_top.gif
2006年10月23日(月曜日)

何かの秋

チンシャン・staff (せこ)

芸術の秋久々に雨のしたたる東京の朝を迎え、「いよいよ秋の深まりが来たな」と感じています。

「秋と言えば○○」とは色々言われるものですが、あなたはいかがですか?
私は、秋に限らず音楽鑑賞・楽器演奏の趣味がありますが、つい先日には憧れの指揮者、西本智実さんのコンサートでサインを頂いてしまい、この秋におよんで更にヒートアップしています。いつも会場には、おおよそ自分の母親ほどのご婦人方が多く集まっているのですが、きっと同年代の女性はクラシックコンサートへ一緒に行く仲間がいなくて、行きたくても行けない人もいるのだろうなと感じています。

もともと西本さんに興味を持ったのは、音楽からではなく「バレエ」からでした。
彼女は幼少時代にバレエを習っていて、そこでロシア音楽と出会い、作曲を学んで指揮を執るようになった経緯があります。私も幼少時代はバレエを習っていて、ロシア音楽を聴くと懐かしいシーンが色々出てくることもあって、とても手の届かない人なのに親近感が沸いてファンになりました。

彼女の指揮はさすがバレエあがり。勇ましい演奏には仁王立ちで、優雅なワルツでは宙に舞うのではないかと思うほど軽やかな身動きで…指揮を見ているだけでその楽曲の背景が思い描かれます。きっと、西本さんの中には音楽ではなく風景が描かれていて、それが動きとなり、観客にも目と耳を通じて伝わるのでしょう。

実際、ムャ泣Oスキーの『展覧会の絵』を指揮するときには、ロシアのエルミタージュ美術館の門に入るシーンから情景が思い起こされるそうです。想像力をかきたてる場所だという話を伺って、少しでもその場所のことが知りたいと思っていました。
偶然にも、24日(火)21時~日本テレビ系列で「女帝エカテリーナ 愛のエルミタージュ」という、エルミタージュ美術館を舞台にしたドキュメンタリーが放映されることを知って、今からワクワクしています。

もしあなたが、音楽鑑賞に限らず、ほんの小さなキッカケを掴む勇気がないなら、何か理由をつけて始めてみてはいかがでしょうか。例えば「秋だから」とか、「プレゼントでもらえるなら」とか。

只今開催中の『ほんわか茶飲み日誌』開設3年目を記念した豪華プレゼントキャンペーン
当ブログで執筆中の、川口葉子さん(東京カフェマニア主宰)、下井美奈子さん(オールアバウトジャパン・洋菓子ガイド)がセレクトした豪華プレゼント(各10,000円相当)が当たります。

執筆陣にメッセージを贈って「食欲の秋」を盛り上げる素敵なグッズを当てて、何かを始める秋にしてみませんか?

content_btm.gif content_top.gif
2006年10月02日(月曜日)

ほんわか茶飲み日誌が3年目の秋

チンシャン・staff (せこ)

キンモクセイすっかり秋めいてきました。公園を歩いていたらキンモクセイのいい香り・・・! 私はこのキンモクセイが大好きです。甘く魅惑的な香りは、一瞬にして気持ちを和らげてくれる感じがします。「謙遜」「真実」「変わらぬ魅力」などの花言葉を持つようですね。散ってしまった後でもオレンジ色のカーペットのように美しく、「春が桜なら秋は金木犀だ」と思ってしまうほどです。

この季節に愉しみたい、金木犀をつかった中国茶はご存知ですか?
中国茶器のチンシャンでは2種類ご用意しています。
1つ目は、ユリの花と一緒に咲き誇る工芸茶。黄金の水面に優雅に舞う金木犀は、小さくとも華麗。ユリに負けず劣らずの存在感が魅力です。花びらを蓋で抑えながら飲めるガラスのマグと一緒にお薦め。
もう1つは、花茶としては珍しい長年ジックリ寝かせてつくられた陳年茶タイプの烏龍茶。花の香りを付けるタイプはフレッシュさが重視されがちですが、あえて時間をかけただけあって、芳醇な味わいが楽しめます。


3年目突入記念・ライター's セレクト豪華プレゼント!~10/31まで時間をかける・・・といえば、大切なニュースです!
ご覧頂いている『ほんわか茶飲み日誌』が、10月1日をもって開設3年目を迎えました!! これもひとえに、読者の皆様のご支持があっての賜物です。本当に有難う御座います。そこで、感謝の気持ちといたしまして、川口葉子さん下井美奈子さんのセレクトをはじめとした豪華プレゼントをご用意致しました。ふるってご応募ください!

なお、3年目を迎えるにあたりまして、月曜の枠で登場しているスタッフを更に強化! 現在は中国茶器のチンシャン・スタッフ(せこ)が毎週月曜に書かせて頂いておりますが、今後は、ドイツデザイン食器のカーラと、イタリア伝統土鍋のガストロノミアからそれぞれ1名ずつ週替りで月曜日に登場致します。

今まで以上に様々なティータイムのお供になる話題を提供させて頂ければと考えております。どうぞ、これからも引続きご愛読のほど、宜しくお願い致します。

content_btm.gif
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10