content_top.gif
2004年12月03日(金曜日)

気にならない関係

チンシャン・スタッフ

041203staff.jpg中国茶のお茶請けによく食べられる物の一つにドライフルーツがありますね。私もよくお茶請けに利用します。中でも、ドライいちじくが好物。小さな種が口の中でプチッとつぶれる感じが、なんとなく幸せな感情を呼び起こしてくれます。(はて、「いちぢく」か「いちじく」か?と悩んで調べてみたら「いちじく」が正しいそうです。元々は「一月にして熟す=一熟(いちじゅく)」などが語源とのこと。諸説あり。)

私がフルーツ系のお菓子と合わせるときには東方美人を淹れることが多いです。ドライいちじくを一口かじってその感触を愉しみながら甘い香りで満たしたところへ、東方美人(2~3煎目ぐらいが特に合う!)のプラムにも似た甘酸っぱい風味を含めてギュッと締めくくる。そしてまた、ドライいちじくの感触を楽しみながら甘みで満たし、東方美人で締めくくる・・・。いつまで続けても飽きないし、いつでも止められるから不思議。

それはまるで、小節を繰り返す音楽のよう。とりわけお店に流れるBGM。ワクワク楽しい感じがするだけでなく、ずっと流れていても気にならないし、途中でお店を出ても気にならない。

中国茶は余韻まで愉しめる点で嗜好品として愛されているように思っていたのですが、ドライいちじくとの関係によって新たな側面を見出せました。

そんな東方美人といちじくの魅力的な関係をお愉しみ頂こうと、来週から期間限定でチンシャン初の「スウィーツ・コラボレーション」を予定オています!発売開始のお知らせはメールマガジンとホームページで実施いたしますのでお見逃しなく!
※メールマガジンのご登録はココをクリック!

さて、チンシャンでは様々なお得なキャンペーンを展開しています。
今日は「お客様の声」をお寄せ頂いた方に朗報のキャンペーンをご紹介♪
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆ お客様の声、大募集中!  ~2005年1月31日
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
←クリック♪クリック♪

1月31日までの期間中、お客様の声(上記URL)へご投稿頂いた方の中から抽選で20名様に、期間中のお買上総額で発生したポイントを2倍に増やすキャンペーンを実施中。

これからセールや期間限定商品の登場を控えるこの季節、是非ポイント会員にご登録のうえ、ご利用になったご感想やご意見などをお寄せ下さい!

******************************************************
*** 養壷続報 *** 「オフィス・ライフを愉しもう計画」実施中♪
******************************************************
期間限定デザインのMy茶壷(受付終了は12月5日!)を使ってスタートしたオフィスでの養壷。前回の日記でご報告したとおり1日抜けてしまいましたが、その後は順調です。でも、なかなか手ごわく、思うようなツヤは程遠い感じです。凍頂烏龍茶安渓鉄観音のような柔らかい系のお茶ばかり淹れているからかもしれません・・・。どなたか、柔らかい系のお茶で養壷に挑戦されている方、情報を頂けたら嬉しいです!!(せこ)

content_btm.gif content_top.gif
2004年11月26日(金曜日)

続・面白茶壷&トラバ・キャンペーン

チンシャン・スタッフ

041126staff.jpg先週に引続いて、まずは面白い茶壷ネタ。
写真は、チンシャンで時々登場する「雲龍壷(うんりゅうふう)」。お茶を注ごうとすると、首がにゅ~っと伸びて舌を出す仕組み。これも全部、手作りの細工なんですよね。中国の職人さんの魂を感じます。

この茶壷、来月に開催予定のウィンターセールで是非セットに含めようと思って撮影のために取り寄せたのですが、何度見ても愛らしく、思わず記念写真を撮った次第です。セールはまだちょっと先ですが、是非チェックしていて下さい!!


ところで、昨日の宮澤やすみさんに一言アドバイス!
苦丁茶はそのままでは「良薬口に苦し」といった印象のこのお茶。もっと美味しく召上る秘策は、3~4煎淹れた後の、味が薄らいだお茶(お薦めは木柵鉄観音:只今チンシャンではアウトレットにて格安販売中!)に、半分ぐらに折って追加していれると美味しく愉しめます。苦丁茶は様々な形状があるので一概にはいえませんが、目分量と好みで試してみて下さい♪

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆ 素敵なプレゼントが当たる!トラックバックキャンペーン実施中!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログをお持ちの皆様必見!チンシャンの「ほんわか茶飲み日誌」内のお好きな日記にトラバを貼るだけで抽選でプレゼントがあたります。
キャンペーンの詳細を今すぐチェック!>>http://diary.qingxiang.jp/campaign.html


*** 養壺続報 ***
以前の日記で公表した「オフィス・ライフを愉しもう計画」の一つ、隣の席の相棒との「養壷(やんふー)」は相変わらず順調です。が、先日はうっかり一日中「蓋碗」「碧螺春」を淹れていたので、茶壷を使わなかったのです!!「しまった、相棒より1日分、手入れが行き届かなかった・・・」と後悔。昨日は2回、茶葉で磨いてあげました。今日はもちろん、一足お先に茶壷をつかってお茶を淹れている私です。・・・でも、やっぱり蓋碗も好きです。(せこ)

content_btm.gif content_top.gif
2004年11月19日(金曜日)

トラバにプレゼント!!

チンシャン・スタッフ

041119staff.jpg
この写真は何だろう・・・?とお思いの方に、まずは火曜日担当の玉木さんの日誌を引用します。

     茶壺のポスターが面白かったです。
     ずらーりと色々な茶壺が並んでいて、
     その中に埴輪みたいなのとか豹みたい
     なのとかがあるんですよ。

このくだりを読んでいて、思い出しました。「そういえばチンシャンでは販売してないけれど、面白い茶壷があったなぁ~・・・」と。サンプル置き場を探してみたら、写真のような茶壷を発見!リアルな枝と桃が印象的な茶壷や、お茶を注ぐと、カエルの足元にあるツブツブがカチャカチャと動くようになっている茶壷(言葉で説明しづらい・・)などなど。色彩も豊かで手も込んでいる・・・いかにも中国らしい品物ですが、高額でたくさん仕入れることが難しい商品はなかなか取り扱いが難しいんですよね。

チンシャンで取り扱っている「変りダネ」といえば、こちらのような茶壷とか。

さて、話は変わりまして今日はブログを運営されている皆様にキャンペーンのお知らせです!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆ 素敵なプレゼントが当たる!トラックバックキャンペーン
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

チンシャンにトラックバックを貼ってくださった方の中から抽選で10名様に、手軽で本格的な風味が人気のチンシャンのティーバッグ4箱セットをプレゼント!期間は11月19日~12月19日の1ヶ月間。応募方法は、トラバを貼るだけ。トラバ先を1件1件拝見させて頂き、抽選致します。

キャンペーンの詳細を今すぐチェック!>>http://diary.qingxiang.jp/campaign.html


ブログをお持ちの皆様、トラバを貼るだけですのでふるってご参加下さい。お待ちしています!


***雑記***
先週の日誌で公表した「オフィス・ライフを愉しもう計画」の一つでもある隣の席の相棒との「養壷(やんふー)」、順調です。中国茶初心者の相棒は朝から果敢にお茶を淹れるので、私も「置いていかれまい!!」と朝から工夫式で淹れています。たった1週間ですが、一日中お茶を淹れた後は茶葉で磨いて手拭でも磨いて・・・と入念な手入れをしているためか、心なしかツヤが出てきました。


(せこ)

content_btm.gif content_top.gif
2004年11月11日(木曜日)

愉しもう計画、実施中!

チンシャン・スタッフ

041112staff.jpg

「人生、愉しんでいますか?」って聞かれてYESと言える人はどれほどでしょう?友達に聞いてみても・・


  ◆趣味が充実していても仕事がなんとなく

   (まぁ、仕事は仕事って割り切ってるし…派)

  ◆仕事はそこそこだけど、恋愛してなくて

   (恋愛すれば、全体的に楽しめるのに…派)

  ◆どちらもまぁまぁだわね~

   (バランスは良いけど、漠然と物足りなく感じる…派)


の3派にわかれる様子。話をしていると私も「なんとなく過ごし勝ち」な所がありそうだ、と気付きました。この機会に何か自分のために企画をしようと思い立ち、その第一弾として「オフィス・ライフを愉しもう計画」をひっそりと実施中です。


小柱1『デスク脇でミニ茶芸館』

⇒茶芸館でよく見かけるポット(自動で沸かしたり切れたりしてくれる)や、茶壷水盂竹茶盤をデスク脇のサイド・デスクに用意。必要に応じて茶杯茶葉をセレクト。ただでさえ一日のお茶の量は社内1を誇る(だろう)私ですが、輪を掛けてお茶に触れる時間が増しました。「この資料をまとめたら、ご褒美に1杯淹れよう」なんて考えると仕事のスピードもアップ!!ついでに、隣の席の相棒と「養壷(やんふー)」をはじめました。写真は私が養壷を始めた茶壷(期間限定のデザイン茶壷のサンプル。あまりに可愛かったのでそのまま使用することに)。



小柱2『お昼は手作り』

⇒近所のスーパーでバケット丸ごと1本、チェダーチーズ、ピクルスなどを購入。適当にバケットに乗せ、レンジでチン。トロけたチーズとサクッ・フワッなバケットはひと時の幸せ!日によってコーンビーフやツナ、シーフードマリネ・・・と替える楽しみも!このときばかりはホット・カフェオレなどいれて、糖分を補給します。




・・・飲食のことばかり(!)ですが、このほかにどんな「愉しもう計画」があるのか、まだまだ詮索は続きます。(せこ)

content_btm.gif content_top.gif
2004年11月05日(金曜日)

「この季節」がやってきました!

チンシャン・スタッフ

041105staff.jpg
長らくチンシャンをご利用頂いている方なら「この季節」といえば、お分かり頂けるかもしれません。期間限定(今年は11/2~12/5)で受け付ける、セミ・オーダー式で名前入りの「My茶壷」。独特なデザインの茶壷に、ご希望の漢字四文字までを刻印して仕上げます。刻印に使用したハンコも一緒にプレゼントしておりまして、年賀状のシーズン直前ということもあってか、なかなかの人気ぶり。(私も年賀状にハンコ、押しています。笑)

私自身も楽しみにしている企画で、毎年1~2個購入しています。今年はどれにしようかな~・・・???と、サンプルを片手に悩む私。写真の手に持っているのは「睡蓮壷(すいれんふう)」の黒泥(大)。一目惚れしていたのでコレは「買い!」です。この他に買うかどうしようか・・悩んでいる状態。

「ところで、何が人気なのかなぁ~」って思ったので注文状況を見てみました。ココでこっそり、10位までお教えしましょう!

■My茶壷 人気ランキング(受付開始3日間の統計)■
 1.桃葉壷 紅泥 95ml 
 2.桃葉壷 老緑 95ml 
 3.柿実壷 紅泥 95ml 
 4.柿実壷 紅泥 160ml 
 5.柿実壷 黒泥 160ml 

 6.団栗壷 紅泥 160ml 
 7.桃葉壷 紅泥 175ml 
 8.睡蓮壷 紅泥 95ml 
 9.睡蓮壷 老緑 150ml 
 10.桃葉壷 黒泥 95ml 

ちなみに、細かく見てみたら、色は「紅泥」/サイズは「小」/形状は「桃」がそれぞれ1位でした。その結果が見事上記のランキングにも反映されていますね。残念ながら私が「買い!」と思ったものはマイナーでした。「それでこそ、世界でもレアな茶壷ってことで、よしとしましょう」なんて思っていますが、やっぱりランクインしていないとチョット寂しいと思うのは日本人だからでしょうか・・・。

◎ 余談1
先週書きましたバトンがカワスギ・ヒロエさんに見事(!)渡りまして、スイーツ・ライターによるお菓子評論をゲットしました☆

  「本当に美味しいものって、人から暫しボキャブラリーを奪うもんです!!(笑)」

この一言に、(本当にボキャブラリーがない私ですが、)ちゃっかり救われた気になった私です。どちらかというと、私はボキャブラリーを出すより、お茶を出す方に頭が行ってしまうタイプでして・・。(←言い訳)


◎余談2
川口葉子さんがご紹介されていた恵比寿のカフェ、チンシャンのオフィスも恵比寿ですので、是非伺ってみようと思いました!チンシャンのお茶も「美味しくて安全」にこだわっていますので、オーナーさんともお話が弾むかも♪

(せこ)

content_btm.gif content_top.gif
2004年10月29日(金曜日)

オトナのハロウィン・パーティ?!

チンシャン・スタッフ

041029staff.jpgお陰さまで、スタートから間もなく1ヶ月が経とうとしているチンシャンのブログ「ほんわか茶飲み日誌」。平日毎日、日替わりで様々なライフスタイルをお持ちのライター4名と、チンシャンのスタッフでお届けしていますが、皆様お楽しみ頂けていますか???

実は先日、ライターの皆様をチンシャンのオフィスへお招きして、小さなお茶会のような時間を設けました。おりしも、ハロウィンで盛り上がる世の中。上品な甘みの美味しいお菓子は、さしずめ「オトナのハロウィン・パーティ」のようにも思えてしまった私です。お菓子については、スイーツライターでもある月曜担当のカワスギ・ヒロエさんにコメントを委ねる(勝手に!!!・・・スミマセン・・・)ということにして・・と。

今日のお茶はまず「聞き茶」からスタート。【凍頂烏龍茶(とうちょううーろんちゃ)】聞香杯(もんこうはい)付きで出しました。香りを愉しんで頂きながら、ちょっとした緊張感をほぐせたらなぁ~っと思いまして。聞き茶はアロマテラピーの走り、とも言う人がいるほどです。(参加者の方からまさに同様の指摘がありました!さすが着眼点がするどいですっ!)

聞香杯や聞き茶に関するちょっとした薀蓄を語りながら少し雰囲気が和んだところでお菓子の登場。まずは写真右下の「ささ栗」というお菓子。和風な感じだったので、【浙江龍井(せっこうろんじん)】を。茶杯は、テーブルのセンターにズラリと並べた約20種類の中からご自由に選んでいただきました。蓋碗(がいわん)を使ったすすり飲みを希望される方には蓋碗で出しました。(私は耐熱ガラスのマグに茶葉を放り込んでお湯を注ぐだけの、現地的な飲み方で失敬しました・・)

次に出したお菓子は「ポルボローネス」。ちょっと洋菓子なテイストなので、【東方美人(とうほうびじん)】を淹れました。茶杯は先ほど同様にお好みで。これまでのお茶とは違い、一気に発酵度が高く、味も香りもハッキリ出ているお茶になったためか、インパクトがあったようです。(何度かおかわりを淹れたほど!!)

そして一通り召上った後には、もう一度【凍頂烏龍茶(とうちょううーろんちゃ)】でサッパリと。爽やかな後味は、お菓子の美味しさも大切にしながら、未練なくお開きまで導いてくれました。もしかしたら、帰り際の電車で、ノドの奥から蘭の香りがしたら素敵な思い出になるかしら・・なんて、想像して咄嗟に振舞った一杯でした。

一つ心残りなのは、木曜の宮澤やすみさん率いる「マスコットの"かのちゃん"」と記念撮影をしそびれたこと!折角だったのに、もったいないことをしました・・・。

(せこ)

content_btm.gif content_top.gif
2004年10月22日(金曜日)

ホームページ以外での活動!

チンシャン・スタッフ

041022staff.jpg
秋冬に向けて公私ともにバタバタと「何か」が始まる予感の今日この頃です。忙しくっても手抜きしたくっても、やっぱり美味しい中国茶が飲みたいワガママな私は、オフィスでも手軽に美味しい中国茶が飲めるようにティーバッグをポットの横に並べています。オフィス全体でも利用率は好調♪

チンシャンのオフィスではなくても、こうして中国茶を愉しんでいるオフィスってあるのでしょうか?他の人はどうやって「オフィスde中国茶」しているのか知りたくなりました。実際にオフィスで中国茶を愉しむ皆様、トラックバック(※1以下に注釈)をつけてアピールして下さい~!!(本気で楽しみにしてみたりして♪)

ちなみに、アフィリエイト(※2以下に注釈)のエイジさんのブログを拝見していたら、「20代のOLさんが、職場の給湯室でおしゃべりしながら本格中国茶を楽しむ時代になってきてるんだなァと感じた。」とありました。そういう時代を認められる時代なんだなぁ~っと、かえって時代の流れを感じていましたが、よく読んでみると、これはどうやら私のことみたいです・・・。(チンシャンにリンクを貼ってくださっているアフィリエイト・サイトの運営者とお話する会でお話した内容でした。)

このように直接一般のアフィリエイト運営者とお話する機会は今回が初めてで、主催はアフィリエイトのシステムをオペレーションしている三井物産。テレビ取材なども入って、大盛況でした。私はテレビを見られなかったのですが、参加社の方から私がテレビに映っているところを画像にして何枚か頂きました。チンシャンのブースは、スタートから終了間際まで人足が絶えることがなく、お陰さまで3時間余りの間に50~60名の方とお茶を淹れながらお話させて頂くことが出来たのですが、それだけにテレビを意識する間もなく、テレビでは「ひっし!!!」という姿が映っていたことでしょう・・。でも!やっぱり直接お茶をサービスしながらお話出来るのは楽しいですね~♪

ホームページをお持ちの方は、チンシャンのアフィリエイトになると、もしかしたらこういった機会に直接お会いしながらお茶を愉しむ時間を共有できるかもしれませんね。また新たな出会いがあることを楽しみにしていますので、ご興味のある方はホームページから提携の瑞ソをしてみて下さい♪>>

※1-----------------
「トラックバック」とは、大雑把にいうとブログ(Weblog⇒略してblog)同士でリンクをすること。この記事の下に「トラックバック(1)」とある場合は「別のブログで1件、リンクを貼ってもらっています」という意味になります。クリックすると、リンクを貼っている他のホームページのブログを見ることが出来ます。

※2-----------------
アフィリエイトとは、ホームページなどでバナーやテキストのリンクを貼って、そこからショッピングされた場合に購入金額の何%かをキャッシュバックする仕組みです。チンシャンが利用しているのはLinkShareのシステム。詳しくはホームページでご紹介しています。>>


今日はチンシャンの、オンラインショップ以外での活動の様子をご紹介しました。(せこ)

content_btm.gif content_top.gif
2004年10月15日(金曜日)

ガーデンプレイスと秋晴れ

チンシャン・スタッフ

041015staff.jpg
台風の話題が続いて、その影響力の強さを実感していた今日この頃。待ちに待った秋晴れの東京です!思わず朝からミニ工夫式(くんふーしき/中国茶を丁寧に淹れる方法)で、、凍頂烏龍茶を一服。私が普段眺めている景色とともにご披露します。茶壷の向こう側に見えているのは、かの「恵比寿ガーデンプレイス」です。そのまま視線を30度ほどずらすと東京タワーも見えるのですが、写真の技術がそこまで及びませんので今日はこのショットを選びました。

願わくば、このまま秋空に誘われてショッピングにでも出かけてしまいたい・・・!そういう衝動を抑えながら「にんじんをぶら下げたお馬さん」の気分でとりあえずお昼休みまでは我慢。逸る気持ちを、優しい凍頂烏龍茶の風味がなだめてくれています。

凍頂烏龍茶といえば、花粉症で話題になってからというもの、大手スーパーやコンビニでも色々と商品化されていますね。手当たり次第、味見をしていますが、やっぱりリーフできちんと淹れたお茶にはかなわないなぁ~というのが私の感想です。逆にリーフの味を知らずに、スーパーなどで購入した味がお口にあわなくて凍頂烏龍茶の印象が良くなかったら凄くもったいない。「本物は違いますから!残念っ!」と声を大にして言いたい気分にもなりますが、お茶は嗜好品。人それぞれの感想がありますよね。

リーフティの醍醐味は繊細な香りまで愉しめるうえ、茶殻も活用できること。たとえば茶殻をつかって天ぷらにしたりフリカケにしたり。あるいは、お茶の殺菌効果を意識して(?)シンクを磨いたり、固く絞って畳にまいてホウキで履くという方法もよく聞きます。私も自宅でお茶を淹れた日はシンクを磨いていますが、茶渋が気になるので最後にサッと水拭きしています。

今日みたいな天気の良い日には、もっと素敵なお茶の愉しみ方も見つけられそうですね。チンシャンのユーザーさんから頂いたアイディアやスタッフが発見した素敵な情報をまた公開していきたいと思います。では良い週末を!

content_btm.gif content_top.gif
2004年10月08日(金曜日)

気分が凹んだ時には・・・

チンシャン・スタッフ

今日は蓋碗と仙桃千日紅で一息入れました
今日は朝から大ピンチ!!チンシャン・オンラインショップで本日発売予定だったガラスのマグとティーバッグのセットが1週間延期になってしまったんです。今週のチンシャンのメールマガジンで「10月8日発売!」なんて言ってしまって、まいったなぁ~・・・と考えながらも、こんな時に「ラッキーだったなぁ~」と思うことがあります。それは中国茶を淹れて気分転換できる環境にあること!パソコンの前から離れて、お気に入りの蓋碗(がいわん)と茶葉を持ち出してヒトケのない部屋へ。

静寂な空間で、仙桃千日紅の優しいジャスミンの香りと微笑ましいピンクの花に至福の時を覚えながら資料を眺めていると何故だかアイディアが浮かびます。「そうだ、楽しみにされていた方にお詫びとともに、ほんわか日誌をご紹介して楽しんでいただこう!!」(・・・そういうわけで、号外のメルマガを本日発行した次第です。)

話は戻りまして蓋碗と工芸茶の愉しみかた。今日は人目のない部屋で飲んだから・・というわけではなく、普段から蓋碗の蓋を少しずらしてすすり飲む使い方が好きな私。工芸茶だと茶葉が束ねられているので口の中に迷い込んでくる可能性も低くて飲みやすいです。蓋で保温しながら香りを満たし、隙間からすすると美味しいお茶と共に香りが鼻に飛び込んでくる-。蓋をしておくのでオフィスで飲む時もホコリなどが気にならないし、冷めにくくて本当に合理的なんです。

中国茶って美味しいのは分かってるんだけど面倒そうだし、色々茶器を揃えるのが大変そ~ぅ。という方は是非ゼヒお試しあれ。(せこ)

content_btm.gif content_top.gif
2004年10月01日(金曜日)

遂に始動!中国茶のチンシャンblog日誌!

チンシャン・スタッフ

"「チンシャンでもブログやろっか? 」・・なんて話が持ち上がってからおよそ半年。恐れ多くも、中国茶と茶器のオンラインショップがblog(ブログ)を開始するにまで至りました。毎週水曜のメールマガジンでもスタッフからのメッセージはお届けしていますが、メルマガでは語りきれないチンシャンの裏舞台を色々とお話出来ればと思っています。また、チンシャン・スタッフの他にも様々なスタイルで中国茶に触れている4名のゲストを迎え、月~金の平日・日替わりで「日誌」を公開していきます。どうぞお楽しみに!!さて早速、今回はブログ立ち上げまでの裏話-。それはスタッフ誰一人ブログサイトを立ち上げた経験もない中、MOVABLE TYPEのインストールから始まりました。あちらこちらで見られる「ブログは簡単」「未経験者でもすぐにWebサイトが持てる」というイメージで取り組みはじめたら、あら大変!デザイン、レイアウト、メニュー・・・ちょっと手を加えようと思うと、意外と試行錯誤の連続。そんなチンシャンのブログを1から作ることになったのは、入社間もない私の相棒でした。ラッキーなことに、彼女は根気強く完成・公開まで一人で頑張ってくれる人材でした。(しかも、期日を守って!!!素晴らしい!!)彼女は先日のチンシャン・オンラインショップのリニューアルでも大活躍したパワーの持ち主です。デザインをどうする、メニューは何を掲載する、チンシャンからのお薦め商品も載せたい・・・社内から溢れる要望を辛抱強く、上手くまとめ、このような形にまで仕上げてくれました。彼女の活躍ナシには語れない、チンシャンのブログ裏舞台でした。(内輪をほめてばかりの日誌でスミマセン・・・。)で、頑張る彼女に私が真っ先にさしいれたお茶は「 鳳凰単叢 蜜蘭香 」。何より私が中国茶にハマったきっかけのお茶です。疲れた頭にピンッとくる甘い香り。集中するあまり水分不足になりがちなオフィスワークにして、カラダに染み渡るような深くビターな味わい。中国茶はビギナーの相棒も、気に入ってくれていたら良いのですが。このように、時々オフィスでお茶を振舞いながら美味しいお茶の淹れかたについて研究しているスタッフが毎週末に日誌を公開してまいります。どうぞお楽しみに!(せこ)"

content_btm.gif
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10