content_top.gif
2006年01月16日(月曜日)

工芸茶の魅力

チンシャン・スタッフ(まり)

工芸茶の魅力は、お茶を淹れるときにゆっくりと葉が開き、綺麗な花を咲かせて魅せてくれるからでしょうか。そして、まわりの空間を全て包んでしまうようなその香り。
お茶の時間をのんびりと愉しむのに、これほど興味深いお茶は他には無いのではと思ってしまいます。

今月の限定茶、ユリとキンモクセイが香る丹桂飄香(たんけいひょうか)は、お湯を注ぐと、オレンジ色のユリが優雅に咲き誇り、そのまわりを白く小さなキンモクセイの花がふわりと舞い踊る、なんとも艶やかな工芸茶。甘く濃厚な香りに包まれると、気分も華やかになります。

茶商の王さん先日、この限定茶の仕入れをしてくださった茶商の王(ワン)さんにお会いする機会があり、丹桂飄香についてお話を聞かせていただきました。

その名前の由来ですが、「丹桂」は金木犀(キンモクセイ)を意味し、「飄」は花びらがひらひらと舞う様をあらわしていて、ちょうど日本人の好きな桜の花びらが散って空に舞うようなイメージなのだそうです。

工芸茶は細工茶とも呼ばれるように、職人の丁寧な手作業によって作られます。
まず、摘んだ茶葉を丁寧に並べ、片方を紐で括ってもう片方を広げます。花を中に入れて形を整えながら紙で包むように丸め、この状態で一度乾燥させ、紙を取り出し再度乾燥させます。この後、花を加えて香りをつけるのだそうです。

この丸い茶葉ひとつひとつを丁寧に手作業で作り上げるのですから、とても大変なことだと思います。だからこそ、こんなにも深い味わいを作り上げることができるのでしょうね。(まり)

content_btm.gif content_top.gif
2006年01月09日(月曜日)

寒い冬には

チンシャン・スタッフ(まり)

お正月の時期になると、スーパーで寄せ植え風の七草粥セットを売っているのを見かけます。小さな七草がカゴに一つ一つ植えられてて食べるのがもったいないくらいですが、実はこの七草粥、中国から伝わったという説もあるのだそうです。ご存知でしたか?

七草粥とは、正月七日に無病息災を願って、春の七草「芹(せり)、薺(なずな)、ごぎょう(別名:母子草)、繁縷(はこべら)、仏の座(ほとけのざ)、菘(すずな)、清白(すずしろ)」を入れて炊いたお粥で、正月の食べすぎ飲みすぎで疲れた胃袋を整えるために食べる、古くからの風習。
確かに中国は「医食同源」の国。普段の食事で、病気を蘭hし健康でいようという昔からの人々の知恵ですよね。

七草美味しい料理やお酒を飲みすぎて胃がもたれ気味になるこの季節には、あたたかいお粥をさっぱりとした味付けで食べたくなります。
実家にいたころは必ず食べたものですが、最近はあまり食べることがなかった七草粥。今年こそ、あの可愛いカゴ入りの七草で七草粥を作ろうと思っていたのですが、結局買いそびれてしまいました。そして近所の鍋屋さんで発見!七草粥セットがちょこんと棚の上にのっているのです。
七草粥の日は過ぎてしまったけれど、やはり温かくて胃腸に優しい食べ物が恋しくなりますね。
そして芯から温めてくれる体に優しい中国茶も。

寒い寒い今年の冬。それでも、温かくて美味しくて健康に良い食べ物とお茶があれば、寒い冬も楽しく過ごせそうな気がします。(まり)

content_btm.gif content_top.gif
2005年12月26日(月曜日)

ケーキ禁止令

チンシャン・スタッフ(まり)

屋根に登るサンタクロースイベント続きの12月は、パーティーや飲み会などで、食べ過ぎ飲み過ぎの方も多いのではないでしょうか?
私はというと、同僚や友人の誕生日やクリスマスパーティーで甘いケーキを食べ過ぎて、糖分の摂りすぎが気になるところです。

連休は、友人ママが経営するガーデンカフェのクリスマスパーティー用にビュッシュ・ド・ノエルとクッキーを作りました。
焼きたての星やツリー型のクッキーに模様を描いたり、楽しいクッキングタイム。
ビュッシュ・ド・ノエルは、フランス語で「ビュッシュ(ブッシュ)=薪」、「ノエル=クリスマス」という意味で、飾りつけも華やかな楽しいケーキはクリスマスに欠かせないものですよね。
ホワイトチョコレートを削って雪のように上から降らせ、庭で取れたコケモモやキウイで飾りつけ。味の方もなかなかで、楽しいクリスマスを過ごせました。バースデーケーキ

でも、その結果ここ数日間は毎日1~2個ペースでケーキを頬張ることになってしまい、お正月太りにそなえて、しばらくはケーキ禁止令を発令し、お茶で摂りすぎたカロリーと糖分を中和したいと思います。

今年もあと残すところ1週間ほど。
20年ぶりに寒い冬となるそうですので、美味しい中国茶で体を温めて、風邪などひかぬようご自愛くださいませ。(まり)

content_btm.gif content_top.gif
2005年12月19日(月曜日)

寒い季節には

チンシャン・スタッフ(まり)

この冬一番の寒波の影響で、全国各地で記録的な大雪だそうですね。
今朝は、家を出た途端に冷たい空気にさらされて、昔のことを思い出してしまいました。

私の地元はとても寒い地域でしたので、小学校の冬の体育といえば”スケート”。田んぼに水を張って凍らせた(自然に凍った)特設スケートリンク、通称”田んぼリンク”で、頬も鼻も真っ赤にしながら、パタパタと足を動かして一生懸命にリンクを滑っていました。中学校では、休み時間にストーブの火力を最大にしてポップコーンを作って怒られたこともありました。

そんな思い出も寒い地域で育った特権なのでしょう。寒い冬の懐かしい思い出。皆さんはどんな思い出がありますか?

名前入りMy茶壷最近では、寒い日はもっぱら部屋でぬくぬくと過ごすのが定番となってしまいましたが、温かい中国茶を淹れている瞬間はまさに至福のとき。寒ければ寒いほど、芯から温まる中国茶の美味しさを感じます。

そして、ついに本日限りとなりました3週間限定の名前入りMy茶壷。毎年違うデザインで販売のMy茶壷。2005年版は使いやすい少し大きめサイズ。
自分だけの愛着ある茶器で美味しい中国茶を召し上がってみてはいかがですか?(まり)

content_btm.gif content_top.gif
2005年12月05日(月曜日)

クリスマス・プレゼントに欲しいものは?

チンシャン・スタッフ(まり)

クリスマス・プレゼント街のイルミネーションは早くもクリスマス一色。
この季節になると、いたる所に出現する色とりどりのクリスマス・ツリーに、心躍る人も多いはずですよね。
ショップや雑誌にもクリスマス・プレゼントに欲しいものの特集などあって、目移りしてばかり。皆さんは今年のクリスマス・プレゼント、もう決めましたか?

心も体も温まる美味しい中国茶のプレゼントは、ありきたりにならず意外性もあってオススメ。

なんて、いつもそんなことを言っているせいか、私の周りではお茶のプレゼントがちょっとしたブーム?となっています。
旅行のお土産だったり、誕生日プレゼントだったり、好きなお茶を交換したりと、寒い季節にはあったか~い贈り物、嬉しいですよね。

クリスマス・プレゼントそして、名前が刻印できる茶器も期間限定で販売中。
ご注文を受けてから、職人によって丁寧にひとつひとつ手作りで制作される茶器は贈り物にもぴったり。
自分だけの大切な茶器で入れるお茶は、格別な香りと味わいになりますよ。

寒い寒い冬に、心も体も温めてくれる。そんな幸せのチンシャンの中国茶をプレゼントにいかがですか?(まり)

content_btm.gif content_top.gif
2005年11月28日(月曜日)

掘り出し物を探そう!

チンシャン・スタッフ(まり)

都内でもビッグフリーマーケットが開催されることで有名な明治公園。
お家で要らなくなったものや、洋服などを整理して、時々フリーマーケットに出店しているのですが、日曜日は天気にも恵まれて朝から大混雑でした。

フリーマーケットは洋服や雑貨、骨董品やおもちゃといった、ありとあらゆる”レアもの”溢れていて、コレクターたちが商品を手に掘り出し物を探しています。
店長気分で立ち寄っていただいた”お客さま”と交渉を楽しんだり、おしゃべりしたり、青空の下、普段と違う1日を思い切り満喫しました。

051128_1staff.jpgチンシャンでレアものといえば、アウトレット
既に生産終了しているので、これを逃すと手に入らない商品ばかりですが、人気は「雲龍壷(ウンリュウフウ)」という茶壷。
雲龍は龍が天に昇り自由自在に躍動しているさまを表現しています。水の中でも雲の上でも生きることが出来るとされている龍の力強さが人気の秘訣でしょうか?

茶壷は、宜興(ギコウ)の紫砂(シサ)が有名で、その土と熟練の職人の手による細かい細工が施されています。特に、蓋を傾けると「龍の首」と「舌」がにゅ~っと出てくるユニークな茶壷。胴の部分にも雲の中で天を駆ける龍が彫刻されてあり、まさにコレクター好みのアイテム。
私も家に数曙ツとある茶壷の中で、かなり気に入っている茶壷の一つ。棚に堂々とその姿を飾っています。

他にもチンシャン独自の専用スタジオでひとつひとつ手作りされた茶器などは、必見。要チェックですよ!(まり)

content_btm.gif content_top.gif
2005年11月21日(月曜日)

ボジョレー・ヌーヴォー

チンシャン・スタッフ(まり)

ボジョレー・ヌーヴォーとは、フランス、ボジョレー地方で取れた新酒。
今年のボジョレー・ヌーヴォーはかなり当たり年と聞いたのですが、もう皆さんは飲まれましたか?

ボジョレー・ヌーヴォーがレストランやお店に美味しそうに並んでいると、ついつい手が出てしまうのですが、先日、「純米吟醸ヌーヴォー」や「焼酎ヌーヴォー」なるものを発見。これって以前からあったのでしょうか?
疑問に思いながらも、なんとなく旬で美味しそうなイメージがしたので、とりあえずチンシャン風のアレンジも考えてみることに。

チンシャン風ヌーヴォー「華やかな香りと爽やかな味わい 凍頂ヌーヴォー」
「中国緑茶の王様、釜炒り香ばしい 龍井ヌーヴォー」

お酒じゃないのでやはり無理を感じつつも、来春の新茶の季節には「ついに解禁!」と、うたい文句付きで友人に新茶を淹れてあげようと思いました。どんな反応をするか今からちょっと楽しみですね。

なにはともあれ、美味しい旬の食材で料理、お酒、そしてお茶を楽しむことは良いことだと自分を納得させて、週末のランチはいつもより奮発してフレンチとワインをいただきました。
そして、食べすぎでふくれたお腹をサッパリさせてくれるお茶をセレクトして、海辺のカフェでのんびり。幸せを感じる1日でした。(まり)

content_btm.gif content_top.gif
2005年11月14日(月曜日)

日替わりtea生活

チンシャン・スタッフ(まり)

暦も立冬を過ぎ、季節は徐々に冬の気配ですね。
寒いと感じると、すぐにお湯を沸かして温かい飲み物で体を温める。
お茶好きには良い季節になってきた?といえるのでしょうか。

いろんなお茶を試してみよう!と思って、中国茶館や日本茶カフェに行ったり。先日、寝る前に飲むノンカフェンのお茶を探して、ハーブティーショップに行ったところ、日替わりのブレンドティーを紹介してもらいました。自分の好きなフレーバーを探しながら、同じお茶を扱っているということで店員さんとの楽しいおしゃべりも楽しいひと時。

でも、ハーブの種類やブレンドしたハーブティーはたくさんありすぎて、目移りしてしまいますよね。
中国茶も数え切れないほどの種類があり、始めてみたいけれどよくわからない人も多いのではないでしょうか?

そんな方へおすすめなのが、可愛い茶器とお試し中国茶が6種類も入ったセット。(※11月30日まで、増量キャンペーン中でさらに6種類の中国茶がもらえます!)

凍頂烏龍茶・・・さわやかな香りと味わいで有名な青茶(台湾)
安渓鉄観音・・・深みがありすっきりとした後味の青茶(大陸)
茉莉白龍珠・・・ジャスミンの香りが華やかな花茶
浙江龍井・・・釜炒りした葉の香りが甘く香ばしい緑茶
鳳凰単叢蜜蘭香・・・ライチのようなフルーティーな香りの青茶(大陸)
東方美人・・・別名オリエンタル・ビューティー 紅茶のような青茶(台湾)

工芸茶どれも、中国茶を代浮キる銘茶ばかり。
また、ちょっと変わったお茶が欲しいという方には、11月限定の珍しい工芸茶「旭日彩虹(きょくじつさいこう)」もおすすめ。
ガラス茶器の中でゆっくりと花咲くのを見ながら、ジャスミンの香りに包まれる至福の時間。

チンシャンの美味しい中国茶を取り入れて、日替わりtea生活愉しみませんか?(まり)

content_btm.gif content_top.gif
2005年11月07日(月曜日)

台湾茶を味わい尽くす

チンシャン・スタッフ(まり)

台湾茶とは、その名のとおり台湾で栽培されているお茶。それに対して中国大陸のお茶は大陸茶とも呼ばれています。

台湾茶の歴史は数百年あまりで、何千年もの歴史を持つ中国大陸のものと比較すると、以外にもまだまだ浅いのだそうです。それ以前にも自生のお茶の樹はあったのですが、大陸から運び込まれるまでは栽培等はされていませんでした。気候や地理環境が茶葉栽培に適していたことから様々な品種が生み出されるようになり、今日に至るのだとか。
台湾茶普段何気なく飲んでいる中国茶も、産地の気候や製法によって特徴などが違ってくるそうです。
台湾茶は発達した茶葉の品種改良や製茶法のため香りに特徴があり、よく「花のような」「ミルクのような」香りと表現される品種が多いです。

そして、台湾茶とともに台湾茶芸も発達し、道具や作法なども生まれてきました。
台湾茶芸とは、中国大陸から工夫(クンフー)式の淹れ方が伝わり、さらに香りの良い台湾茶を味わい尽くそうとと、お茶を淹れる手つきや動作を美しくみせる工夫が凝らされている作法をいいます。
香りを愉しむためだけに作られた聞香茶(モンコウハイ)という茶器があるほどなのです。

お茶ひとつとっても、様々な土地に適した変化を遂げて、今なお発展し続けていることを考えると、歴史を感じずにはいられません。美味しい中国茶を味わいながら、そのお茶がどのような気候や環境で栽培されたかを調べたりすると、違った愉しみもできて興味深いものです。(まり)

content_btm.gif content_top.gif
2005年11月01日(火曜日)

お茶の時間を楽しもう!

チンシャン・スタッフ(まり)

お茶の時間。皆さまは毎日どのように楽しまれていますか?
忙しく過ごしていると、なかなかそんな余裕はないなあ、なんて思ったりしていませんか?

特に最近は、パソコンや携帯電話、テレビにゲームにといったデジタルなモノが溢れていて、アナログな時間を楽しむことが少なくなってきてますよね。
私も座って仕事のオフィスワーク族で、休日でもパソコンに向かってしまうこともしばしば。すべてが便利でスムーズに事が運んでしまう時代だからでしょうか?少し電車が遅れたり、トラブルに見舞われるとイライラ。でも、ちょっと予定ェ変わっても、それを楽しむくらいの余裕は持ちたいなあ、と思っています。

お茶の時間を楽しもう!そのためにも、毎日の生活にほっとひと息お茶の時間を取り入れると、リラックスできて仕事もはかどるかもしれませんよ。種類も豊富でその日の気分に合わせて楽しめる中国茶は、アロマ効果で気分もリフレッシュ。

カフェでお洒落に過ごすのも素敵だけど、たまには一番くつろげるお家でお茶の時間を楽しんでみてはいかがですか?

初めての方におすすめなのが、6種類のお試し中国茶が味わえる、送料無料中国茶お試しセット。ためになる中国茶の淹れ方解説書プレゼント付きで、さらに、11月末日まで茶葉増量中(6種類×2回分)ですのでお早めに。(まり)

content_btm.gif
 1 2 3 4